2013年10月17日

愛国を芸風として利用するペテン師・青山繁晴

青山繁晴のいかがわしさについては以前から問題視してきましたが、TPPを推進する有害発言をしており看過出来ないので再度取り上げます。
この人物、自身の愛国者ぶりを喧伝し保守層にも青山信者と言っても良いような盲信者がいますが、ペテン師・詐欺師以外の何者でもありません。

まず消費増税について、青山繁晴はさんざん「消費税は来年4月に予定通り8%に上がる」と繰り返し増税反対の声を意気消沈させることに努めていましたが、許し難いのは同時に「ボクは消費増税には反対」と明らかな嘘をついていたことです。
「消費増税で株価は上がる」という妄言まで吐きながら、世間の批判からのがれるために口先だけ増税反対と平気で嘘をついていた恥知らず。
しかも「消費税の原点は所得税ゼロ」「働いたものが報われる社会」とうそぶき、安倍氏の増税表明後は思惑が外れたようで「なぜ所得税を減税しないんだ」と憤ってましたが、何のことはない。
「オレの所得税下げろや。せっかくテレビに出たりして稼いでんのに。」という本音がミエミエ。

麻生太郎のナチス発言についても、あれは悪ぶるのがカッコいいと思ってるらしい麻生太郎の失言癖・軽口が出たものに過ぎないのに、増税推進派の麻生をなんとしても守りたかったらしく、「マスコミの意図的な曲解だ。180°真逆に伝えてる。」「良心ある記者はストライキしろ。」「麻生さん、撤回しちゃダメですよ。」(ここ涙声)と声を震わせながらの迫真の演技。
「曲解」し「扇動」しているのは青山繁晴の方。

あと、奥方がなにやら研究(?)しているらしいメタンハイドレートについても、いつぞやのテレビ番組で「日本海側のメタンハイドレートはタケノコみたいに表面に伸びていて採取しやすいのに、なぜ政府はこっちに注目しないんだ」と、一見もっともらしい「嘘」を視聴者にアピールしていました。
少し調べれば表層型メタンハイドレートは、採取と海上への運搬が非常に困難でとても採算が採れず、砂中に埋まってるものの方が温度などの工夫によりパイプを通して自噴させられる可能性があり、こちらの方が実用化には近いのです。
結局「オレの女房の研究費増やせや」と言いたかったのでしょう。
しかも、青山繁晴は「青山千春ハカセ」が開発(?)した魚群探知機を使ったメタンハイドレートの調査方法を「無料で提供します。お金は一銭も取るつもりはありません。」と言いながら各国で特許を採っている始末。
一番最初に思いついたという名誉が欲しいだけなら特許を採るよりしかるべき学会に論文を出す方が余程大事です。

TPPについては先週だったかのラジオで「農業は聖域なんかに守られてちゃいけない」と食料安全保障の視点を完全無視。
「青山は経済には弱いから」と擁護する意見もありますが、だまされてはいけません。
他のこともほとんど妄言なんですから。

彼の発言には非常に多くの嘘が含まれているので真意をくむには通訳が必要なレベルですが、いまだに多くの信者がいるところを見ると、扇動・アジテートだけは才能があるのかも知れません。

こうして見てくると青山繁晴の愛国心に訴える言動は本心からのものではなく、視聴者を惹きつけるための方便に過ぎないと分かります。
愛国心を支持率に利用する安倍晋三、小泉純一郎と同じです。
愛国を芸風にした電波芸人、愛国者の皮をかぶった守銭奴と言って差し支えありません。

青山繁晴は今後もTPP推しの妄言をまき散らすと予想されます。
大声がうるさく不快なのであまりチェックする気にはなれませんが、おかしな発言があればチャンネル桜に対してと同様、徹底的に批判する必要があります。

最後に、青山繁晴のブログ「ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ − こころの叫び」から
表明しない振りをして、実際はある方向に視聴者や国民を誘導しようとすることが、いちばん悪質です。

お前だよ、青山繁晴!


ーー
(2014年9月3日追記)
文中「保守」という言葉を用いていますが、現在ではいかなる意味においても、彼らを「保守」とは認めていません。

タグ:青山繁晴
posted by ぱじぇんと | コメント(95) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
少なくとも青山さんは拉致被害者家族会の活動とか慰安婦問題で
アメリカで講演とかしてるよね。
あなたは人の悪口言ってるだけですが何かしたの?
Posted by ※ at 2013年10月17日 23:24
少なくとも青山さんは拉致被害者家族会の活動とか慰安婦問題で
アメリカで講演とかしてるよね。
あなたは人の悪口言ってるだけですが何かしたの?
Posted by どうせ削除でしょw at 2013年10月17日 23:25
ペテン師をペテン師と呼んでなにか問題でも?
Posted by プラモデル工作員 at 2013年10月18日 22:04
僕も貴方と同感です
間違いなく無く 
青山はペテン師だと思います
いい加減なやつですよ。
Posted by ren at 2014年1月9日 03:47
プラモデル工作員すだちさん、はじめまして。
貴殿のTwitterにも同様のことをツイートしたのはご存知の通りです。
昨年来、青山繁晴氏に対する不当(且つ的外れ)な発信が目立ちますが、何か正当な理由があるのでしょうか。
それとも単なる嫌がらせでしょうか。

上記の問いに対して、貴殿は正当な批判だと仰いますが、いえいえ、不当に青山氏を貶めているようにしか見えませんよ。

貴殿のリサーチ不足は致命的です。青山氏をペテン師呼ばわりしていますが、彼がいつ「オレの所得税下げろ。テレビに出たりして稼いでんのにという本音がミエミエ」と言えるような発言をしましたか?
具体的にお答えください。

また、貴殿はメタンハイドレート調査方法(青山メソッド)について、「各国で特許を採っている」から青山氏が愛国者の皮をかぶった守銭奴だの電波芸人だのと氏と氏の会社を非難していますが、貴殿はいったい何処に目をつけておられるのでしょうか。守銭奴ってねぇ(笑)その具体的根拠は何ですか?

いくら個人のブログとは言え、ちゃんと調べてから書いてくださいね。

それから、「ぼくらの祖国」にゴーストライターが関わっているって、
ここhttp://pagent.seesaa.net/article/381051067.htmlに書いてますが、

貴殿は正気ですか?

そもそも根拠があまりに稚拙過ぎます。
一人称に違いがある?
それから、ひらがなが多く平易な文章で表現はわりと上手だからブログを書いた人物とは違うって?

はい?
あのですねぇ、貴殿が青山氏の著作やブログ等をろくに読んでいないことも、メディアでの発信もほとんど確認していないのもバレバレなんですけど。

他人を非難するなら、まずはしっかりリサーチしてからにしましょう。
根拠なき誹謗中傷は名誉毀損、偽計業務妨害などに繋がりかねませんよ。




Posted by 隼脩二 at 2014年2月13日 05:44
隼脩二さん

あなたのご質問に対するお答えは全部記事本文中に書いています。所得税を下げないこともテレビだったかラジオだったかで憤っていました。
青山氏は口で言っていることと本音との乖離がとても大きい人物なのでそのまま聞いてはいけないのです。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年2月13日 05:57
だからプラモデル工作員すだちさんは甘いのです。
相変わらずリサーチ不足のままではないですか。
この体たらくでは貴殿の主張は根拠なき誹謗中傷でしかなく、名誉毀損、偽計業務妨害に繋がると言っているのです。

>お答えは全部記事本文中に書いています。

書いてないから質しているのです。よくお読みになった上で再度それぞれの質問にお答えください。

>所得税を下げないこともテレビだったかラジオだったかで憤っていました。

ですから、それが「オレ(青山氏)の所得税下げろ。テレビに出たりして稼いでんのにという本音がミエミエ」と言えるような発言にいったいどう繋がるのですか?

青山氏が、消費税を導入することで元々目指していた所得税減税について言及すると、なぜ自分の所得税を下げろという主張になってしまうのですか?

>安倍の増税表明後は思惑が外れたようで「なぜ所得税を減税しないんだ」と憤ってましたが

これは事実に反しますよ。
時系列にそってご説明ください。

それから、「思惑が外れたようで」というのは単なる貴殿の主観です。
軽々にこのような言葉を使用し、印象操作をするのはやめるべきです。

>青山氏は口で言っていることと本音との乖離がとても大きい人物なのでそのまま聞いてはいけないのです。

青山氏の具体的な本音とは何ですか?
それが本音と呼べる根拠は何でしょうか?

また、その本音とやらと口で言ってることの乖離とは具体的に何を指しますか?

Posted by 隼脩二 at 2014年2月13日 08:03
消費増税の頃、青山氏は「ぼくは消費増税には反対です。」と繰り返し言ってましたが、実際にやっていたことは再三にわたり「消費税は上がります。」と断言して増税に反対する声を意気消沈させる行為以外のなにものでもありませんでした。

彼の本音が「消費税を上げて所得税を下げて欲しい」ということにあったのは明らかです。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年2月13日 19:00

プラモデル工作員すだちさん その1

よくもまあ、全く根拠のないことを次々と書けますね。
世迷い言という言葉は、貴殿の為にあるようなものです。
青山氏のことが、なぜか憎くて仕方ない、なんとか貶められないか、そんなことばかり考えているのでしょう。似非工作員が考えそうなことです。
哀れなことに、貴殿の歪んだ心の闇は、想像以上に深そうですね。

まあ、あまりに無知だから書けるのでしょうが、こんな嘘ばかり喧伝していると、マジで訴えられますよ。

ここでも、答えをはぐらかしているので、再度質問します。
ここでも、以前のように長文はめんどうだから読まないとか、そういう恥ずかしい理由は勘弁してくださいね。
さあ、今度は逃げられませんよ。

貴殿がすべきは、新しいエントリーで全面的に一連のことについて謝罪した上で、ゴーストライター関連のエントリーやこのエントリーを削除することです。

>この人物、自身の愛国ぶりを喧伝し保守層にも青山信者と言っても良いような盲信者がいますが、ペテン師以外の何者でもありません。
>消費増税について青山はさんざん「消費税は来年4月に予定通り8%に上がる」と繰り返し増税反対の声を意気消沈させることに努めていましたが、許し難いのは同時に「ボクは消費増税には反対」と明らかな嘘をついていたことです。

>TPPについては先週だったかのラジオで「農業は聖域なんかに守られてちゃいけない」と食料安全保障を無視。
「青山は経済には弱いから」と擁護する意見がありますがだまされてはいけません。他のこともほとんど妄言なんですから。

それにしても、酷い嘘ばかり書くものです。
上記の貴殿の不当な書き込みを受けて、以下のエントリーからの質問(1-6)の続きとして改めて問い質します。
http://pagent.seesaa.net/article/381051067.html?reload=2014-02-13T05:54:06

※今後、議論が続いていくでしょうから、分かりやすいように質問b通し番号にしました。

青山氏はずっと消費増税(TPPにも)に反対の立場です。しかし、どうしても政府が増税する場合は(事ここに至っては避けられない情勢(当時)なので)実務者として、個人としては消費増税に反対でも、現実を見ながら「これだけはすべきである」というリアルな提案もしています。

それから、貴殿が徹頭徹尾間違っていることがよく分かる「■参考資料1」を、最後に付けてあげます。まずはそちらを先に読んでもらった方が良いでしょう。

■質問7
そこでお聞きします。すだちさんはただ消費税増税に反対されるだけではなく、増税が為された際の建設的な対案(善後策)を何かお持ちなのでしょうか?

■質問8
>「ボクは消費増税には反対」と明らかな嘘をついていたことです。

これは事実に反します。
明らかな嘘と仰る具体的根拠を挙げてください。
お得意の「貴殿の勝手な根拠なき思い込み」を理由にするのは、もうやめてくださいよ。(笑)

■質問9
>「消費税の原点は所得税ゼロ」「働いたものが報われる社会」とうそぶき、

なぜ、「働いたものが報われる社会」と発言することが、「うそぶく」ことになるのでしょうか?

■質問10
>安倍の増税表明後は思惑が外れたようで「なぜ所得税を減税しないんだ」と憤ってましたが何のことはない「オレの所得税下げろや。せっかくテレビに出たりして稼いでんのに。」というのが本音なのはミエミエ。

青山氏が自分の本音が「所得税を下げろ」ということで、それがミエミエとのことですが、その具体的根拠は何でしょうか?
そもそも、国家の経済の為に、所得税減税を訴えると「オレの所得税下げろや」と言っていることになる理由はなんですか?
貴殿の想像(勝手な思い込み)ではなく、論理的にお答えください。

端的に言って、すだちさんの書き込みは、単なる貴殿の調査・勉強不足であり、妄想です(参考資料1をお読みください)。

Posted by 隼脩二 at 2014年2月14日 16:09

プラモデル工作員すだちさん その2

以下は既述した参考資料1です。

■質問11
これをお読みになった上で(もちろんご自身でもあらゆるソースをしっかりご確認くださいね)「(青山氏に関して)ペテン師だの妄言だの」と仰る理由を、反証(根拠)を挙げた上で、具体的且つ論理的に説明してください。

■参考資料1
***************************************************
まずは、2013年8月21日放送の「ニュースアンカー(関西テレビ)」より

この中で、青山氏は以下の主旨の発言をしています。

◆TPP、消費増税、いずれもこの『アンカー』を通じて、個人の意見としては、本来反対であるとを言ってきた(ラジオ番組でも同様のことを話しています)。しかしながら、(TPPの)交渉段階になったり(消費増税の)実行段階で、自分だけ反対意見を述べるのではなく、その交渉の中で、また増税がどうしても実施される場合は、その中で何をすべきかを(実務者として)考えざるを得ない。

◆中国・韓国に対してどのように、公平な外交を貫いていったとしても、TPPと消費税増税の扱いを誤り、米国の言いなりになったり、財務省の言いなりになったりするだけであったら、安倍総理が再登板した意味は失われる。

◆(青山氏が)この8月に米国出張をして、ニューヨークの財界人たちの話を聴いていったところ「消費税増税は、日本の政治が自分で決めたことだから、それはやるだろう」という見解だった(あくまでも政治首都ではなく、経済首都の財界人の見解として紹介。また、青山氏は対談本でも『現時点の消費税増税反対』という姿勢は不変だが、国際社会の信用を失うわけにはいかない。

◆米国が消費増税すべきであると言っているわけではないが、内政で決まった話(当時の民自公合意)が国際公約にならない時代はとっくに終わっている。政治と経済は実態として一体であり、政治的に後戻りは難しい」とも発言していますが、以下の通り、実務者としてしっかり対案を示しています)。

※TPPについても「TPPは、ごく一部の政治の世界での話であり、米国が保護しないとやっていけない産業をめぐってバーター、交換し合うだけ」という米国財界人の話を受け、

TPPで日本が妥協しても、日米同盟の本質的強化にはつながらない」という見解であり、中国系・韓国系社会の最終目標は、やがて中国系・韓国系の大統領をつくることであるということを踏まえると、日米同盟だけに頼ったり(米国に妥協したり)していて良いのか。日本の自立・独立がいかに大事であるかという問題提起をしています)。

◆(米国財界は)増税する以上は、増税と同時に景気を良くするだけではなく、中小・零細企業をこそしっかり助ける手立てをした上で増税するだろうと考えている(彼らが99%日本経済を支えていて、例えばトヨタやホンダのような大企業だけではなく、そこに納入してる部品メーカーが優秀であることを米国もよく知っているので)。

◆「8月13日の日経新聞一面で、安倍総理が法人税の実効税率の引き下げを検討するよう、関係府省に指示したことが12日わかったと報じたが、その後、麻生財務大臣、菅官房長官がこの総理の指示を否定している」という報道があるが、実は(総理側近によると)、麻生財務大臣や菅官房長官に(法人税引き下げの検討を指示したことを)否定させたのは財務省である。

◆なぜなら、財務省は、消費増税分を国の財布(財務省の財布)にガバっと入れたいのに、消費増税と同時に法人減税を認めてしまうと黒字の大企業だけではなく、庶民や中小企業、零細企業にも法人減税を認めるという話になる。よって、財務省としてはそういう波が起きるのを全部止める為に、麻生財務大臣や菅官房長官に否定させたと考えられる。

◆消費税をめぐって今後一番大事なのは、財務省の動きに対して、安倍総理がどう対応するか(安倍総理VS財務省という構図)である。

◆普段から財務省は悪い悪いと言われているが、そんなもんじゃない。もっと悪い。

◆8月9日、「財務省は国と地方の借金が、初めて1000兆円を超えた」と発表したが、ここで私たちが見落としてはいけないことは「国の資産はおよそ629兆円ある」ということだ。

◆主要国全部に財政危機の経験はあるが、財政危機時には基本的に国の資産を処分することによって、なるべく国民や経済を支える中小、零細、大企業の活動に影響を与えないようにしている。

◆どこの国でもまず自らの(国家の)資産を売却処分して借金を減らしていく。
ところが、(日本では)この資産がどれぐらいあるかということを長年全く公表してこなかった。公表するようになったのは平成15年(2003年)からであり、まだ10年しか経っていない。

◆(本来はこの資産の中身をもっと噛み砕いて財務省自身が説明すべきだが)629兆円の多くは特殊法人が抱えてる資産である。

◆(これら特殊法人にある)629兆円の資産を売るということは、特殊法人の存立が危うくなることであり、そうなれば(官僚たちが)天下りできなくなってしまう。

◆(天下り先がなくなっては困るからこそ財務省は)この629兆円もの国の資産があるにもかかわらず、これを国民から隠したまま(処分もしないで)、消費増税を言うのは犯罪ではなくて何なのか。

