2013年10月13日

日本国民は「本気で立ちあがる」ことができるのか(テキスト)

私が最近読んだ古代から現在までの歴史と世界情勢を書いた本の著者は、安倍晋三は「米国占領軍の手先である」と断言しています。
この世に軍隊のない国家などは有り得ないと、憲法改正に賛成しているもののそれは正規の独立国家の場合であり、戦後日本の奴隷国家の場合には通用しないという事です。
@hagino22 2013-10-12 19:41:26


日本国は憲法を改正する前に国家の独立を絶対に勝ち取らなければならない、具体的には日米安全保障条約(日米奴隷条約)を破棄し、同時に日本列島から米軍を叩き出す事が必要、それが先に出来ないで憲法改正はあったものではないと言っています。
@hagino22 2013-10-12 19:44:29


この様な事を言うと日本国の保守派(親米保守派)は「日米安保がなければ〜米軍が存在しなければ〜日本国は中国に侵略される」と言うだろうが、真実を言うならば米国と中国は本当は敵同士ではなく、彼らの背後には地球支配階級が存在し、日本国を自由に操ることが目的となっていると言っています。
@hagino22 2013-10-12 19:48:22


1952年4月28日は日本国が正式に「米国の奴隷国家になった日」である。それ故にその後には日本国政府は日本国民を皆殺しにした悪魔の将軍=カーティス・ルメイに勲一等旭日大緩章を授与している。
@hagino22 2013-10-12 19:52:01


TPPの目的は「米国が日本国の富を搾り取る」ことだ。
消費増税の目的は「役人集団が日本国民のカネを搾り取る」ことだ。
安倍晋三が消費増税を躊躇する場合は、財務省が安倍を引きずりおろす事になっている。
安倍晋三を総理大臣にしておくわけにはいかないと。
@hagino22 2013-10-12 19:56:17


日本国民は「本気で立ちあがる」ことができるのか
私達はすでに奴隷集団なのである。現代の日本国は家畜人ヤプーの世界となっている。だが多くの日本国民はその事すら分らない。そしてマスコミは「アベノミクスはどうなるか」などとやっている。
日本国が民主主義国家と言うのは嘘、ヤプーの世界だ。
@hagino22 2013-10-12 19:59:55


現代世界の背後情勢はどうなっているか、同時に日本国はどの様に支配されてるか、その事が分らなければ立ちあがる土台を持ち得ない。
今の日本国ではマスコミと一緒になって「政治家がどうしたこうした」といっても埒があかない。何故ならば日本国の政治家には国家を動かす真実のパワーがないからだ。
@hagino22 2013-10-12 20:03:18


日本国を大きく動かしているのは米国であり、直接的に日本国民を支配しているのは役人集団だからである。
現代世界を生きる日本国民には「諦念」と「達観」が必要だ。
その意味は「最悪を覚悟したところから本気の立ちあがりの動きが始まる」という事だ。私達は足元を固めなければならない。
@hagino22 2013-10-12 20:07:04


人間は魂(本心=本性)を持っていて、それには絶対的な価値がある。
同時に日本国は元々は温和な共同体だった。ところが現代の日本国はグローバル化の名目でそれらが全部ぶち壊されている。この情勢はなんとしても覆さなければならない。
@hagino22 2013-10-12 20:13:12


ただ一点だけ言えることは日本国民は「カネの世界(投資)からは撤退せよ」という事だ。これはカネが綺麗とか汚いとか言う次元の話でなく、現代世界におけるカネの世界は地球を支配する階級が操る悪魔の世界となっているということなのだ。
日本国の未来は厳しいものの絶対に負けるわけにはいかない。
@hagino22 2013-10-12 20:16:57


世界は今環境・資源・エネルギー・核・人口・食料・紛争・格差・貧困・飢餓・パンデミック等解決困難な問題を数多く抱え
近い将来、人類の存続を脅かすレベルにまで深刻化しつつあり
いずれの問題もTPP等では解決不可能で、むしろグローバル化の進展が反って世界崩壊を速める結果となっています。
@hagino22 2013-10-12 20:48:48


世界の穀物消費量は21世紀に入り過去最高を更新し続け、その結果主要穀物の世界在庫は取り崩されすでに安全在庫水準を大きく下回っています。
異常気象や世界の人口増で日本はどの国からも食料を輸入できなくなるかも知れません。食料が枯渇した場合食糧生産国が自国民の供給を優先する事は当然です
@hagino22 2013-10-12 20:53:54


日本にとってTPPにより自国の農業を衰退させる事は、食料安全保障の見地からも決して行ってはいけない事なのです。
食料安全保障を逆手にとって、日本の生殺与奪を持とうと画策するのが遺伝子組み換え品種が実用化されている作物において、導入率が90%となるアメリカという訳です。#TPP反対
@hagino22 2013-10-12 20:57:22


Togetterによるまとめ
http://togetter.com/li/576044

スライド版
http://pagent.seesaa.net/article/403039324.html




posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。