◆そもそも(財務省が主張するところの)消費増税の理由として、「国の借金が多すぎることばかりを強調し、多すぎる借金は怖いでしょう。だから増税に耐えてください」と言いながら、629兆円の資産を実質上考えないという姿勢を安倍政権は政治力で直すべきである。

◆更に、消費税を導入した理由は元来、赤字補填の為ではない。(消費税導入の頃の)本来の志を失ってる。

◆消費税を初めて導入したのは竹下登元総理だが、当初の志は「所得税をいつかゼロにする為、働いたら働いた分だけ得られるようにする為に、消費税を入れる」
だった(青山氏が記者だった頃の徹底した本音で語り合う取材活動に基づき、竹下登氏が語った言葉)。

◆最初(1989年当時)の消費税導入目的は、「安定した税収の確保と労働意欲の喚起」であった。

◆それが、1997年になると「財政赤字削減の為」となり、1999年には、「社会保障費に充てる目的税」となってしまい、導入目的がどんどん変質してしまった。

◆そして、消費税導入当初から(歴代総理の)背後にいたのは大蔵省、財務省であり、導入目的を次々と変質させたのも大蔵省、財務省である。

◆例えば、財政赤字がひどくなると、当時の橋本総理を使って、導入目的を勝手に変えてしまった。「社会保障を充実させる為に増税を諦めてください」となったが、先進国の中で「社会保障に消費税を充ててる国」など存在しない。こんなことをすれば財政そのものを歪めてしまうからだ。

◆ずっと歪めることをやってきたのに、今また「社会保障に使うから、安倍政権が消費税増税する」と言ってること自体が間違っている。

◆現実問題として、消費増税をどうしてもやると言うなら、その原点(上記の竹下総理時代の目的)に戻るべきであり、同時に最低限の手当は必要であると問題提起したい。

◆(消費増税反対の理念を語るのではなく、現実を見た上での)提案として、どうしても消費税増税をやるならば、やるべきことは「消費税の課税対象を売上高3000万円を超える事業者に限定する」ことである。

◆そして検討すべきは、「軽減税率の導入」、「低所得者へのキャッシュ(現金)の給付」である。

◆大企業は、増税分を価格に転嫁、上乗せできるが、例えば、お好み焼き屋さんなどは簡単に価格転嫁できない。できないから導入当初は3000万以内の売り上げなら消費税を免除されていた。

◆それを小泉政権の時に変えてしまい、今は1000万円を超えたら納税しなければならない。

◆だから、現行制度のまま消費税を引き上げるのではなく、せめて零細事業者や、中小企業の人に、ちゃんと日本経済の柱にこれからもなってもらう為に、当初の「3000万までは免除」という状態に戻すべきである。

◆ただ財務省に言われるままに消費増税するのは間違いである。

◆異論反論があるのは承知しているが、ヨーロッパとは違うタイプの日本型の消費税を導入すべき。既に述べた通り「軽減税率」、「低所得の方には場合によって現金を給付する」ことなども考える必要がる。

◆こういう考えは公明党の本来の主張に近い。ところが公明党の山口代表もあまりこういうことを最近言わなくなった。なぜかというと(山口代表のところに)財務省が回って説得しているからだ。

◆財務省は今、徹底的に公明党に攻勢をかけてる。

◆自公連立の良い点を活かす。つまり、社会の恵まれない層の実態をよく知ってる公明党の本来の主張をここでは組み入れるべきである。

◆安倍総理は、せっかく国民の許しを得て異例の再登板をした。安倍総理は失敗を知ってる人だからこそ国民が信頼し、みんなが「連帯すべきは連帯しよう」としている。だからこそ米国や財務省の言いなりになることをもうやめるべきである。

◆青山氏は、2011年11月2日放送の「ニュースアンカー」でも、G20(カンヌ)開催前に「(当時の野田総理が)消費税率を2010年代半ばまでに10%まで段階的に引き上げる』とG20で約束してくるようだ」という情報を入手し、様々な問題点、矛盾点を鋭く指摘しています。

また、2011年11月9日の同番組でも、野田総理と財務省が企む消費税増税と解散総選挙の(当時の)シナリオを暴き、鋭く批判しています。
**************************************************
資料ここまで

ここからはメタンハイドレートについてです。
これに関する議論も徹底的にしていきましょう。

>いつぞやのテレビ番組で「日本海側のメタンハイドレートはタケノコみたいに表面に伸びていて採取しやすいのに、なぜ政府はこっちに注目しないんだ」と一見もっともらしい嘘を視聴者にアピールしていました。

■質問12
「一見もっともらしい嘘」と仰る理由を具体的にご説明ください。

■質問13
>少し調べれば表層型メタンハイドレートは採取と海上への運搬が非常に困難でとても採算が採れず、砂中に埋まってるものの方が温度などの工夫によりパイプを通して自噴させられる可能性がありこちらの方が実用化には近いのです。
結局「オレの女房の研究費増やせや」と言いたかったのでしょう。

これもまた嘘で固められたような指摘ですが、貴殿がそう仰る科学的根拠を説明してください。
こんな世迷い言を、科学的に正当化できたら大したものです。

>しかも、青山繁晴のいう「青山千春ハカセ」が開発(?)した魚群探知機を使ったメタンハイドレートの調査方法、「無料で提供します。お金は一銭も取るつも りはありません。」と言いながら各国で特許を採っている始末。一番最初に思いついたという名誉が欲しいだけなら特許を採るよりしかるべき学会に論文を出す 方が余程大事です。

これまた、事実誤認も甚だしい事例です。

■質問14
青山氏の会社(独立総合研究所)は、特許料を一切とっていません。
貴殿の書き込みは矛盾だらけですが、どういうことですか?

>彼の発言には非常に多くの嘘が含まれているので真意をくむには通訳が必要なレベルですが、いまだに多くの信者がいるところを見ると嘘だけは才能があるのかも知れません。

■質問15
具体的に何が嘘なのでしょうか。

■質問16
>愛国を芸風にした電波芸人、愛国者の皮をかぶった守銭奴と言って差し支えありません。

以上を踏まえた上で、まだこのような世迷い言が言えますか?

では、1-16(このエントリーでは7-16)のすべての質問に、明快且つ具体的にお答えいただきたいと思います。

Posted by 隼脩二 at 2014年2月14日 16:12
隼脩二さん

労力を割いて大変真面目にコメントして頂いて有難うございます。ですが、すべての質問に答えろと言われても困ります。私が覚えていられるのはせいぜい一つか二つくらいなのです。三つ以上になるとたぶんリストを確認して漏れがないか確かめる必要が出てきます。
ですが、リストを作ってまで逐一お答えする労力を割く気にはなれません。申し訳ないですがそうなので仕方ないです。

一つだけお答えさせて頂くと、

「私が青山氏をペテン師と呼ぶ根拠」

それは彼の言説のある特定の一つによってではなく、これまで聞いてきた彼の発言に対する疑念の積算によります。
積算とはいえ決定的だった事柄はあります。他の人には些細なことだったかも知れませんが、かつては青山氏の番組を楽しんで観ていた私が彼への評価を一変させた事柄です。

文章が長くなってきたので次のコメントに書きます。長文は読むのも書くのも辛いので。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年2月14日 20:03
かつて民主党政権時代には民主党の媚中媚韓政策に危機感を持っていました。その頃は「答えて〜」など青山氏の番組も好んで観ていました。番組中自分の配偶者を「青山千春博士」と呼ぶことや年下の視聴者からの質問に対して下の名前を呼び捨てにすることには違和感を覚えましたが、それでも彼を「愛国者」と思っていたので大目に見れました。

自民党総裁選の時、安倍氏のいう「戦後レジームからの脱却」を信じて私は安倍政権を待望し熱烈に支持していました。私にとっては自虐史観に染まっていると思わざるを得ない石破茂氏などあってはならない選択だったんですが、その頃青山氏は「特定の候補者を支持しない」と言いながらとある番組では「石破さんがいいと思う」と語っていました。その頃から青山繁晴氏に対する強い不信感がわいてきました。
結局安倍自民党総裁が誕生したんですが、そのすぐ後のテレビで青山氏は「石破さんを幹事長に」と力説していたのです。「安倍さんは石破さんを幹事長にしたがってる。石破さんが幹事長になれなかったら自民党内でゴタゴタがあったということです。」と断言していました。

実際のところどうだったのか分かりませんが、「安倍さんが石破さんを幹事長にしたがってる。」というのはどうにも腑に落ちないことでした。

そして青山氏のブログにコメントをしました。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年2月14日 21:35
青山氏のブログへ書いたコメントの詳細は覚えてませんが、石破氏の幹事長起用に反対という趣旨で、「特定の候補者を支持しない」と言いながら一方では「石破さんがいいと思う」と言っていたことを批難する内容だったと記憶しています。このコメントの元記事リンク先にある青山氏の言葉を引用しました。

「表明しない振りをして、実際はある方向に視聴者や国民を誘導しようとすることが、いちばん悪質です。」

青山氏のブログへのコメントは掲載されなかったんですがコメントのURL欄にかつて自分が書いていたブログのURLを記載していました。
コメントを入れてすぐに自分のブログにコメントがありました。
http://ameblo.jp/sudachinokaori/entry-11361631937.html#cbox

上記URLのコメントは青山氏以外にはあり得ないと思いますが、このコメントにより私の青山繁晴氏への評価はどうしようもなく低くなったのです。

疑いの目を持ってみると否応なく彼の嘘が目に付いてしまいます。
嘘を大声で力説する彼の語り口が耳触りで仕方がないし、隼さんが引用する青山氏の言説も長くはまともに読む気になれないのです。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年2月14日 22:14
ツイッター等でここのブログにはたどり着けるので
URL欄に記載したから青山氏って短絡すぎませんか?w

そもそも青山氏がこのブログ読んでいたら(そんな暇ないだろうけどw)
訴えられても仕方がないことをあなたは書いていらっしゃいますよ。
いくら無名で誰も注目してないようなブログやツイッターでも
あなたのように憶測や妄想だけで無責任なことを書いていると
そのうちハッサンみたいな目に遭いますよ。

Posted by りいこ at 2014年2月15日 10:37
そんな(レベルの)プラモデル工作員すだちさんに騙されて♪って、
いや騙されませんって(笑)

>私が覚えていられるのはせいぜい一つか二つくらいなのです。
>三つ以上になるとたぶんリストを確認して漏れがないか確かめる必要が出てきます。

貴殿がその程度(レベル)の御仁なら、大見得を切ってブログなどに根拠不明のことを書いてはいけません。
それは害毒を撒き散らすのと同じで、たくさんの人に多大なる迷惑をかけることになるからです。

>ですが、リストを作ってまで逐一お答えする労力を割く気にはなれません。申し訳ないですがそうなので仕方ないです

開いた口が塞がりませんね。
この体たらくで、ここまで第三者を不当に非難するブログを書いているから、害毒をまき散らしていると言っているのです。
即刻、ブログを閉鎖すべきです。

それが嫌なら、
私の上記質問7-16(2014年02月14日 16:09と16:12に投稿)に具体的反証を挙げた上で、堂々と回答して、私を論破してみてください。
貴殿が反論してくれれば(ただし理に適っているまともな回答に限ります)、私もいくらでも回答しましょう。

>「私が青山氏をペテン師と呼ぶ根拠」
>それは彼の言説のある特定の一つによってではなく、これまで聞いてきた彼の発言に対する疑念の積算によります。

「積算」??貴殿の頭の中はいったいどうなっているのでしょうか。
私は具体的反証を挙げた上でと言っていますよ。
この回答は意味不明です。
冗談は休み休みお願いいたします。

>青山氏は「特定の候補者を支持しない」と言いながらとある番組では「石破さんがいいと思う」と語っていました。
>その頃から青山繁晴氏に対する強い不信感がわいてきました。

上記も事実に反しますが、論拠を具体的にお示しください。
貴殿の脳内で勝手に変換された事を論拠にされては困ります。

>青山氏は「石破さんを幹事長に」と力説していたのです。

これも事実に反します。
いつ青山氏が「力説」しましたか(毎回笑わせてくれますね)。

貴殿は、2012年秋の青山氏の発言をろくに確認もしないで、戯言を言っているだけです。
いったいつ、どこで青山氏がそのような発言をしましたか。
きっちりお示しください。
覚えてないでは済まされませんよ。

一応教えといてあげますが、青山氏は安倍総理や石破幹事長についても是々非々で発言しているだけです。

で、たったこれだけの文章で、貴殿は自己矛盾を起こしていますね。
貴殿によれば、
>「安倍さんは石破さんを幹事長にしたがってる。石破さんが幹事長になれなかったら自民党内でゴタゴタがあったということです。」と(青山氏が)断言していました。

とのことですが、これがどこでどう繋がると、
>「青山氏は「石破さんを幹事長に」と力説していた」
というように脳内変換されるのでしょうか?

Posted by 隼脩二 at 2014年2月17日 09:56
隼脩二さん

「十数項目の質問に答えろ」、「それが出来ないならサイトを閉じろ」などと言われても困ります。「論破した」と言うのならあなたの方こそ、私がぐうの音も出ないような批判をしてみせて下さい。論点を絞る、もしくは一度にする質問を一つ二つずつにする、等の工夫をお願いします。
あなたが真面目な方のようなのでこれでも私は真面目にお答えしています。

新たなご質問、自民党総裁選前後の事柄に関して、面倒でしたが改めて調べた結果は以下です。

総裁選で「特定の候補者を支持しない」という発言は青山氏が自身のブログでも書いています。
http://blog.goo.ne.jp/shiaoyama_july/e/c016f9d3158d18a5b41738a1f00e50ba

「石破さんがいいと思う」の発言は 2012年9月22日放送回の「たかじんNOマネー」というテレビ番組です。検索したら動画は見つかるようでした。

「石破茂氏を幹事長に」は 2012年9月26日放送回の「スーパーニュース・アンカー」のようです。動画は見つからず、ぼやきくっくりさんのブログでも当該部分は文字起こししておられないようです。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1260.html

どう見ても「石破茂氏を幹事長に」と力説する内容でしたが、批判コメントが多かったのか、ぼやきくっくりさんの記事もコメントを受け付けていないようです。

聞かれてばかりなので私の方からも質問させて頂きますが、自虐史観を持つ石破茂氏を自民党幹事長にするのは反対とした私の意見に対する青山氏のコメント「ままごとで出来るのか!! 政治ってのは。」について、あなたはどう思われますか?
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年2月17日 17:23

プラモデル工作員すだちさん

困る?
いやいや、困るのは、デタラメを垂れ流しても涼しい顔を決め込んでる厚顔無恥な貴殿の卑怯な姿勢ですよ。
貴殿は日本語を正確に解する力が不足しているばかりか、自分に都合の悪いことは平気で無視できる便利な方ですから、向かうところ敵なしです。

>私がぐうの音も出ないような批判をしてみせて下さい。

『ぼくらの祖国』にはゴーストライターが関わっている。反論があればどうぞ、青山繁晴さん
http://pagent.seesaa.net/article/381051067.html?reload=2014-02-19T22:27:19

↑ここにも書いた通り、普通に日本語が理解できる人間なら、とっくに「ぐうの音も出ない」状態になっていることに気づくはずですが。
上のエントリーもよく読んで、しっかり私が問い質していることにお答えください。

>どう見ても「石破茂氏を幹事長に」と力説する内容でしたが、批判コメントが多かったのか、ぼやきくっくりさんの記事もコメントを受け付けていないようです。

またしても、お得意の印象操作ですか(笑)。

青山氏は、たかじんNOマネーの中で(2012年の自民党総裁選で総裁に選ばれる人物に関して)、「僕は(自民党総裁になるのは)石破さん、安倍さんのどちらでもいい。但し、本来は安倍さんは一度閣僚をやって、特にご自分の主張が外務大臣として貫けるかどうか、、お腹の病気も克服できているのかをちゃんと世界に示して、本当に苦労してからもう一度総理にチャレンジすべきだと思うから、今回は石破さんの方がいいと思うが、それは安倍さんにも申しました」と話しています。

質問19
これは極めて客観的且つ是々非々の立場からの発言です。水道橋博士氏が番組参加者全員の個人的見解を求めたので、それにフェアに答えただけじゃないですか。
それがどうして、「どう見ても「石破茂氏を幹事長に」と力説する」という書き込みになるのですか?

力説ってねぇ(笑)。
しかも、誰も「幹事長」の話してないし(笑)(笑)。

>聞かれてばかりなので私の方からも質問させて頂きますが、

聞かれてばかりって(笑)。
貴殿がデタラメを垂れ流し、不当に第三者を貶めているのですから、こちらからの質問に合理的に回答するのは当然のことです。
満足な回答のひとつもできないうちに、「聞かれてばかり」などという言葉が出てくるのは愚の骨頂です。

とっとと私の質問のすべてに具体的且つロジカルにお答えください。

>自虐史観を持つ石破茂氏を自民党幹事長にするのは反対とした私の意見に対する青山氏のコメント「ままごとで出来るのか!! 政治ってのは。」について、あなたはどう思われますか?

だから、http://pagent.seesaa.net/article/381051067.html?reload=2014-02-19T22:27:19
にも書いた通りです。

質問20
一体どういう愚かな脳内変換を経ると「青山氏の書き込みである」と決め付けられるのか。根拠も全くないのにコメントのしようがありません。
まずは、上記が青山氏の書き込みであることを客観的に証明してから質問してください。

貴殿がいつまでも「ぐうの音も出ない」状態でいるもんだから、こちらからの質問が増えていくばかり。困ったものです。


で、プラモデル工作員すだちさん、ここの質問に回答する前に、まずは「ゴーストライター」に関する質問のすべてにお答えください。
http://pagent.seesaa.net/article/381051067.html?reload=2014-02-19T22:27:19


Posted by 隼脩二 at 2014年2月19日 23:08
あっちこっちに書き込むのはやめて下さいって言ってるんですけど。

それから、上の私の短い文章をちゃんと理解して頂いていないようなのでもう一度書きますが、「石破茂氏を幹事長に」の話しは「たかじんNOマネー」じゃなく、「スーパーニュース・アンカー」(2012年9月26日放送回)の話しです。

あと、「質問すべて」って、何問あるんですか?
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年2月19日 23:24

相変わらず卑怯なプラモデル工作員すだちさん

>「石破茂氏を幹事長に」の話しは「たかじんNOマネー」じゃなく、「スーパーニュース・アンカー」(2012年9月26日放送回)の話しです。

だから。何度も言いますが、当該アンカーで青山氏は、
「石破茂氏を幹事長に」と力説するような発言は一切していません。

くっくりさんの文字起こし(この部分は概要だけの文字起こしですね)にも、青山氏が「石破茂氏を幹事長に」と力説しているなどという大嘘は書かれていません。
一体何回印象操作をすれば気が済むんですか?

貴殿は一体どこに目と耳をつけているんでしょうか。
日本語が読めないだけではなく、聞き取ることもできないわけですね?

>あと、「質問すべて」って、何問あるんですか?

はい?
貴殿は日本語だけではなく、アラビア数字も読めないのですか?
ちゃんとアラビア数字でナンバリングしてますよ。

Posted by 隼脩二 at 2014年2月20日 01:07
どうもです。

私も、青山氏を愛国者だと思ってましたし、私自信も愛国者だと思います。
しかし、ある時期を過ぎると、青山氏の化けの皮がはがれてくるのが手に取るように理解
できるのです。
最近では、昨日のラジオ・ボイスでは、「トリチウムを海に流せ」と。
海外でも流しているのは確かですが、トリチウムの危険性を専門家でもないくせに
「安全」とも取れる発言は疑問です。
しかも、このような研究報告もあります。
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7319100.html
無責任ですね。

集団的自衛権についての安倍首相の発言が立憲主義に反するとの報道に反論してましたが、
東京弁護士会が抗議声明をだすように、専門家が「立憲主義に反している」と言っている
のです。
憲法99条を読んでみましょう。

しかも、国連を批判していたくせに、集団的自衛権になると、国連に合わせろ!というような事もペテン師とも言うべきです。

小沢裁判のときも、「世界一公正公平な日本の司法」と言ってたのに、無罪判決がでると
文句を付けていました。

自衛隊の艦船が漁船と衝突した事件の時も、生き残りの漁船員のインタビューが仲間を守るような発言だと文句をつけていました。そのくせ、仲もを守るような発言が出るのはしょうがないとい、言いつつも、自分が仲間だと思ってる自衛艦を守るような発言をしているのです。

まあ、ちょっと思い出せる青山氏のおかしなところです。
青山氏は、貴重な情報も提供してくれるのですが、おかしなところも沢山あるのも事実です。

隼脩二 atさんも、時期がくれば青山氏の正体が見えてくるでしょう。

Posted by よよげん at 2014年2月21日 11:05
こんにちは。記事いつも読んでいます。大変勉強になります。賛同する内容が多いです。
青山氏のゴーストライター疑惑に関しては、「一人称が違うのは不自然」というすだちさんの感覚には同意できておりません。
単純に、証拠不十分だと思います。

しかし、青山氏は世間をミスリードし、亡国の手助けをする悪質な存在です。
保守で、以前は青山氏に心酔していたという層の一部からも、青山氏に対する批判の動きをいくつか確認しております。
確かな根拠による青山批判の機運を盛り上げてゆくべきです。
その視点から、青山氏に批判的なすだちさんの姿勢は支持しております。
Posted by ちいほ at 2014年2月22日 00:07
 よよげんさんのお書きになっていることで、私には少し理解の及ばないところがあります。
 たいへん恐れ入りますが、お教えいただけましたら幸いです。


>トリチウムの危険性を専門家でもないくせに
> 「安全」とも取れる発言は疑問です。

 ここで言う「専門家」とは、何の専門家でしょうか?
 少しわかりにくく思いましたので、ご教示いただけないでしょうか。


>集団的自衛権についての安倍首相の発言が立憲主義に反するとの報道に反論してましたが、
>東京弁護士会が抗議声明をだすように、専門家が「立憲主義に反している」と言っている
>のです。
>憲法99条を読んでみましょう。

 とのことでしたので、早速参照してみました。
 僭越ながら引用させていただきますと、こうなります。

>第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

 ここでふと浮かぶ疑問なのですが、第七十二条にはこう記されています。

>第七十二条  内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に提出し、一般国務及び外交関係について国会に報告し、並びに行政各部を指揮監督する。

 次に、内閣法制局のホームページを参照してみます。
 http://www.clb.go.jp/info/about/index.html

 のみならず、ここからも文章を引いてみます。

>内閣法制局の主な業務は、次のとおりです。
>
>法律問題に関し内閣並びに内閣総理大臣及び各省大臣に対し意見を述べるという事務(いわゆる意見事務)
>閣議に付される法律案、政令案及び条約案を審査するという事務(いわゆる審査事務)

 内閣法制局は「意見を述べる部署」とありますし、当然ながら内閣の中の機関であって、内閣総理大臣の監督下にありますよね。憲法第七十二条にも「指揮監督する」とあります。

 もうひとつ、ご指摘された憲法第九十九条には、「国務大臣・・(略)・・公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」とあります。

 内閣法制局から述べられた意見を踏まえて総理大臣が判断することは、憲法に違反しているのでしょうか。
 仮に内閣法制局の意見どおりにしか内閣総理大臣が判断できなければ、それこそ憲法第七十二条の、「行政各部を指揮監督する」ことはできていないのではないでしょうか。


 それと三権分立という概念を、小学校でしたか中学校でしたか、習ったように記憶しておりまして、衆議院のホームページでおさらいをしてみますと、こうありました。

 「日本国憲法は、国会、内閣、裁判所の三つの独立した機関が相互に抑制し合い、バランスを保つことにより、権力の濫用を防ぎ、国民の権利と自由を保障する『三権分立』の原則を定めています」。
 http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkai/kokkai_sankenbunritsu.htm?OpenDocument

 内閣が憲法について新たな解釈を示したとしても、国会でそれに基づく法律を整備する際には当然ながら審議が行われますし、もしそれに対し国民が異議を覚えれば、最終的には最高裁判所が違憲か否かを判断することで権力の濫用を防ぐことができるというのが、この場合の三権分立かと考えます。
 これはすなわち立憲主義にも沿っていると思うのですが、どうも私は法律的な知識が浅薄であり、よよげんさんのお考えをお聞きしたく思います。


>しかも、国連を批判していたくせに、集団的自衛権になると、国連に合わせろ!というような事もペテン師とも言うべきです。

 これが平成26年2月20日放送の「ザ・ボイス」での発言だとすれば、事実関係が異なっています。
 私はこれを先ほどもう一度聴き直してみました。

 実際には「国連に合わせろ」ではなく、「国際法に合致していない」という発言だったのではないでしょうか。

 青山氏の発言内容は、概ね以下のとおりです。

●内閣法制局は以下のとおり見解を述べている。
 「集団的自衛権は国際法上で認められている。
  しかし日本国憲法では認められていないので、日本は行使できない」

●これはつまり、日本国憲法は国際法に合致していない、と言っているようなものである。
 国際法に合致していない日本国憲法でいいのだろうか。

●内閣法制局だけで決めるのではなく、内閣法制局も内閣の一部であり、内閣の考え方は
 当然、総理大臣が最終責任を負うと言っているのである。
 これは、NHK会長が言ったような総理大臣が右と言えば右、ではない。
 なぜそのような超拡大解釈がなされているのか。

 以下のサイトでポッドキャストを聴くことができますので、よろしければご確認ください。
 https://itunes.apple.com/jp/podcast/id493906537

 もし、よよげんさんがお書きになられていたもののニュースソースと異なっていれば、たいへん失礼いたしました。
 確認したいと思いますので、そのニュースソースを教えていただければ幸いです。


>小沢裁判のときも、「世界一公正公平な日本の司法」と言ってたのに、無罪判決がでると
>文句を付けていました。

 これは自分ではニュースソースを確かめることができませんでした。
 お手数ですが、いつのどの発言か、教えていただけないでしょうか。
 確認してみたいと思います。


>自衛隊の艦船が漁船と衝突した事件の時も、生き残りの漁船員のインタビューが仲間を守るような発言だと文句をつけていまし
>た。そのくせ、仲もを守るような発言が出るのはしょうがないとい、言いつつも、自分が仲間だと思ってる自衛艦を守るような
>発言をしているのです。

 これが平成26年1月16日放送の「ザ・ボイス」での発言だとすれば、事実関係が異なっています。
 私はこれを先ほどもう一度聴き直してみました。

 青山氏の発言内容は、概ね以下のとおりです。

●メディアが日頃の政治的立場を踏襲した記事を書いていると指摘。
 すなわち朝日・毎日は自衛隊に落ち度があった、産経はそうではなかったというスタンスのまま、記事が書かれている。

●釣り船の方に非があったというのはまだぜんぜん早いし、生き残られた方を非難するわけではなく、印象だけの話であるが記者としての経験から言えば、と前置きされたうえで、
 ■事故に遭われた釣り船の方々は事態を突き放して客観的にお話しできているようには見えなかった
 ■亡くなった知り合いの船長の方を悪く言いたくない気持ちもあるだろう
 ■巨大な艦船、そして大きな組織である自衛隊の方が悪かったと思いたい(世間が自衛隊に厳しかった頃に大人になられてきた雰囲気もあった)
 などの様子から、その証言には一定のバイアスがかかっていると思われる。

●しかしそれは人として自然な姿であるし、当事者証言としてはどうしてもそうなる。

●一方で自衛隊の側にも保身を図りたい者もいるだろうけど、公的な立場で発言しないといけない者もたくさんいる。

●一私人のやむを得ないが偏りのある証言だけを元にして記事を書くのではなく、自衛官の側の取材もできてから書くべきであり、取材ができなければ書かなければいい。
 きちんと海難審判を待つべき。


 すなわち、各メディアが自社の政治的立場も踏まえながら、一方だけの証言に基づいた取材と記事作成を行っているのではないか、というメディアの姿勢についての指摘です。
 両方の意見を書くか、またはそれができないならば時期を待って客観的な報道を行うべきとの意見でありました。
 釣り船の方々の批判でもなければ、自衛隊の擁護でもないと思いますし、両方の意見を並べて比較検討すべきだという考えは、十分公平性があると思います。

 以下のサイトでポッドキャストを聴くことができますので、よろしければご確認ください。
 https://itunes.apple.com/jp/podcast/id493906537

 もし、よよげんさんがお書きになられていたもののニュースソースと異なっていれば、たいへん失礼いたしました。
 確認したいと思いますので、そのニュースソースを教えていただければ幸いです。


 たいへんお手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
Posted by 通りすがりの仮面ライダー at 2014年2月23日 00:11
横から失礼。

海上自衛艦「おおすみ」と釣り船の衝突事故について、2014年1月16日の「ザ・ボイス そこまで言うか!」を聞いてみました。青山氏、無茶苦茶言ってますね。

「海上自衛隊と釣り船の双方の話しを聞けないのならメディアは記事を書くな。」

海上自衛隊の関係者はおいそれと発言出来るわけが無いに決まってるでしょう。これは海上自衛隊に肩入れした発言以外のなにものでも無い。
青山氏は自身が「いちばん悪質」という「表明しない振りをして、実際はある方向に視聴者や国民を誘導しようとすること」を地で行ってます。悪質極まりない。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年2月23日 10:22
通りすがりの仮面ライダーさまへ

まず、集団的自衛権についてですが、
安倍首相は20日の衆院予算委員会で、首相主導の閣議決定で憲法解釈変更を行うと表明しました。国会議論を経ずに閣議決定優先で憲法解釈を変更することは三権分立にも反していると思います。
憲法99条に関しては、12日の「最高責任者は私だ。政府の答弁に私が責任を持って、その上で選挙で審判を受ける」との発言も関係して指摘したことです。

 >「集団的自衛権は国際法上で認められている。
  しかし日本国憲法では認められていないので、日本は行使できない」

とも発言してますが、20日のボイス(http://www.youtube.com/watch?v=f2vdtVgE5FQ)の8:00ちょっと前から「国連」を連発して同等の発言をしています。

そして、「内閣法制局が集団的自衛権を認めていない」と青山氏自身が発言しています。
それなら、立憲主義に反していると認めているも同然。
青山氏は、「国際法と比較しておかしい」とだけ発言しすればよいのに、「総理が立憲主義を否定したって沢山新聞書いてて〜」との3:50位からの発言が青山氏の発言を理解するのにはチグハグで整合性に欠けるのです。
また、個人的には国際法が全て正しいとは考えていません。

しかし、読売新聞の社説のように、安倍政権に近いところでは問題ないとの解釈もありますので、通りすがりの仮面ライダーさんの思想・哲学なども解釈に影響があることは理解します。

> ここで言う「専門家」とは、何の専門家でしょうか?
 少しわかりにくく思いましたので、ご教示いただけないでしょうか

ここでは、青山氏が理系の大学出たのでもなく、放射線に関する仕事をしてきたわけではない。要するに放射線に関して研究をしてきた小出裕章氏のような方より信用できない!という意味です。私の知る限りでは、青山氏はテロ対策など原子力行政の専門家です。
そういった意味で「専門家の端くれ」とよく言っているのではと思いますが・・・。

小沢裁判に関しての文句は
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1186.html
ここを参考にしてください。

「世界で一番、公平公正」との発言については
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5930943.html
のベストアンサー20ptの最後の方に「青山氏は日本の司法は世界で最も信頼できるものだと持ち上げ」とあるように他の方も指摘してあるので信じてもらうしかないです。

自衛艦と漁船の衝突についてですが、
青山氏は自衛隊関係の仕事も多く、発言などからも自衛隊側に好意的だということは明らかです。(ここが違うといわれれば、見解の違い)
>■亡くなった知り合いの船長の方を悪く言いたくない気持ちもあるだろう
>■巨大な艦船、そして大きな組織である自衛隊の方が悪かったと思いたい(世間が自衛隊に厳しかった頃に大人になられてきた雰囲気もあった)
 などの様子から、その証言には一定のバイアスがかかっていると思われる。

との発言からは、「漁船員の発言はバイアスがかかっている」といっているのです。
それを言うなら、青山氏も自衛隊側のバイアスがかかっている。
「バイアスがかかっている」という発言は、してはいけないと思います。
「漁船員だけでなく自衛隊側にも話を聞いて〜」とだけ発言すればいいのです。
バイアスがかかっている人間が「バイアスがかかっている」ということはおかしい!と言いたいのです。

以上ですが、青山氏の思想・哲学には何も文句はないのですが、発言の整合性の無さに疑問を感じ、胡散臭く見えるのっです。
Posted by よよげん at 2014年2月23日 13:17
あれ?ぐうの音の出ないプラモデルさんてまだいらしたんですか。

>これは海上自衛隊に肩入れした発言以外のなにものでも無い。

そんな発言になってませんけど。
どこがそうなるんですか?もっと細かく教えて下さい。

横からお邪魔しますね。よよげんさん。

>ここでは、青山氏が理系の大学出たのでもなく、放射線に関する仕事をしてきたわけではない。要するに放射線に関して研究をしてきた小出裕章氏のような方より信用できない!という意味です。私の知る限りでは、青山氏はテロ対策など原子力行政の専門家です。
そういった意味で「専門家の端くれ」とよく言っているのではと思いますが・・・。

コレ読みましたけど、通りすがりの仮面ライダーさんの質問の答えになってませんよね?
小出氏が理系ってだけで信じられるんですか?
あと、なんで自衛隊側の発言はバイアスかかってるって勝手に決めれるんですか?
Posted by 美咲 at 2014年2月23日 15:55
>小出氏が理系ってだけで信じられるんですか?

そんなこと言ってませんよ。
「放射線に関して研究をしてきた小出裕章氏のような方より」と言ってるのです。
小出氏が理系だから信じるなんて、書いてありました?

>なんで自衛隊側の発言はバイアスかかってるって勝手に決めれるんですか?

誰がそんな事を?

自衛隊関連の仕事を多くしている青山氏は、ある意味身内みたいなものだから
相手に対して「バイアスがかかっている」という発言はよくない。といってるのです。

自分も勉強はできないほうですが、
美咲さんは、もうすこし文章理解力を養ったほうがよいのでは?
こういったことに無関心でいるより、ぜんぜん良いのですから。
Posted by よよげん at 2014年2月23日 16:37
いえいえ、言ってますよ。

よよげんさんは、
→青山氏が理系の大学出たのでもなく、放射線に関する仕事をしてきたわけではない。
→要するに放射線に関して研究をしてきた小出裕章氏のような方より信用できない!

要は文系より理系が信用できる→理系だから文系より信用できるってことでしょ。
いくら比較の問題でも単に理系だからってどうなのかしら。

>私の知る限りでは、青山氏はテロ対策など原子力行政の専門家です。

テロ対策の専門家だと放射線にうといってことはないですよね。
何か根拠はありますか。

これだけの根拠で青山氏より小出氏がどうのこうのって言えないと思いますよ。

>バイアスがかかっている人間が「バイアスがかかっている」ということはおかしい!と言いたいのです。

ほうら、青山氏の発言にバイアスがかかってるって言ってるのと同じじゃないの。

よよげんさんこそ文章力を磨きましょうね。

Posted by 美咲 at 2014年2月23日 18:32
 よよげんさん、時間を割いていただき、丁寧なコメントをありがとうございます。
 まずは御礼、申し上げます。

 以下にそれを踏まえての私の拙い考えを書こうと思うのですが、いみじくもよよげんさんがおっしゃっている「思想・哲学なども解釈に影響がある」ようで、お互いの依拠しているところが異なるのか、意見が噛み合っていないところが見受けられます。
 それゆえ私は、前のコメントと同じことを書き、堂々めぐりになってしまいそうな懸念があります。
 ただ私がお尋ねし、それに対応してお書きいただいたことでありますし、今度は私がお応えするのが礼節かと思いますので、重複を恐れず書くことにします。

>まず、集団的自衛権についてですが、
>安倍首相は20日の衆院予算委員会で、首相主導の閣議決定で憲法解釈変更を行うと表明しました。国会議論を経ずに閣議決
>定優先で憲法解釈を変更することは三権分立にも反していると思います。
>憲法99条に関しては、12日の「最高責任者は私だ。政府の答弁に私が責任を持って、その上で選挙で審判を受ける」との発言
>も関係して指摘したことです。

 ここが意見の重複になってしまうところで、私は先のコメントで書いたのですが、あのとおり行政=内閣と、立法=国会、司法=裁判所のそれぞれの果たす役割の中でブレーキやチェックはかかると考えますので、三権分立に反しているとは考えません。
 12日の答弁では、首相の専横だと一部のメディアや政治家が批判していましたが(私はそれをも専横とは思わないのですが・・・内閣の最高責任者は総理であり、政府の答弁も最終的な責任者は総理ですから、その説明自体に間違いはないと考えます。選挙については後述します)、20日の答弁では「閣議決定する」と、首相の専横ではなく内閣の一致によって事を進めるのだとして、誤解の払拭に務めていると評価しています。
 また私は、三権分立と憲法第七十二条を挙げて、立憲主義に反するものではないと述べましたが、12日の首相答弁には、もうひとつのチェックと言いますか、「選挙による国民の審判」も挙げています。これもまた、政権の憲法解釈の是非を判断するひとつのシステムになり得ます。

>>「集団的自衛権は国際法上で認められている。
>  しかし日本国憲法では認められていないので、日本は行使できない」
>
>とも発言してますが、20日のボイス(http://www.youtube.com/watch?v=f2vdtVgE5FQ)の8:00ちょっと前から「国連」を連発して同等の発言をしています。

 このあたりでしょうか(要点だけ拾ってみます)。

 ●大学で教える国際政治学などでは、「この違いはわかっていなければならない」と教えられることがある。
  それが「集団的安全保障」と「集団的自衛権」である。
 ●そこでは、集団的安全保障=国連、集団的自衛権=日米同盟などと、異なる存在として分けられている。
 ●しかし自分が実際に国際社会、それこそ国連も回ってみたが、そんなことを言っている人は自分の知る限りいない。
 ●今は世界が単独で守れない時代になり グループで守る時代になった。
 ●そのひとつのあり方が国連であり、また他方、例えば二国間安全保障条約である。
 ●そういう状況下で、自分が危ない時は守ってもらうけれども、他人が危ない時には自分は助けに行かないということは通用しない。
 ●それは国連憲章にも盛り込まれていて、国連加盟国は空軍を持っていないといけないとされている。
  世界で何かあった時には、その空軍を使って世界の平和を守るようにと記されている。
  自分の国が攻撃されていなくても、世界の平和を守るよう、要請されている。
 ●これは二国間安全保障条約でも同じ。一方が攻撃されているのに、その一方がそれを助けに行かないことはあり得ない。
 ●つまり集団的安全保障も集団的自衛権も同じなのに、わざわざ日本の学者は相違点を取り上げて、「国連加盟=集団的安全保障は正しいが、集団的自衛権はおかしい」と言っている。
  いったいどんな現場を見ているのか。
 ●そんなことを国会で言わずに、勝手な拡大解釈だけで国会審議を回しているのはどういうことなのか。

 ただこれとても、そもそもよよげんさんが指摘された、

>国連を批判していたくせに、集団的自衛権になると、国連に合わせろ!

 という内容とは違うように思われます。
 国連に加盟しているということは集団的安全保障は合憲とされているのに、同じ性質であるはずの集団的自衛権は違憲であるという考え方はおかしい、というのが青山氏の趣旨ではないでしょうか。
 つまり今日の世界において集団的安全保障と集団的自衛権の違いはないのに、あるかのように位置づけている考え方への異論なのでしょう。

>そして、「内閣法制局が集団的自衛権を認めていない」と青山氏自身が発言しています。
>それなら、立憲主義に反していると認めているも同然。
>青山氏は、「国際法と比較しておかしい」とだけ発言しすればよいのに、「総理が立憲主義を否定したって沢山新聞書いてて〜」との3:50位からの発言が青山氏の発言を理解するのにはチグハグで整合性に欠けるのです。

 ここも意見としては重複になります。
 私は、内閣法制局の考え方に内閣総理大臣の判断が縛られることの方が、憲法第七十二条に照らし合わせて、おかしいと考えます。
 同じ意見をそのまま書いても申し訳ありませんので、「ザ・ボイス」で宮崎哲弥さんが内閣法制局について話していた回がありましたから、参考添付いたします。
 平成25年8月20日放送の回です(19分頃)。
 https://itunes.apple.com/jp/podcast/id493906537

 ここではざっとこのようなことが述べられています。
 「彼らが憲法を頂点とする法の解釈権を握っているというのはどうなのか。これは基本的には官僚なんです。(略)でもなぜこういう官僚たちが法、特に憲法の解釈権を独占しているのか。事実上独占していると言って過言ではないが、何の根拠もない。本当は内閣の憲法解釈や各法を作る時の補佐役でしかない。彼らの考えていることは、官僚の常として現状維持である。昔のことに照らして整合性があると考えるのが彼らの仕事であり、国際環境・経済の変化に即応して法律を作ろうした時に、必ず待ったをかける役割。おかしいでしょ?そもそも内閣法制局にそんな権限はないんです」
 ご参考までに。

>また、個人的には国際法が全て正しいとは考えていません。

 これは一理あると思います。
 ですが事が国防・安全保障に関することとなると、一国だけでそれを達成できるかどうかは疑問があり、最近の領土をめぐる情勢をも考えると、これは難しいところだと思います。

 本当は、憲法改正こそが、このような議論を超えて粛々と国防・安全保障に必要な手立てを打てる王道だと私は思います。
 ただそれには国民のコンセンサスも必要ですし、相当な時間が伴います。
 主として尖閣などの状況は、それを許さないところまで来つつあるのではないかと憂慮しています。
 となれば、いま安倍内閣が進めようとしている憲法解釈による集団的自衛権の方向性は、最善手ではなくとも次善手であろうと思っています。


 *長すぎたようでエラーが出ましたので、ここでいったん区切ります* 

Posted by 通りすがりの仮面ライダー at 2014年2月25日 01:45
 *つづきです*

>ここでは、青山氏が理系の大学出たのでもなく、放射線に関する仕事をしてきたわけではない。要するに放射線に関して研究をしてきた小出裕章氏のような方より信用できない!という意味です。私の知る限りでは、青山氏はテロ対策など原子力行政の専門家です。
>そういった意味で「専門家の端くれ」とよく言っているのではと思いますが・・・。


 こちらも回答、ありがとうございました。
 青山氏の原子力についての肩書きは、既に退任はされていますが、内閣府の原子力委員会原子力防護(核セキュリティ)専門部会専門委員でした(平成18年〜23年)。
 核セキュリティというものは、ご指摘されたテロ対策も含まれますが、核物質や放射性物質の(意図的)拡散の防護も含まれているようです。
 http://www.nsr.go.jp/activity/bousai/Physical_Protection/
 http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/105104.html

 よってトリチウムに関しても、一定の知見を有していると考えることは、あながち間違いではないと思われます。

 それが、よよげんさんが引用された小出裕章氏の知見と比べてどうなのか、ということは、正直に申して私にはよくわかりません。
 ただよよげんさんが以前のコメントが挙げておられた、

> しかも、このような研究報告もあります。
> http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7319100.html

 このニュースソースは、1974年に書かれた新聞記事(しかも尻切れトンボ)に基づいたブログですので、ちょっとこれを判断の材料にすることは厳しいように思います。

 小出裕章氏関連のこのブログ記事(ご本人のものではありません)を引っ張ってみましたが、いかがでしょうか。
 http://blogs.yahoo.co.jp/kotyannomama/15782357.html

 ここで小出氏が述べている見解をいくつか拾ってみますと、

●私の職場から環境に流していいトリチウムの濃度は、1リットル当たりに換算すると6万ベクレルです。
 それを超えたものはもう流してはいけない

●今現在、汚染水というのがあって苦闘していますけども、汚染水の処理ということをなんとかやろうとしているわけですね。
 その処理というのは、汚染水の中に混じっている放射性物質を水の中から取り出して、水をきれいにしようというのが実際にやろうとしていることなのですけれども、トリチウムの場合は水そのものですので、どんなにきれいにしたところでトリチウムだけは除けないのです。
 ですから、すでに井戸の中に入ってしまっているもの、あるいはタンクの中に入っているもの、そんなものもトリチウムに関しては何の手も打てませんので、いずれにしても全量放出するということになってしまいます。

●地球というのは水の惑星と呼ばれるくらい大量の水がありますので、ただただ薄まってくれるということを期待するということなのですけれども、水の惑星で生きている私たちは基本的に水に依存して生きているわけですから、その水が汚されてしまうということは、生命体にとって大きな驚異になると思います。

●トリチウムに関しても、放射能的にわかってないということがまだありまして、有機物、例えばタンパク質の構成の一部になってしまった時に、トリチウムが一体、体内の中にどれくらいの期間残存するのであろうかとか、かなり難しい問題がまだ残っていまして、トリチウムの影響が完璧に解明されているわけではありません。

 ということになります。
 トリチウムの影響はまだ完全には解明されていないけれども、現在の処理方法としては全量放出と水による希釈に期待するしかない・・・という趣旨だと考えます。
 となると、青山氏の主張に比べやや慎重な見解であることは確かですが、解決方法としては結果的に同じだと思います。

 青山氏の「アンカー」で汚染水を取り上げた回を引用しておきます。
 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1444.html

 画面に「トリチウム以外を全て除去した処理水は希釈して、海へ」とあり、小出氏と共通の見解であることが確認できます。


 *ここでいったん区切ります* 
Posted by 通りすがりの仮面ライダー at 2014年2月25日 01:47
 *つづきです*


>小沢裁判に関しての文句は
>http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1186.html
>ここを参考にしてください。
>
>「世界で一番、公平公正」との発言については
>http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5930943.html
>のベストアンサー20ptの最後の方に「青山氏は日本の司法は世界で最も信頼できるものだと持ち上げ」とあるように他の方も指摘してあるので信じてもらうしかないです。


 こちらもありがとうございます。
 まず「世界で一番、公平公正」との発言ですが、同じ小沢裁判絡みの回で、こういうものを見つけました。
 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid632.html

 このコーナー終盤部分で、このような青山氏の発言があります。

 「日本の司法っていうのは独立してるんです、現に。検察だけじゃなくて裁判もですね。
  そして世界を回ればこれよく分かることで、世界の、国連加盟192カ国の中で、司法の独立という点では、日本の民主主義が一番信用できるんですよ」

 ほぼ、よよげんさんが指摘されている内容に近いと思うのですが、いかがでしょうか。

 これを踏まえたうえで、よよげんさんの引用された回について、拝見させていただきました。

 その前によよげんさんの指摘をおさらいしますと、

>小沢裁判のときも、「世界一公正公平な日本の司法」と言ってたのに、無罪判決がでると
>文句を付けていました。

 ここで前段に、「正直不可解な判決理由」という青山氏の発言がありますが、これがよよげんさんの指摘部分ではないですよね?
 これは後に「無罪になったのがもう不可解だって言ってるんではなくて」あるいは「判決理由が非常にユニーク」と表現されている、単に一風変わった判決文だったということですから。
 むしろそれよりは後段の、小沢氏が検察の中の一部に影響力を有しているのではないか・・・との青山さんの指摘の部分ではないかと推察します。

 そのうえでよよげんさんがおっしゃるところの「世界一公正公平な日本の司法」、私が引用したところの「世界の中でも日本の司法がその独立性においていちばん信用できる」との齟齬を考えます。
 これはよよげんさんと私との、国語的感覚の差異によるものが大きいという気持ちがしています。
 もちろんこれは、よよげんさんの国語力を云々しているわけではありません。誤解なきようにお願いしますね。
 よよげんさんは先述の司法に関する言葉について、「100%誤謬がない」といったイメージに近いものを抱いていらっしゃるのではないでしょうか。

 例えばここに、95%の人に効く風邪薬があったとします。
 これは、残り5%の人には効かないことを意味します。
 その人たちから見れば、「まったく効かない風邪薬」になります。
 しかし他の風邪薬の効能のパーセンテージがこれよりも低ければ、それはやはり「世界でいちばん効く風邪薬」とは言えようと思います。

 これと同様に、いろいろな問題はありながらも、各国比較してみた時に日本の司法(の独立性は)はいちばんなのだという、絶対的ではなく相対的な評価として青山氏は述べたのではないでしょうか。

 よよげんさんの引用された「アンカー」では終盤、このような展開が紹介されていました。

>東京地検特捜部に乗り込んで、当時の首脳陣の1人に、その、政治資金規正法違反のような、形式犯だけでやるなと。
>やるなら本物の事件をやれっていうことと、自民党にもちゃんと捜査しろと、僕は言った時に、青山さん、そんなに怒るんだったら、その法律の不備を正すことを国民に呼びかけてくれませんかと。
>私たちには戦うべき武器がないって言われて僕はその時には、さらにこの辺から噴火して、国民のせいにすんなと言って怒ったんですけれども、しかし、全部を受け止めてみると、裁かれたのは小沢さんだけじゃなくて、今までの自民党時代からの日本政治の在り方ですから、私たちは小沢裁判が無罪であれ有罪であれ、学ぶべきものはたくさんあって、これから、やがて総選挙来る前に、選挙制度の改変も含めて、国民の声を、皆さんと一緒に挙げたいと思います。

 やや消極的ではありますが、検察の中にも自浄作用を働かせようとする勢力はあるのだと感じられます。
 腐敗しきっているわけではないと思いました。
 ここに、相対的にではありますが、世界でいちばんと評価される理由があるように思われます。


 *ここでいったん区切ります* 
Posted by 通りすがりの仮面ライダー at 2014年2月25日 01:48
 *つづきです*


>自衛艦と漁船の衝突についてですが、
>青山氏は自衛隊関係の仕事も多く、発言などからも自衛隊側に好意的だということは明らかです。(ここが違うといわれれば、見解の違い)
>>■亡くなった知り合いの船長の方を悪く言いたくない気持ちもあるだろう
>>■巨大な艦船、そして大きな組織である自衛隊の方が悪かったと思いたい(世間が自衛隊に厳しかった頃に大人になられてきた雰囲気もあった)
> などの様子から、その証言には一定のバイアスがかかっていると思われる。
>
>との発言からは、「漁船員の発言はバイアスがかかっている」といっているのです。
>それを言うなら、青山氏も自衛隊側のバイアスがかかっている。
>「バイアスがかかっている」という発言は、してはいけないと思います。
>「漁船員だけでなく自衛隊側にも話を聞いて〜」とだけ発言すればいいのです。
>バイアスがかかっている人間が「バイアスがかかっている」ということはおかしい!と言いたいのです。

 ううむ・・・すみません、ここには私は同意できません。
 釣り船の乗客にも、自衛官にも「バイアスがかかっている」のは当然だと私は思います。

 私たちの日常生活においても、例えばAさんとBさんが口論する・・・などということは往々にしてあります。
 その場合、当然、Aさんの話もBさんの話も聞いたうえで、対応を行います。
 当事者の一方だけの話を聞くのは良くない・・・などと言いますよね。
 それはAさん、Bさんそれぞれに言い分があったり、あるいはそれぞれにしか知り得ないこととか、これまでの経緯だとかで、同じものを同じようには見えていなかったり、聞いていなかったりすることがあるからです。
 バイアスとは先入観や偏見のことを意味しますが、トラブルがあった場合は、多かれ少なかれこういう要素が混入しているのではないでしょうか。
 実際にいろいろ話し合って、誤解が解けて、和解する・・・これが世の常であったりすると思うんです。
 これが交通事故ならば、こんな程度では済まないですよね。
 それがために損害保険会社などが存在して、警察も含め検証したり、折衝したりして、何とか事態を着地させていくわけです。

 ましてや自衛艦と釣り船がぶつかって死傷者が出たとなれば、自衛官だって動揺するでしょうし、民間人なら平静でいられるはずはありません。
 だから、両方にバイアスがかかっているのは当たり前だと思うのです。これはその方々を貶めている発言ではありません。人間なら誰だってそうなりますから。
 「バイアスがかかっている」ことを言い立てるのはおかしい・・・というご主張に同意できないのは、その点です。

 そもそも青山氏の論点は報道のあり方への異論であって、当事者双方を論難しているわけではありません。
 青山氏はその発言の中で、相当に釣り船の方を気を遣っておられます。
 「釣り船の方に非があったというのはまだぜんぜん早い」「生き残られた方を非難するわけではなく」「印象だけの話であるが記者としての経験から言えば」「亡くなった知り合いの船長の方を悪く言いたくない気持ちもある」「それは人として自然な姿であるし、当事者証言としてはどうしてもそうなる」など。
 これを、もしかしたらよよげんさんは、彼らにはバイアスがかかっているのだ、ということへの強調として受け止められたのではないか・・・という気もしています。
 ここも「国語感覚の差異」かも知れませんし、これまでの意見の突き合わせからしても、同じ安倍首相の答弁、青山氏の言葉が、それぞれ「思想・哲学」など依拠するものによってこうも違って受け止められるものかと実感しています。


>以上ですが、青山氏の思想・哲学には何も文句はないのですが、発言の整合性の無さに疑問を感じ、胡散臭く見えるのっです。

 青山氏の発言に対し、よよげんさんが異論を感じることは、ご自身の考え方として尊重します。
 ただ、僭越ながらひとつ意見させてください。
 よよげんさんの書き込みの中には、「化けの皮がはがれてくる」「ペテン師」「胡散臭く」など、すみません、受け取り難い刺々した言葉が並んでおり、平静な議論を行ううえにおいては気持ちの良いものではありませんでした。
 お互いに顔を合わせるわけではないネット上の議論だからこそ、ひとつひとつの言葉をお互いが大事にしないといけないと思います。
 それはコメントを交わし合う読者同士のみならず、そこで取り上げる著名人に対してもそうだと考えます。
 批判は構わないのです。それが事実に基づくものであれば、青山氏のここに異論があると述べていただく自由を誰も否定はできないでしょう。
 ただし辛辣な批判と、刺々しい言葉とは別物ではないでしょうか。
 ・・・差し出口を申し上げたかも知れません。たいへん失礼いたしました。

 今回は、よよげんさんにも相当な時間を割いていただいたとは思いますが、平静に事実を突き合わせて意見交換するということで、個人的にはたいへん勉強になったと思っています。ありがとうございました。
Posted by 通りすがりの仮面ライダー at 2014年2月25日 01:50
>プラモデル工作員すだちさん。

 たいへん失礼な物言いになり、誠に恐縮なのですが、少し聞いてください。

>海上自衛艦「おおすみ」と釣り船の衝突事故について、2014年1月16日の「ザ・ボイス そこまで言うか!」を聞いてみました。青山氏、無茶苦茶言ってますね。
>
>「海上自衛隊と釣り船の双方の話しを聞けないのならメディアは記事を書くな。」
>
>海上自衛隊の関係者はおいそれと発言出来るわけが無いに決まってるでしょう。これは海上自衛隊に肩入れした発言以外のなにものでも無い。
>青山氏は自身が「いちばん悪質」という「表明しない振りをして、実際はある方向に視聴者や国民を誘導しようとすること」を地で行ってます。悪質極まりない。.

 貴方はまるでいきなりアクセルを踏み込むかのような書き込みをよくなさるようです。
 しかしそれはとても危ういことだと私は考えます。

 上述の貴方の書き込みですが、「海上自衛隊の関係者はおいそれと発言できない」→「海上自衛隊に肩入れした発言以外のなにものでも無い」というのは、論理が飛躍しています。
 私の放送をまとめた書き込みにも、「きちんと海難審判を待つべき」と青山氏の発言を引いてあります。
 すなわち、取材できない、発言を取れないのならば、その機会を待って報道するのが公正な方法だという指摘なのです。
 それが「海上自衛隊に肩入れした発言」ではないこと、報道のあり方への指摘、当事者に対する目線、AさんとBさんのトラブルに置き換えた用例など、私の方でそれ以後にもいろいろ書いているコメントがありますので、詳細はそちらを見てください。
 いずれにせよ、きちんと放送を聴いていただければ、「〜の発言以外のなにものでも無い」「ある方向に視聴者や国民を誘導しようとする」「悪質極まりない」といった飛躍した表現にはならないと思います。

 よよげんさんと私の意見交換も、この項目の中に並んでいます。
 お互いに事実を調べ、それを突き合わせて平静に意見交換しています。
 時間が相当かかります。労力だってかかります。
 でもこれが、本来あるべき議論の姿ではないでしょうか。
 当該のラジオを聴いて、吟味することなく(車で言えば左右を確認することなく)、いきなりご自身の意見を乱暴に満天下に訴えかける(いきなりアクセルを踏み込む)・・・それが果たして建設的な議論になるのでしょうか。
 ご自身の満足の域を出ないのではないでしょうか。
 貴方はこのブログの管理者なのでしょう。それで良いのでしょうか。

 この項目でまで書くことは慎みたいと思っていましたが、その早合点でゴーストライター説の重大な過誤を生じてしまったではないですか。

 とにかく平静なご意見の主張と、読み手にとって刺々しい印象を抱かないお言葉をお願いします。
 失礼いたしました。
Posted by 通りすがりの仮面ライダー at 2014年2月25日 02:09

■トリチウムの危険性ですって? バカも休み休み言えって感じです

よよげんさんへ1

貴殿もプラモデル工作員すだちさん同様、卑怯な印象操作がお好きなようですね。

なになに「青山氏の化けの皮がはがれてくるのが手に取るように理解できる」ですと?
貴殿も笑わせてくれますね。いや、これは戯言であっても迷惑です。

特にトリチウムに関するよよげんさんの非科学的な誘導は極めて悪質であり、風評被害どころか福島の被災者や漁業関係者をはじめとする多くの方々の生活を脅かし兼ねない許しがたい書き込みです。
こういう大嘘は、子供の教育にもよくありません。

よって、私が責任を持って「貴殿の化けの皮」をこそ剥がしてあげますから、長くなりますが最後までお付き合いください。

>海外でも流しているのは確かですが、トリチウムの危険性を専門家でもないくせに
「安全」とも取れる発言は疑問です。

ほほう、「安全」とも取れる発言は疑問ですか。
はて、トリチウムの危険性とな?

青山氏は、科学的根拠に基づいて極めて公平に発言しているだけなんですが、それのどこが疑問なのでしょうか?
どう視ても聴いても、安倍政権のだめな部分とも真正面から向き合った「正論」でしょう。

青山氏は、2014年2月20日放送の「ザ・ボイスそこまで言うか!」で、
「福島第一原発のタンクから汚染水100トンが流出」との報道を受け、以下のように発言しています(主旨)。

・なぜ同じことを繰り返すかと言えば、溜めてるだけだから溢れる(という単純な問題)。
・安倍政権が総理以下、溜まったものをどうするか決めずに処理しないからこうなる。
・元々はほぼ汚染されていない自然状態に近い雨水や地下水が汚染水にされていくから増える。
・それすらも出すなというから、海に流すことも蒸発させることもできない。
・これでは(汚染水にされていく水が)どんどん増えていくだけ。
・こういう(溜めるだけという)同じことを繰り返すから、いくらタンクを作っても溢れる。
・これは原子力技術の問題ではない(それ以前の問題)。
・(多核種除去設備のALPS(トリチウムを除く62種の放射性物質の除去が可能)などで)汚染物質を除去し、最後に残るのはトリチウムだが、例えばフランスのラ・アーグ(再処理工場)だと1年間に1京(ベクレル)を超えて海(ドーバー海峡など)に放出されている。
・しかし、ロンドン市民の喉元(ドーバー海峡)みたいなところに放出されても、英国はもちろん、世界のどこからも文句はきていない。
・トリチウムは水の中に自然に存在する物質であり、福島第一原発では東電の発表によると、2年間で40兆ベクレル(2年3カ月で20兆から40兆ベクレル)のトリチウムが出た。
・ラ・アーグは1年で1京ベクレルを超えるトリチウムを海に出し、福島第一原発は2年強で(最大で)40兆ベクレル出した(註:ラ・アーグは通常時でも事故を起こした福島第一原発の約55倍-110倍程度のトリチウムを毎年1年間で放出していることになる)。
・トリチウムだけになったら、海に放出すべき(註:そうしなければ他の核種に汚染された水が溢れることになる)。
・安倍総理には、このことを何度も進言した。
・安倍総理が決断しなければダメ。

※青山氏は2012年9月18日放送のアンカー(関西テレビ)でも上記に関する発言をしており、もう少し詳細な部分まで触れています。
「例えば、トリチウムだけになったからもう調べなくていいというわけではなく、それにも基準があり、日本の基準だと、1リットルあたり6万ベクレルと決まっている」
と説明しています。
これは、通りすがりの仮面ライダー氏が小出裕章氏のブログからの引用ということで紹介された当該部分と一致しますね。但し、小出氏が指摘するような「生命体にとって大きな驚異になる」などということは考えにくいですね(すべての生命体とは書いていますが、人類に影響があるとは思えません)。

これ(トリチウムを海水に放出する際の6万Bq/L以下という基準)については、「原子力実務六法」の「実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則の規定に基づく線量限度等を定める告示」の九条の別表に記されていますので、よよげんさんもご覧になってみてください。

というわけで、青山氏の上記の発言は、全く以て公平な正論です。
いいですか、よよげんさん。
人体への影響が極めて小さいトリチウムを(もちろん管理の上)放出しなければ、他のトリチウムよりも遥かに人体に深刻な影響を与える放射性核種が(結果的に)タンクから流出してしまう可能性がどんどん高まっていくんですよ。

以下、よよげんさんへの質問は、プラモデル工作員すだちさんへの質問との混同を避ける為、質問の後に貴殿の頭文字のYをつけさせていただきます。

質問Y1
貴殿の仰るトリチウムの危険性とは具体的にはどのようなことを指しますか?
科学的根拠に基づいてご回答ください。
トリチウムは危険だから放出しないとする貴殿は、いったいどのような有効且つ安全な対案をお持ちですか?

普通は、ここまでで納得するものですが、よよげんさんは青山氏を不当に貶めるのが目的でしょうから、僭越ながら私から敢えて詳細に説明し、貴殿の印象操作を粉砕して差し上げましょう。

質問Y2
青山氏を「無責任」であると断じる根拠は何ですか?
また「(青山氏の)正体が見えてくる」とのことですが、どのような正体が如何なる根拠に基づいて見えてくるのですか?

無責任なのはよよげんさんの方であることを、科学的根拠に基づいて私からお示ししましょう。

まさか、まさか、「無責任」だの「疑問」だの「正体が見える」だのと仰っている根拠とやらが、貴殿が紹介した40年前の朝日新聞の素人記者が書いた記事じゃあないでしょうね?
まさかね?
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7319100.html

この記事を書いた記者の科学的知見を疑いますが、40年前ということで少しは大目に見てあげましょうか(笑)。
この記事を拡散している三原某なる人物も相当な放射脳っぷりを発揮してますが、よよげんさんもこんな輩の餌食になっておいでか(笑)。いや、利用してるだけかな。

問題なのは、よよげんさん、この手の記事を悪用した貴殿の卑怯な印象操作ですよ。それに決定的に基礎知識が不足しています。

他人を(ブログコメント欄という不特定多数の人間が閲覧可能な)公の場で非難する以上、貴殿にも一定以上の知見と公平性が求められることは当然お分かりですよね。
知りませんでした、調べていませんでしたでは済まされません。

知識不足、能力不足のまま他人を誹謗中傷するブログなど始めると、プラモデル工作員すだちさんのように大馬鹿ぶりを晒すことになるのです。

見てくださいよ。プラモデル工作員すだちさんのこのザマを。

青山氏の著作にはゴーストライターが関わっているだの、ペテン師だのと散々攻撃した挙句、こちらが反証を挙げた上で正面から反論すると、まともな回答一つもできない有り様。話をすり替え、逃げてばかり。プラモデル工作員すだちさんが、なんとも情けない惨めな状態になっているのはご存知の通りです。

質問Y3
この、プラモデル工作員すだちさんの情けない状態をどう思いますか?

よよげんさんも「科学的なことはよく分からないけど、トリチウムが危険でないと100%断言できないんだから青山氏はおかしい」だのとブザマな姿を晒さないでくださいね。
まずは、このトリチウム関連で徹底的に議論しましょう。

さて、見落としてはいけないのは、この「朝日新聞の記事にある」実験があくまで『ex vivo(生体外)』の段階のものであるということです(ex vivoとかin vitro、in vivoという基本的な用語をもしもご存知なければご自分でお調べください)。
http://livedoor.blogimg.jp/home_make-toaru/imgs/d/9/d965c36d.jpg

この記事にはざっとしか書かれていませんが、これは「末梢血の細胞をトリチウム水(HTO)の中で培養し、リンパ球を観察するという細胞レベルでの実験」です。

Posted by 隼脩二 at 2014年2月25日 04:36


■トリチウムの危険性ですって? バカも休み休み言えって感じです

よよげんさんへ2

質問Y4
従って、特殊な条件下での「ex vivo」の実験に過ぎず、生物実験でないばかりか、染色体内のDNAに直接トリチウムが「当たっている」状態ですらないことをご存知でしたか?

質問Y5
よよげんさんは「疫学的調査」を踏まえなければ、放射線が人体に及ぼす影響云々が言えないことはご存知ですか?

質問Y6
生物実験はおろか、『疫学的調査を経てない細胞レベル』の実験について書いてあるこの記事を根拠に「トリチウムが危険」と、なぜ主張できるのでしょうか?

>海外でも流しているのは確かですが、トリチウムの危険性を専門家でもないくせに
「安全」とも取れる発言は疑問です。

「海外でも流しているのは確かですが」と、一応保険はかけてあるものの、よくもまあ、こんな的外れなことが書けるものです。
青山氏が原子力防護の専門家として、トリチウムのことを知らないとでも思っているのですか。

更に貴殿にとって不都合な真実を書いていきましょう。
この煽り記事の問題点はまだあります。、
これも基本中の基本ですが、線量を表記する場合には、必ず時間も示さねばなりません。

質問Y7
毎時○○マイクロシーベルト(μSv/h)と記すのはその為ですが、この記事の単位に時間項がないことが問題であることに気づいていましたか?

尻切れトンボになっているとはいえ、当該記事には、
「トリチウム水の濃度が1ccあたり0.01マイクロキュリー以下では,染色体異常が見つかった細胞のひん度は普通(4ー5%)と変わりがなく,それ以上5マイクロキュリーまでは染色体異常のひん」
と書いてあるだけで、放射線量が毎時なのか毎分なのかさっぱり分からない状況です。
まあ、この記者に基本的な知識がないからこうなっているのでしょうが、それを悪用する輩はもっとマヌケですよね。

質問Y8
それから、これも科学的常識ですが、「染色体異常=発がん率アップ」ではないことは知っていましたか?

普通に「染色体異常」とか聞くと、すわ「がんになるのか」と思いがちですが、勿論そんなことはありません。

よよげんさんのように、非科学的に「煽る」こと&青山氏への「不当な攻撃」が目的の人物には好都合なワードでしょうが(笑)。

ついでに付記しておいてあげます。自然放射線の高い地域(福島なんかよりも遥かに線量の高い場所は世界にたくさんありますよね)などで染色体異常が見つかる例もありますが、(疫学的に)発がん率が高くなっているデータは一切ありません。

さすがに以下の基本事項はご存知だとは思いますが、一応書いておいてあげましょう。

・1マイクロキュリー(μCi)=37,000ベクレル(Bq)
・トリチウムの半減期=約12.3年

トリチウムとは
■トリチウムは半減期12.3年の水素の放射性物質。極めて弱いエネルギーの放射線(ベータ線)を放出する。
海水中に水として存在することから、人体や魚介類等の生物に摂取されても速やかに排出され、基本的に蓄積しない。
トリチウムには自然由来のものもあり、飲料水にも微量に含まれている。
※WHOの飲料水水質ガイドライン(第4版)では、飲料水に含まれるトリチウムの指標(ガイダンスレベル)は10,000Bq/L。

■トリチウムの生体に与える影響は、食品中の放射性物質の基準として設定されている放射性セシウムより極めて小さく約1000分の1。
仮に、10,000Bq/Lのトリチウムを含む飲料水を1リットル飲んだ場合に受ける放射線量は0.00018mSv(実効線量係数)。

■これまで東京電力福島第一原子力発電所周辺海域で行われている海水の測定結果を見る限り、市場に流通している水産物について、トリチウムの影響を懸念する必要はない(引き続き現在も海水中の放射性物質を専門機関がモニタリング中)。

さてさて、問題の記事中には、
「トリチウム水の濃度が1ccあたり0.01マイクロキュリー以下では,染色体異常が見つかった細胞のひん度は普通(4ー5%)と変わりがなく,それ以上5マイクロキュリーまでは染色体異常のひん…」
とあります。

※単位を現代の国際単位系に統一します。

1ccあたり5マイクロキュリー=185,000ベクレル

1リットルあたりにすると、1億8,500万ベクレル

つまり、原発から放出しても良いとされる基準値の上限が1リットルあたり6万ベクレルですから、この細胞レベルの実験では、基準値の3083倍もの放射能を有するトリチウム水に末梢血の細胞を浸したということです。
しかも、浸していた時間が分からないというお粗末ぶり(仮に見えていない部分に書かれていたとしても、見えない段階で危険云々を判断するのは軽率過ぎます)。

1リットルあたり60,000ベクレルという基準も、あくまで放出口での最高濃度であり、海に放出されれば、すぐにものすごい勢いで希釈されていきます。

だからこそ、海水のモニタリング値は、いつも検出限界値未満になるのです。
しかも、福島第一原発の放水口付近ですら全く問題のない値(直近データでは検出限界値未満)で推移しています。
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2014/images/seawater_map-j.pdf

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_130624_08-j.pdf#search=%27%E6%B5%B7%E6%B0%B4%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E6%BF%83%E5%BA%A6%27

従って、40年前のこの細胞レベルの実験結果と、世界中の原発が海にトリチウムを放出していることとを単純に比較することはナンセンス以下なのです。

分かりましたか?よよげんさん。

無駄な印象操作はやめなさい。

繰り返しますが、WHOの飲料水水質ガイドライン(第4版)では、飲料水に含まれるトリチウムの指標(ガイダンスレベル)は1リットルあたり10,000ベクレルですよ。

なぜなら、これも繰り返しになりますが、トリチウムの生体に与える影響は、食品中の放射性物質の基準として設定されている放射性セシウムより極めて小さく、約1,000分の1だからです。

トリチウムよりも人体に約1,000倍影響があるとされる放射性セシウムだって、実は1リットルあたり1,000ベクレル程度含まれているからといって、実は全く問題ないのです。
例えば、1リットルあたり1,000ベクレル(セシウム137換算)の水を毎日1リットル、1年間飲み続けても、預託実効線量(成人で50年間の被ばく量を積算した値)は僅かに0.13ミリシーベルト(130マイクロシーベルト)。50年間でですよ。
これは食事から被曝する線量(1年間)よりも小さな値です。
http://iss.jaxa.jp/med/research/radiation/

もう一回言いますが、トリチウムが生体に与える影響は更にこの1000分の1なのです。

まあ、以下のサイトも参考にしてみてください。
貴殿が根拠とする(まるで頼りにならない)記事中にある放射線医学総合研究所のサイトもご紹介しておきましょう。

トリチウムの放出が如何に問題ないか、よくご理解いただけると思います。
http://www.nirs.go.jp/information/qa/qa.php
http://www.kaiseiken.or.jp/study/lib/news119kaisetu.pdf

質問Y9
これでも、「青山氏の化けの皮がはがれてくるのが手に取るように理解でき、トリチウムの危険性を専門家でもないくせに「安全」とも取れる発言は疑問である」と言えますか?


Posted by 隼脩二 at 2014年2月25日 04:41

よよげんさんへ3

さて、次は小沢裁判の件です。

>小沢裁判のときも、「世界一公正公平な日本の司法」と言ってたのに、無罪判決がでると文句を付けていました。

これも事実に反します。
確かに青山氏は日本の司法の独立性を高く評価していますが、常に是々非々で対応しています。

例えば、小沢裁判に関連して、青山氏は以下のような発言をしています。
墨田区向島の料亭で、ある法務省エリート課長(その後トップクラスにまで上り詰めた後退官)を小沢さんのグループが接待していた件(小沢さんによる検察を取り込む策略が何年も前から行われていた証拠のひとつ)が当時の「ぶったま(09年3月7日:関西テレビ)」で詳しく解説されています。

青山氏が、小沢さんに接待を受けていた課長(法務本省の課長で元検事のスーパーエリートで必ずトップまでいくと言われていた)と1対1で会った時のこと。

当時、青山氏は共同通信政治部・法務検察担当記者でした。

そのスーパーエリート課長に青山氏が「あなたは何月何日何時何分から何時何分まで、向島の料亭で芸者つきの接待を受けて、あなたはお金を払わずに帰りましたね」と詰め寄ったところ、その課長が“お茶を取ろうとした時に手が震えて”お茶を取れない状況だったとのことです。これの意味するところは明白です。

青山氏はこの課長に、更に続けて詰め寄ります。
「おかしいことだとは思うが、すぐに法律に触れることではないので記事にはしない。しかし、あなたは何のために小沢さんがあなたを接待するのか、検事のあなたならお分かりでしょう?小沢さんの親分であった田中角栄さんが東京地検特捜部に逮捕されたから、今後、田中派、竹下派といった金権政治をやってきたグループは法務、検察庁を抑えないとまたやられるかもしれないと思っている。だから、あなたを接待づけにして取り込もうとしている。それが目的だと検事のあなたにはわかるでしょう。

(青山氏は)だから生涯このようなことは止めていただきたいと課長に言ったが、その課長は小沢さんの力添えもあってトップまで上り詰めた。小沢さんが、起訴なんかできないぞ(当時の大久保元公設秘書に対して)と言えば、それなりに反応する検察OBもいる」という解説をされていました。
もちろん、この後の解説でも青山氏は検察に対して、「公平性を保つように」としっかり注文をつけていました。

同年1月20日のアンカーでも、
「なぜ小沢さんはそもそも検察にそうやって内通者を養ってこなきゃいけなかったのか。たとえば検事に対する小沢さん側の接待が過去とはいえあったわけです。悪いことをしていなければ、この日本では、何も恐れるものはない(つまり内通者を養う必要などない)」という主旨の解説がありました。

「悪いことをしていなければ、この日本では何も恐れるものはないはず」というのはそういう意味です。

また、青山氏はその後、同年5月までの間に東京地検特捜部に単独で乗り込み、検察首脳と当時の西松事件の件で「ガチンコ」の言い合いもしています(詳細は09年5月13日放送のアンカーをご確認ください)。

質問Y10
青山氏は、以上のように検察に対しても是々非々で臨んでいますが、「小沢裁判で無罪判決がでると文句を付けていた」という発言の根拠は何ですか?

今確認したところ、集団的自衛権や海自の揚陸艦「おおすみ」と釣り船との衝突事故に関する案件は他の方が丁寧に対応されていますし、今回は時間がなくなったのでこちらは他日にします。
それにしても、他の方とのやり取りを見ても、貴殿は相変わらず悪質な印象操作、すり替えをしていますね。

でもその前に、まずは上記の質問Y1-10までの回答をお待ちしています。



ついでに、またしても、すっとこどっこいが出てきているので、質しておきましょう。

ちいほさん

※Cはちいほさんの頭文字です。

質問C1
>青山氏は世間をミスリードし、亡国の手助けをする悪質な存在です。

その根拠とやらは何でしょうか?
具体的事例を分かりやすくご提示ください。

>保守で、以前は青山氏に心酔していたという層の一部からも、青山氏に対する批判の動きをいくつか確認しております。

質問C2
具体的にどのような動きですか?
教えてください。

質問C3
>その視点から、青山氏に批判的なすだちさんの姿勢は支持しております。

批判的?
彼の一連の書き込みは批判にすらなっていません。
身から出た錆で、ここまでぐうの音も出ない状態になっている、プラモデル工作員すだちさんの、一体どういう姿勢を支持するんですか?

悪意だけはあるんだけど、書き手があまりにも無能である為、彼はもう完膚なきまでに叩き潰されてますよ。

そんなどうしようもない輩を支持しちゃって大丈夫ですかぁ(笑)。

ちいほさんは、プラモデル工作員すだちさんの、この非論理的で常に論点をすり替える姿勢の、どこをどう評価しているんでしょうか?

Posted by 隼脩二 at 2014年2月25日 04:48
通りすがりの仮面ライダーさん

海上自衛艦おおすみと釣り船の衝突事故について、自衛隊側(政府側)の見解としては、小野寺防衛相の「詳細は捜査を待ちたい」以上の発言は出るはずもないし、また出すべきでもないと思います。
それを持って「片方の証言しか得られないのなら記事を書くな」「分かりませんとだけ書け」というのが横暴だと言ってるんです。


隼脩二さん

>彼はもう完膚なきまでに叩き潰され…

なんのことかさっぱり分かりません。「質問1〜20に答えよ」等非常識なものは黙殺するのみです。


ちいほさん

>単純に、証拠不十分だと思います。

おっしゃる通り、「『ぼくらの祖国』にゴーストライターが関わっている」というのは確証のあるものではなく、私の推論に過ぎないものです。
ですがその推論以上に説得力のある説明が見い出せません。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年2月25日 17:58
プラモデル工作員さんはその名のとおり、せいぜいおうちに引きこもってプラモデルでもお作りになっているのがお似合いですね。

みなさん、こんなに理屈の通用しない人間も珍しいけど、相手にするだけ無駄ですよ。
頭の弱いかわいそうな人ですから。
Posted by ブルーシアター at 2014年2月25日 18:57
>プラモデル工作員すだちさん

>海上自衛艦おおすみと釣り船の衝突事故について、自衛隊側(政府側)の見解としては、小野寺防衛相の「詳細は捜査を待ちたい」以上の発言は出るはずもないし、また出すべきでもないと思います。
>それを持って「片方の証言しか得られないのなら記事を書くな」「分かりませんとだけ書け」というのが横暴だと言ってるんです。

 あの・・・これは揶揄だとか批判だとかそういうことではなくて、切々と申し上げたいのですが、私、もうそのあたりのこと、十分に上のコメントに意見を書いています。
 AさんとBさんの口論のくだりですとか、報道のあり方ですとか。そのひとつ前のコメントでも。
 いえ、自分のコメントを読んでいないのかなどと、傲慢なことを言うつもりはないんです。
 でも自分なりに、時間も手間もかけて書いたんです。
 既に書いてあることを、こういうご指摘をいただくのは、正直がっくり来ます。
 短く、答えます。ご理解ください。

 衝突事故が起こり、釣り船の乗客からは話が聞けても、自衛官からは容易に話が聞けないとします。
 この状態で一方の話だけを元に記事を書くとすれば、そこには予断が生じます。
 AさんとBさんのトラブルで言えば、一方の話にだけ耳を傾けるようなものです。欠席裁判になってしまいます。
 これでは公正な、真実の理解にはなりません。
 またそれを読んだ人々も、印象操作されてしまいます。
 メディアには、速報性も大事でしょう。
 しかし速くあれば、誤ったニュースを出して良いというわけではありません。
 それではただの風評流布に過ぎません。
 今わかる事実を懸命に調べて書くことが大切です。
 「裏を取る」という言葉があります。ある人の証言をただ鵜呑みにするのではなく、複数の人の証言を踏まえて整合性を確認したり、その他の事実や証拠を集めてそれが本当のことかを点検する作業です。
 ジャーナリストのみならず、大なり小なり、私たちの日常生活や普段の仕事にも、必要な要素です。
 それを疎かにし、一流新聞社がただ聞いてきたことのみを大々的に報道する姿勢であっていいのかという、真っ当な問題提起だと私は思います。
 そんなことをしていたらまるで、イエロージャーナリズムではありませんか。


>非常識なものは黙殺するのみです。

 これは横から失礼いたします。
 私は別項目における貴方の根拠なきゴーストライター説につき、常識的に指摘をさせていただいているのですが、その事実誤認に関する速やかな事後対応において黙殺されています。
 これはどういうことなのでしょうか。


>おっしゃる通り、「『ぼくらの祖国』にゴーストライターが関わっている」というのは確証のあるものではなく、私の推論に過ぎないものです。
>ですがその推論以上に説得力のある説明が見い出せません。

 これも横から失礼いたします。
 「確証のあるものではなく、私の推論に過ぎないもの」「その推論以上に説得力のある説明が見い出せません」・・・これを世の中では「思い込み」と言うのです。
 そしてその「確証のあるものではなく、私の推論に過ぎないもの」を公の場でみだりに吹聴することを、「流言飛語」と言います。
 根拠ない噂、デマを誰ともなく伝えることを意味します。
 今日的な言い方をすれば、それは「風評被害」ではないでしょうか。
 貴方は、「風評被害」推進のお立場なのですか。
Posted by 通りすがりの仮面ライダー at 2014年2月25日 23:59
海上自衛隊側(政府側)が語らないのは海上自衛隊の勝手であって欠席裁判には当たらない。
「公平に」「フェアーに」を口癖のように言う青山氏が全然フェアーではないから批判されてるんです。

>私は別項目における貴方の根拠なきゴーストライター説につき、常識的に指摘をさせていただいているのですが、その事実誤認に関する速やかな事後対応において黙殺されています。

根拠はあるし対応する必要を認めないものには対応しません。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年2月26日 07:36



このブログをお読みのすべての皆さんへ

当該ブログ管理人の「プラモデル工作員すだち」氏は、特に以下のエントリーで、青山繁晴氏を何の根拠もなく誹謗中傷しています。
もちろん彼の主張は、単なる思い込みや捏造、意図的な印象操作によるものであり、徹頭徹尾間違っています。

■『ぼくらの祖国』にはゴーストライターが関わっている。反論があればどうぞ、青山繁晴さん
http://pagent.seesaa.net/article/381051067.html?reload=2014-02-13T05:54:06

■愛国を芸風として利用するペテン師・青山繁晴
http://pagent.seesaa.net/article/377780562.html#comment

■青山繁晴氏「ゴーストライター」について語る
http://pagent.seesaa.net/article/381145563.html

「プラモデル工作員すだち」氏は、これまで、こちらからの問いかけに対し、無視か論点のすり替えに終始するのみであり、極めて卑怯且つ誠意のない対応しかしていません。

極め付きは2014年02月26日 07:36に書かれた以下の書き込みです。

>根拠はあるし対応する必要を認めないものには対応しません。

根拠はあると書きながら、合理的な反論は全くなし。
そして、「第三者を自分の思い込みだけで誹謗中傷」しておきながら、その根拠のなさを合理的に否定されると、今度は「対応する必要を認めないものには対応しません」とだけ回答してくる。

上記3つのエントリーの目的は、「根拠如何にかかわらず、青山繁晴氏を不当に貶めること」であると断定できます。

これは「プラモデル工作員すだち」氏とまともな議論が一切できないことの何よりの証です。

「プラモデル工作員すだち」氏はご自分の恥を満天下に晒していることに気づいていない、或いは気づかないふりをしているのでしょうが、良識ある方には、彼が「思い込み・妄想・悪意・非論理・醜い自己保身」のみで行動していることがお分かりになると思います。



Posted by 隼脩二 at 2014年2月26日 13:07
>海上自衛隊側(政府側)が語らないのは海上自衛隊の勝手であって欠席裁判には当たらない。

 「勝手」ではありません。
 海難事故を、その審判も待たずにぺらぺら喋り歩いている方が、自衛隊としておかしいでしょう。
 小野寺大臣は「海上保安庁の捜査に全面的に協力したい」と事故当日から言っています。
 マスコミに一方の側の意見をただ述べるよりも、公的機関の捜査に全面協力し事実を明らかにする・・・この対応の方が当然であり、公正です。
 

>「公平に」「フェアーに」を口癖のように言う青山氏が全然フェアーではないから批判されてるんです。

 一方の意見だけを採用し、それに基づく憶測だけを載せ続けたマスコミの姿がこうです。
 http://matome.naver.jp/odai/2138987464471215601

 マスコミの方がまったくフェアでなかったのではないでしょうか。

 もっとも貴方自身も根拠なく人を疑い、ゴーストライター説の風評を流していらっしゃいますから、誰かのフェアネス(公正さ)を云々する資格がないのですが。


>>私は別項目における貴方の根拠なきゴーストライター説につき、常識的に指摘をさせていただいているのですが、その事実誤認に関する速やかな事後対応において黙殺されています。

>根拠はあるし対応する必要を認めないものには対応しません。

 その「根拠」を早く示してください。
 「根拠」なく勝手に決めつけているとすれば、それはただの妄想です。
 ご自身の「妄想」ならば、他人に迷惑のかからない形で行ってください。
 貴方の「妄想」で著作物を勝手にゴーストライターの作だと断じられた著者と出版社は、とんでもない迷惑です。
 人に迷惑をかけながら謝ることも、訂正することも「必要を認めない」とは、ずいぶんと傲慢ではありませんか。
 間違ったら訂正する。それでいいじゃありませんか。どうしてそれがおできにならないのですか。
Posted by 通りすがりの仮面ライダー at 2014年2月26日 23:19
通りすがりの仮面ライダーへ

どうも、言葉が足りないのか文章能力がなかったようですのでもう一度。

まず、立憲主義にです。

今まで、内閣が決めたい法案や憲法解釈などを法制局が審査して、憲法に沿ったものかという判断をし、その後、立法府である国会で審議するという手順を踏むことがなされてきました。
その法制局が、集団的自衛権を認めないという判断をしてきています。
それは、内閣法制局が「集団的自衛権は、日本国憲法に沿ってはいない」といっているという事です。要するに「法制局が反対してるけれど国会で審議してみよう」という事が立憲主義に反していると考えます。
また、集団的自衛権とは、「同盟国が海外で戦争している場合などに戦闘行為ができる」という事なので憲法9条の「戦争の放棄」「交戦権の否認」などにもそぐわないので、やはりここでも立憲主義に反していると考えます。
昨日のTBSラジオsession22では、集団的自衛権を認める憲法学者はほとんどいないし、政府の過去の見解も認めていないということです。

ということで、「三権分立」以前の問題だと考えます。
もちろん、憲法解釈うんぬんや宮崎哲也氏の考えも踏まえれば、違う意見も出てくるでしょう。

それはそれですが、私が言いたいことは「青山氏の整合性のなさ」についてです。

まず、青山氏はラジオで
青@「立憲主義を総理が否定したって、たくさん新聞書いてて、それにのっかるテレビ評論    家・コメンテーターも、それを言ってるけど、あなたは憲法どこまでご存知ですか?」

ここまでで、立憲主義について解説してくれるのか?となり、次に

青A「まず根幹から行きましょう。集団的自衛権について今まで内閣法制局がどういってきた   か。内閣法制局は、国際法上認められるが、日本国憲法では認められない」

青B「つまり、日本国憲法と国際法と合致しないと言っている。国際法に合致しない日本国憲   法でいいんっですか?」

ここで議論の巧妙なすり替えがなされるのです。
これこれで立憲主義には反していないよ!と説明すると思いきや、青山氏自身が日本国憲法を否定し、「日本国憲法は国際法上おかしいんだ」と言っているのです。
特に、青@の「どこまで憲法をご存知ですか」というところです。
青@の発言なしで、青A青Bの発言だけなら整合性があるのです。

青C「単独で守れない時代、グループで守らなければいけない。であり、その一つが国連であ   り、その一つのあり方が二国間の安全保障条約です」

青D「自分がやばいときは守ってもらうけど、他人がやばいときはい守りにいきませんという   事はダメでしょ〜というのが国連でもそうだし、国連憲章にそのことが盛り込まれてい   る」

青C青Dの発言は、「日本も国連に合わせようよ」との事だと理解しますがいかがですか?

そこで、(http://www.youtube.com/watch?v=1H0LEvbeA1c)ボイスの2:50〜ですが。
ここで、青山氏がなんと言っているか!
青E「日本だと国際機関だとなんでも中立できよらかってイメージありますけど全然違いま    す。国連をはじめとして(全然違う)それも敗戦後の思い込みなんです。戦争に勝った   国側に都合よく作られている今の国連を筆頭とする国際機関なんですから。」

このように発言してるのですよ。
どう考えても、青CDの発言と青Eの発言の整合性はありません。

いったん切ります。
Posted by よよげん at 2014年2月26日 23:36
>通りすがりの仮面ライダーへ

 呼び捨てですか・・・。
Posted by 通りすがりの仮面ライダー at 2014年2月27日 00:12
通りすがりの仮面ライダー様へ

先ほどは「様」が抜けてましまいました。失礼しました。
また、発言部分の改行が変になってしまい読みづらいかと思いますが、ご勘弁を!

>青山氏の原子力についての肩書きは、既に退任はされていますが、内閣府の原子力委員会原子>力防護(核セキュリティ)専門部会専門委員でした(平成18年〜23年)。
> 核セキュリティというものは、ご指摘されたテロ対策も含まれますが、核物質や放射性物質の(意図的)拡散の防護も含まれているようです。

この部分ですが、青山氏は一般的な国民よりは知識があるとは思いますが、放射線による人体への影響については小出氏のように放射線に関する著書があったり、長年専門で研究などしてきた方の意見を尊重するというのが常識だと思います。
青山氏は放射線が人体に与える影響に関して何処で学んだのかさえ不明だし、そんな知識は一般の少し勉強したような人に毛がはえたようなものだと思っています。

また、尻切れの記事が納得いかないようですが、古くても現在もつづいている学会で、あの記事内容を訂正したこともありません。

こういった危険性を訴える専門家も安全だという専門家もいるようですが、青山氏自身が「専門家のはしくれ」というように「はしくれ」でしかない人間が安全だと語るのにはそれなりの文献的なものが必要だと考えます。

小沢裁判について

>私が引用したところの「世界の中でも日本の司法がその独立性においていちばん信用できる」

「だから日本の司法は信用っできる」と青山氏は言いたいのではと思いますがいかがでしょうか?

そして、ぼやきくっくり様のhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1186.html
を通して読んでも、青山氏は小沢裁判の判決に納得がいっていないのが見え見えです。
それでは、日本の司法は信用できる!との発言との整合性はどうなるのでしょう?

自衛艦と漁船の衝突についても

@漁船員の話はバイアスがかかっている。
A青山氏も自衛隊と関係が深いのでバイアスがかかっている。

ここまではよろしいですか?

自衛隊と関係が深く自衛隊寄りにバイアスがかかってしまう青山氏が漁船員の方の話に「バイアスがかかっている」と文句をつけることは、いけませんよ!と言いたいのです。

以上です。











Posted by よよげん at 2014年2月27日 00:34
隼脩二 様へ

質問Y1〜Y9までですが、

トリチウムが危険だとか危険じゃないとかの議論は専門家に任せればいいのではないですか?
わたしは専門家ではありませんので、そういった知識はありませんので。
私の上げた記事に文句があるのであれば、放射線医学研究所に言ってください。

私は、青山氏が専門家ではないのに安全性を語るのはおかしい!と言っているだけです。
そこで、危険性をうったえる報告もあるのです!と付け加えただけですから。

質問Y10に関してもそうですが、「通りすがりのか面ライダー」様への返信をお読みください。



Posted by よよげん at 2014年2月27日 00:51


■だから、あなた方はどうしようもないくらい心が醜く、そして情けないんです

よよげんさん

たわけたことを仰いますね。
貴殿も、プラモデル工作員すだちさんに負けず劣らず卑怯な人物であることがよく分かりました。

貴殿はもう一度、鏡でご自分の醜い姿(つまりは貴殿の醜い心が滲み出た文章)をよーくご覧になってください。

では早速、貴殿の卑怯なやり口を視ながら具体的に検証していきましょう。

まず、貴殿はトリチウムが危険であると誘導しているのと同じです。

更には青山氏を理系でないというだけの理由で、勝手に専門家でないと断定し、その発言に「科学的根拠も示さないまま」疑問を呈しています。

ご丁寧に、トリチウムが如何に危険であるかと鬼の首を取ったように書きたてる「非科学的な」ブログのURLまで貼って、「ほら、トリチウムはこんなにも危険なんだよ」と嘘の「危険性」を煽る念の入れようです。

これを汚い印象操作と呼ばずして何と呼ぶのでしょうか。

質問Y11
以下の1-14をよくお読みになった上で、貴殿の弁明なるものをお聞かせください。

>私も、青山氏を愛国者だと思ってましたし、私自信も愛国者だと思います。

1→つまり、以前は青山氏を愛国者だと思っていたが、今は違うということです。
2→まずは、青山氏は愛国者なんかじゃないぞと印象付ける。つかみはオッケーですね。

>しかし、ある時期を過ぎると、青山氏の化けの皮がはがれてくるのが手に取るように理解
できるのです。

3→これはそのまんまですね。青山氏が化けの皮をかぶっていて、正体を隠しているとんでもない輩だと印象付けていますね。

4→その化けの皮を「オレがよーく分かるようにはがしてやった」と、こう仰っています。

>最近では、昨日のラジオ・ボイスでは、「トリチウムを海に流せ」と。

5→この化けの皮をかぶった愛国者でもない輩が、「トリチウムを海に流せ」とまるで命令するように言っていると、こうなります。

>海外でも流しているのは確かですが、

6→ここで一応、「海外でも流してはいるんだけどね」と公平さを装い、後から非難されないように保険をかけるわけです。
いいですか。トリチウムの(人体への)危険性は無視できるほどに極めて小さいから、全世界の原子力施設で福島第一原発が放出した総量を遥かに上回るトリチウムを毎年海に放出していることは既述の通りです。

>トリチウムの危険性を専門家でもないくせに「安全」とも取れる発言は疑問です。

7→青山氏は愛国者でもない化けの皮をかぶった輩である。そいつは専門家ですらない。こんなにも信用できない(とんでもない)輩が、トリチウムは「安全」とも取れる発言をしている。だから、トリチウムは危険だという印象を植え付けようとしています。

>しかも、このような研究報告もあります。
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7319100.html

8→青山氏は胡散臭い人物であるというイメージが醸成されたところで、、そんな輩が「トリチウムは安全とも取れる発言をしているんだぜ」と読者を誘導。そして、絶妙なタイミングで「トリチウムの危険性」を煽っているブログエントリー(実は非科学的で何の価値もない内容)を紹介。

「ほら、トリチウムはこんなにも危険なんだよ」と嘘の「危険性」を煽る念の入れようです。

>無責任ですね。

9→散々、青山氏を不当に貶め、「トリチウムは危険らしい」と思わせたところで、トドメの一言「無責任ですね」。見事な印象操作です。

ここまで、酷い誘導をしておきながら、よくもまあ以下のことが書けますね。

>トリチウムが危険だとか危険じゃないとかの議論は専門家に任せればいいのではないですか?
>わたしは専門家ではありませんので、そういった知識はありませんので。

10→貴殿は既に印象操作によって、さもトリチウムが危険であるかのように誘導しています。しかも、青山氏は正体を隠しているとんでもない輩だというイメージを醸成しているんですよ。

11→にもかかわらず、「トリチウムが危険だとか危険じゃないとかの議論は専門家に任せればいい」だの「私は専門家でもなく、知識はない」と、よくもまあいけしゃあしゃあと言えますね。

>私の上げた記事に文句があるのであれば、放射線医学研究所に言ってください。

12→貴殿には文章を理解する力がないのですか?
ですから、私は、上記で「記事(非科学的なブログ)」を科学的に非難しているわけで、放射線医学総合研究所に文句があるわけではありませんよ。

13→貴殿に言われるまでもなく、私は3.11以来、放射線医学総合研究所の研究者とも何度も直接お話をしています。

今回も「朝日新聞の記事」に登場する中井さやか遺伝研究部長(今はこの部署は存在しません)の共同研究者だった方のお話を伺った上で、上記の書き込みをしています。

くだらない論点のすり替えをしないでいただきたい。

>私は、青山氏が専門家ではないのに安全性を語るのはおかしい!と言っているだけです。
>そこで、危険性をうったえる報告もあるのです!と付け加えただけですから。

14→違います。貴殿は不当な印象操作をしているだけです(縷々ご説明した通りです)。

「危険性をうったえる??」私は朝日の記事や当該ブログエントリーが、「トリチウムの危険性(人体への悪影響)」を全く証明、説明していないこともすべて科学的に上で説明しましたよ。

それに、青山氏は「内閣総理大臣の任命による原子力委員会・専門委員(原子力防護専門部会所属)」だった人物であり、現職の「(文科大臣任命による「日本原子力研究開発機構改革本部」委員)」であり、「経済産業大臣の諮問機関「総合資源エネルギー調査会」専門委員(核セキュリティ/エネルギー安全保障担当)」です。

よって、メディアでの発言を裏付けるに足る十分なトリチウムに関する見識を持っているのは当然のことです。
だからこそ、文系だの理系だのに関係なく、2014年2月20日放送の「ザ・ボイスそこまで言うか!」で以下の発言ができるのです。
「トリチウム」を放出しなくてもよくなるような代案があるなら、貴殿が示したら如何ですか(どうせ自分は専門家じゃないからできないだのなんだのと仰るでしょうが)。

■「福島第一原発のタンクから汚染水100トンが流出」との報道を受けた(主旨)。

・なぜ同じことを繰り返すかと言えば、溜めてるだけだから溢れる(という単純な問題)。
・安倍政権が総理以下、溜まったものをどうするか決めずに処理しないからこうなる。
・元々はほぼ汚染されていない自然状態に近い雨水や地下水が汚染水にされていくから増える。
・それすらも出すなというから、海に流すことも蒸発させることもできない。
・これでは(汚染水にされていく水が)どんどん増えていくだけ。
・こういう(溜めるだけという)同じことを繰り返すから、いくらタンクを作っても溢れる。
・これは原子力技術の問題ではない(それ以前の問題)。
・(多核種除去設備のALPS(トリチウムを除く62種の放射性物質の除去が可能)などで)汚染物質を除去し、最後に残るのはトリチウムだが、例えばフランスのラ・アーグ(再処理工場)だと1年間に1京(ベクレル)を超えて海(ドーバー海峡など)に放出されている。
・しかし、ロンドン市民の喉元(ドーバー海峡)みたいなところに放出されても、英国はもちろん、世界のどこからも文句はきていない。
・トリチウムは水の中に自然に存在する物質であり、福島第一原発では東電の発表によると、2年間で40兆ベクレル(2年3カ月で20兆から40兆ベクレル)のトリチウムが出た。
・ラ・アーグは1年で1京ベクレルを超えるトリチウムを海に出し、福島第一原発は2年強で(最大で)40兆ベクレル出した(註:ラ・アーグは通常時でも事故を起こした福島第一原発の約55倍-110倍程度のトリチウムを毎年1年間で放出していることになる)。
・トリチウムだけになったら、海に放出すべき(註:そうしなければ他の核種に汚染された水が溢れることになる)。
・安倍総理には、このことを何度も進言した。
・安倍総理が決断しなければダメ。

よよげんさん、貴殿が如何にたわごとを書いているか、お分かりになりましたか。

不当な印象操作だけが目的の貴殿には、青山氏を非難する資格も知見もないのです。

まずは速やかに、Y1-Y9及びY11の質問にご回答ください。
それができないのなら、論点のすり替えや卑怯な言い訳などせず、過去の発言を猛省の上、きちんと謝罪すべきです。



Posted by 隼脩二 at 2014年2月27日 05:03
隼脩二さん、あなたの質問は長すぎるw
もっと簡潔にしないと回答どころか読む気すら失せますよ。

それはさておき、ゴーストライター云々関係無しにこの間の増税政局で氏の化けの皮は剥がれたのだと僕も感じてる。
すだちさんも言及している氏の発言「消費増税で株価が上がる」で心底失望した。
そして、「結局、こいつも似非愛国者か・・・」と。

ともあれ、青山氏は愛国者気取りのジャーナリスト(笑)だというのは明確。
信じるに値しないペテン師だと罵られても仕方がないとも思う。
Posted by 通りすがり at 2014年2月27日 18:23
誰かは存じませんが、通りすがりというハンドルで無責任な書き込みをしても無駄ですよ。

>ゴーストライター云々関係無しにこの間の増税政局で氏の化けの皮は剥がれたのだと僕も感じてる。
>すだちさんも言及している氏の発言「消費増税で株価が上がる」で心底失望した。

消費増税に関する青山氏の発言も上で細かくご説明した通り。
「読む気すら失せます」と書いておきながら、そのことはスルーして「化けの皮は剥がれたのだと僕も感じてる」と書く矛盾にも気づいていないご様子(笑)。

ここには重篤な「思い込み病」に全身を冒された輩が何人か湧いているようですが、貴殿もその中のお一人または同一人物ってとこでしょうか。

え?心底失望?
元々は青山氏を愛国者だと思って支持していたような書きぶりですが、如何にして失望するに至ったのか、そのプロセスを誰にでも理解できるように書けますか。

で、通りすがり某氏は愛国者らしいが、消費増税と株価と愛国者がどこでどう繋がるのか、私の書き込みを引用して、具体的に説明してみてください。

>青山氏は愛国者気取りのジャーナリスト(笑)だというのは明確。

笑ってしまいますね。青山氏がどこがどう愛国者気取りなのか、貴殿の愛国者ぶりと比較しながら詳しく書いてください。
また、青山氏は今はジャーナリストではありませんよ。そんな基本的なこともご存知ないのですか。

>信じるに値しないペテン師だと罵られても仕方がないとも思う。

根拠も書かずただの思い込みだけでペテン師呼ばわりするのは、名誉毀損であり単なる誹謗中傷に過ぎません。

如何に不当な書き込みであるかを具体的反証を挙げた上で説明すれば、自ずと長文になります。それを「長すぎる」だの「読む気すら失せる」だのと誤魔化すのもどうかと思いますが、もし、内容を理解できないとすれば、それは単に貴殿に理解力がないだけです。

Posted by 隼脩二 at 2014年2月28日 04:13
隼脩二さん
なぜ、あなたの発言を逐一チェックしてそれを引用して答えなければならないのですかw
特に重篤な「思い込み病」にかかっているのはむしろ貴方の方だとお見受けしますが如何か。もしくは唯の狂信者なのかなw
ペテン師が嫌ならこう言い換えましょう。
「愛国商売屋」と。

本当に国を想うのなら「もう決まった」事だと、だから「この増税は仕方ない」と諦めさせるような報道はせず最後の最後まで諦めない者こそが真に国を想う者だと僕は思います。
その点に置いて、「安倍総理はこの増税を早くから決めていた」とか「あれは演技だった」とか嘘八百で惑わす報道をする者を信じられますか?
その上、テレビでの報道内容と全く同じものを年会費数万のレポートが財務省の見解と全く同じw
これがペテン師(愛国商売)と言わずしてどう形容しろとwww
そんなペテン師を狂信してるあなたはまさに儲かると書いて信者ですね(笑)
Posted by 通りすがりの愛国者(笑) at 2014年2月28日 18:47
>よよげんさん。

>先ほどは「様」が抜けてましまいました。失礼しました。
>また、発言部分の改行が変になってしまい読みづらいかと思いますが、ご勘弁を!

 あ、いえいえ。ちょっとびっくりしただけです。
 それに、こういう言葉を添えていただけるとありがたく思います。

 さて以下に返信を書くのですが、いよいよ話は平行線で堂々めぐりの様相を呈してきました。
 いえこれは、よよげんさんがお書きになるような「言葉が足りないのか文章能力がなかった」ということではなく、 やはり我々の依拠するところが異なるのでしょう。
 また、これは実際にそうですが、私の文章が拙くて、よよげんさんにお答え申し上げたと思っていた部分につき、再度同様のご照会をいただく(批判しているわけではありません)ところもあって、伝わっていないのだなあと実感しております。
 改めてこれから書きますが、重複するところは適宜割愛しながら綴りますことをご了承ください。
 また私たちはそろそろ、「この議論は交わらない」ということを認識しないといけないのかも知れません。


>今まで、内閣が決めたい法案や憲法解釈などを法制局が審査して、憲法に沿ったものかという判断をし、その後、立法府である国会で審議するという手順を踏むことがなされてきました。
>その法制局が、集団的自衛権を認めないという判断をしてきています。
>それは、内閣法制局が「集団的自衛権は、日本国憲法に沿ってはいない」といっているという事です。要するに「法制局が反対してるけれど国会で審議してみよう」という事が立憲主義に反していると考えます。
>また、集団的自衛権とは、「同盟国が海外で戦争している場合などに戦闘行為ができる」という事なので憲法9条の「戦争の放棄」「交戦権の否認」などにもそぐわないので、やはりここでも立憲主義に反していると考えます。
>昨日のTBSラジオsession22では、集団的自衛権を認める憲法学者はほとんどいないし、政府の過去の見解も認めていないということです。

 これは結局、内閣法制局の権能と言いますか、内閣への拘束力をどの程度に見るかの判断になってまいります。
 それについての私の意見は先述のとおりです。よよげんさんにも「それはそれ」とおっしゃっていただいているので、ことさらにこれにはもう触れません。
 ただ、集団的自衛権の具体的なあり方(どんな場合に、どんな形で行使されるか。逆にそれを行使しない・できない場合はどんなものかなど)は、慎重に考えていきたいと思います。
 日本の理にそぐわない紛争に巻き込まれてしまう危険性もないとは言えませんから。
 突き詰めると、よよげんさんと私の考えの違いは、内閣が先に方針を打ち出すか、国会が先に法律を定めるかという点にあるのかも知れません。
 ただ現状を見ていると、集団的自衛権に関連する国防・安全保障あるいは外交が建設的に論じられる以前に、タブー視され反対のための反対で何も議論されないのではないかという懸念もあります。
 これらは青山氏の考えとは別の、まったくの私見です。ちょっと余談になってしまったかも知れません。


 次に、よよげんさんが抜書された、平成26年2月20日放送の「ザ・ボイス」の発言部分に関してです(改行の空白箇所は修正しましたが、あとはお書きになられたまま引きます)。

>青@「立憲主義を総理が否定したって、たくさん新聞書いてて、それにのっかるテレビ評論家・コメンテーターも、それを言ってるけど、あなたは憲法どこまでご存知ですか?」

>青A「まず根幹から行きましょう。集団的自衛権について今まで内閣法制局がどういってきたか。内閣法制局は、国際法上認められるが、日本国憲法では認められない」

>青B「つまり、日本国憲法と国際法と合致しないと言っている。国際法に合致しない日本国憲法でいいんっですか?

>青C「単独で守れない時代、グループで守らなければいけない。であり、その一つが国連であり、その一つのあり方が二国間の安全保障条約です」

>青D「自分がやばいときは守ってもらうけど、他人がやばいときはい守りにいきませんという事はダメでしょ〜というのが国連でもそうだし、国連憲章にそのことが盛り込まれている」


 よよげんさんのご意見は、「@で指摘した立憲主義ではなく、ABでは日本国憲法の否定が語られている。論点が変わっている」。
 および「CDで国連を是としているが、Eでは国連を批判している」ということだと認識しております。

 ですが、私はこのご意見には同意できません。
 私には、青山氏の発言がこのような論旨だとは聞こえません。

 私も引いてみます。ABの箇所です。

 「もう一回言いますよ。内閣法制局、憲法の守護神みたいにおっしゃっている組織が何を言っているか。『国際法では集団的自衛権は当然のこととして認められているけど、日本国憲法では認められていないのでダメです』。つまり何を言っているのかと言うと、『日本国憲法は国際法に合致してません』って言ってるじゃないですか。国際法に合致しない日本国憲法でいいんですか?それが根幹でしょう」

 この発言での主語は内閣法制局です。日本国憲法ではありません。青山氏の批判の的は、日本国憲法ではなく内閣法制局、それもその解釈についてのものです。
 @についても、立憲主義そのものについての発言と言うより、内閣法制局が提示している憲法解釈をメディアは本当に理解しているのか?という指摘です。
 メディアが立憲主義に反していると言い立てているその理由は、内閣法制局が示している集団的自衛権の解釈を、安倍内閣が見直そうとしていることにあるわけですから。
 後にもう一度触れますが、このニュース項目の中での青山氏の話のテーマは、一貫してこの「内閣法制局が示している集団的自衛権の解釈」への異議です。
 
 もう少し進めます。CDの箇所です。

 「つまり、『単独で守れない時代に世界はなりました。したがってグループで守るしかありません。そのひとつのあり方が国連であって、そのひとつのあり方が例えば二国間の安全保障条約です』と。
  その時に・・集団でやっている時に、[自分がヤバイ時は守ってもらうけど、他人がヤバイ時には守りに行きません]ってのはダメでしょうっていうのが、国連でもそうだし、だからそれは国連憲章にそのことが盛り込まれていて、<国連加盟国は空軍を持ってなきゃいけない><空軍の中には予備部隊を持ってなきゃいけない>、つまり<世界のどこで何かあった時に必ずその自分とこの空軍使ってくださいね。自分の国がやられていなくても自分の空軍使って世界の平和を守ってくださいね>ってことが書いてあるんですよ。
  これは二国間の条約でも同じで、[片方がやられている時に自分は知らない、自分がやられている時は守って]そんなことはあり得るわけはない。それは集団的安全保障も集団的自衛権も同じなのに、わざわざ日本の学者は、はっきり言って食うためだか何か知らないけど話をややこしくして、同じことは言わずに違うことだけ言って、『国連に加盟していることは正しいけれど集団的自衛権は間違っています』『集団的安全保障は正しいけれど、集団的自衛権は間違っています』、嘘言うなって」

 これは国連肯定の発言ではありません。「国連に合わせようよ」と言っているわけではありません。
 上述の当該部分の書き起こしには、「国連の方が優れている、集団的安全保障あるいは集団的自衛権の方が優れている。それに変更すべきだ」という主張はありません。
 もし「単独で守れない時代に世界はなりました。したがってグループで守るしかありません」を青山氏の主張だと思われたのでしたら、それは誤りです。青山氏は語調を変えて話しています。これは一種のセリフです。書き起こし冒頭に「つまり」から入っていることでわかるように、これはその前段、大学で教える国際政治学などの話を受けて語られています。大学で教える国際政治学の先生の言葉とも言うべきものです。
 そこで説明されている、集団的自衛権の説明についての疑義を、青山氏は呈しているわけです。
 そのことは前のコメントでも書きました。集団的安全保障と集団的自衛権を分けて位置づけるその解釈への異論でした。

 つまりここでの発言は、一貫して「内閣法制局が提示している、集団的自衛権の解釈への異議」です。
 整合性はあると私は思っています。
 ただし時間の限られたラジオの中での発言です。全方位的に完全に整った話になるのは、なかなか難しいでしょう(もちろんこれは、誤ったことを発していいというわけではありません)。
 私は違和感なく受け取りましたが、よよげんさんのようにどこか引っかかってしまう思いを持つ方も生ずるのかも知れません。
 特に上述の書き起こし部分は、『国際政治学者の言葉』や<国連憲章に書いてある言葉の要約>や[脆弱な意思の声]だったりが入り混じっていますから。
 またここでは日本国憲法論や国連論はその主旨ではありませんが、話題の中に用語としては当然入って来ますから、そちらに注意が向いてしまう方もあるのでしょう。
 ラジオは一方通行ですから、その場で聞き直すこともできませんし、そうした中で起きた、誤解ではありませんか。
 これは通常の会話でも同じことでしょうが、人はまるで文章のようにすべてが整った言葉を発するわけではありませんから、相手が話している内容の中で時に「ん?」と思うような場合は起こります。
 その場合には前後の会話から補正して、足りない部分があれば自己補正して理解します。大意から細部を類推するわけです。そのようにして考えていただければ、整合性が合わないとお感じになられた細部も、理解しやすくなるのではないでしょうか。

 さて、Eを私はこの一連の流れから外して、ここまで追いかけてきました。

>青E「日本だと国際機関だとなんでも中立できよらかってイメージありますけど全然違います。国連をはじめとして(全然違う)それも敗戦後の思い込みなんです。戦争に勝った国側に都合よく作られている今の国連を筆頭とする国際機関なんですから。」

 これは2月20日放送の「ザ・ボイス」の発言ではなかったからです。
 ただしよよげんさんの意図、すなわち青山氏は国連のあり方に異議があるのではないか、という疑問については、そのとおりだと思います。
 私はそれに同意しませんが、よよげんさんはABは日本国憲法の否定だとおっしゃっていました。ただし日本国憲法についても青山氏が異議をお持ちなのは、これもそのとおりです。

 ちょうど平成26年2月26日放送の「アンカー」が、国連と日本国憲法についても触れていましたので、引用しておきましょう。
 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1526.html

Posted by 通りすがりの仮面ライダー at 2014年2月28日 21:20
>この部分ですが、青山氏は一般的な国民よりは知識があるとは思いますが、放射線による人体への影響については小出氏のように放射線に関する著書があったり、長年専門で研究などしてきた方の意見を尊重するというのが常識だと思います。
>この部分ですが、青山氏は一般的な国民よりは知識があるとは思いますが、放射線による人体への影響については小出氏のように放射線に関する著書があったり、長年専門で研究などしてきた方の意見を尊重するというのが常識だと思います。 >青山氏は放射線が人体に与える影響に関して何処で学んだのかさえ不明だし、そんな知識は一般の少し勉強したような人に毛がはえたようなものだと思っています。

 前のコメントにも書いたように、私には専門的な知識がありませんので、小出氏と青山氏の知見の度合い・比較を述べる能力を持ち合わせません。
 ですから、青山氏のかつての原子力に関する肩書・その専門分野からそれを類推するだけです。それが唯一のものさしかも知れません。
 青山氏の話を聞いていて、私は特に疑いを見出しませんので、その説明をなるほどと受け止めているだけです。小出氏についても同様です。
 批判するに足るだけの根拠がなければ、それは慎むことが良いと私は考えています。

 一方でよよげんさんは、「そんな知識は一般の少し勉強したような人に毛がはえたようなものだと思っています」とおっしゃいますが、

 別のコメントでは、

>トリチウムが危険だとか危険じゃないとかの議論は専門家に任せればいいのではないですか?
>わたしは専門家ではありませんので、そういった知識はありませんので。

 とおっしゃっています。青山氏の知見が「一般の少し勉強したような人に毛がはえたようなもの」と、どうやって推断されたのでしょうか(小出氏との比較による優劣ではなく、あくまで青山氏に限っての知見の程度をどうやって見積もられたのでしょうか)。
 「専門家ではありません」し「そういった知識はありません」と言うよよげんさんは、いったいどの程度の知見の方は専門家としてトリチウムについて話してよく、どの程度の方は専門家ではないから話してはいけないと決められるのでしょうか。そんなものさしは、お持ちではないんじゃないですか。
 そしてその専門家として好適とよよげんさんが指摘された小出氏の述べたトリチウムを含んだ汚染水に対する処置方法が、青山氏の提示するそれと相似であったことは、青山氏の知見が一定の正しさを持っていることを裏付けてはいないでしょうか。
 「青山氏が専門家ではないのに安全性を語るのはおかしい!」と判断するよよげんさんには、「小出氏のような理工系の研究者ではない青山氏には、トリチウムに関する知識がないはずだ」という予断があるのではないでしょうか。
 高名な医学博士であっても、町の開業医であっても、ある病気に関してきちんとファクトを把握していれば、等しくその病気に対しては、一定の知見があると言って差し支えないのではないでしょうか。
 「小出氏は知見のある科学者である」というよよげんさんの見方には私は何の否定も覚えませんし、「小出氏の方が青山氏よりも知見がある」と言われれば、明確な比較判断はできませんが、できない以上否定もありません。
 ただ「青山氏は専門家でもないのに、無責任なことを言っている」と主張するのであれば、そこには異論があります。
 「小出氏に知見がある」「小出氏は青山氏よりも知見がある」ことと、「青山氏に知見がない」こととは、イコールではないからです。
 批判する以上はその根拠が伴うべきであるはずなのに、それをお示しされることはなく、つまり「青山氏に知見がない」事実はお示しではないのに、さらには「専門家ではありません」し「そういった知識はありません」とおっしゃっているのに、なぜ唐突に「無責任ですね」と断定できるのかが、私にはわかりません。

 ここではよよげんさんは、青山氏はこう主張するがトリチウムには低濃度でも有害だとする研究もある、どちらが正しいのか・・・と疑問を呈するだけに止めるべきではなかったのでしょうか。
 前のコメントで、刺々しい言葉による批判は気持ちのいいものではなかったと書きましたが、それはすなわちこういうことを考えていたからでした。

 これはよよげんさんのことではなく、広く一般のこととして受け止めていただきたいのですが、ネットではあまりにも簡単に批判が行われてしまう、言葉が軽く扱われていることに、私はたいへん危惧を覚えます。
 人を批判するのは、そんな簡単なことではないと思います。
 批判するには批判するだけの材料がないといけないし、その材料は事実に基づきその情報の出所(例えば○月×日の△△新聞記事とか)が明確に示されているべきだと思いますが、ソースが明らかでない感覚的な批判ですとか、いくつかの発言をつなぎ合わせた本来の趣旨ではない内容に対する批判、あるいはいま一度読み返す、聞き返すことをすれば誤解も生まれなかったであろう批判が多過ぎるのではないでしょうか。
 それだけのことをやって批判を行うことは、本当に骨が折れます。それを書くだけで長大な文章になりますし、そのための時間も費消されます。
 しかしそうやって事実を確認し自分の頭で考えて、初めて批判という具体的行動に移すべきだと思います。
 相応の事実確認とそれを詳らかに述べる文章その他のデータ、そしてそれらを行うための時間、それらがあって初めて得られる果実が、批判なのではないでしょうか。

 すみません。一般論が行数をだいぶ消費してしまいました。先のくだりは単なる私の思いであって、よよげんさんにあてこすっているわけではありません。自分への戒めと言ってもいいのかも知れません。



>「だから日本の司法は信用っできる」と青山氏は言いたいのではと思いますがいかがでしょうか?

 これは前回、既に書きました。

>「日本の司法っていうのは独立してるんです、現に。検察だけじゃなくて裁判もですね。
> そして世界を回ればこれよく分かることで、世界の、国連加盟192カ国の中で、司法の独立という点では、日本の民主主義が一番信用できるんですよ」

 「日本の司法は信用できる」と言うと、100%間違いのない判決を出すみたいに聞こえますが、実際には日本には冤罪事件などもあったりするのは周知の事実です。
 青山氏の発言は、正確には「日本の司法の独立は信用できる」です。

>そして、ぼやきくっくり様のhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1186.html
>を通して読んでも、青山氏は小沢裁判の判決に納得がいっていないのが見え見えです。
>それでは、日本の司法は信用できる!との発言との整合性はどうなるのでしょう?

 これも前回、私はこう書いています。

>ここで前段に、「正直不可解な判決理由」という青山氏の発言がありますが、これがよよげんさんの指摘部分ではないですよね?
>これは後に「無罪になったのがもう不可解だって言ってるんではなくて」あるいは「判決理由が非常にユニーク」と表現されている、単に一風変わった判決文だったということですから。

 「判決に納得がいっていない」のではなく、「判決理由」が「正直不可解」で「非常にユニーク」なのです。
 「判決に納得がいっていない」のならば、「無罪になったのがもう不可解だって言ってるんではなくて」とは言わないので。
 ぼやきくっくりさんのホームページ上の画面に注目してください。

 「小沢裁判」他に例を見ない判決理由

 とあるのであって、

 「小沢裁判」他に例を見ない判決

 ではありません。

 「判決理由」というフレーズが、もしかしたらわかりにくいのかも知れませんね。

 【判決理由】判決で、主文の結論に達するまでの判断の経路を示した部分。判決の基礎となる事実・証拠・法律の解釈適用などについて示す。
 http://www.weblio.jp/content/%E5%88%A4%E6%B1%BA%E7%90%86%E7%94%B1

 つまり「主文の結論に達するまでの判断の経路を示した部分」が変わっている、ということを述べています。
 そのことが番組中、コーナー前半でずっと語られているではありませんか。つまりこのコーナー前半部分は、判決ではなく判決文の解説と言っていいでしょう。

 結局この事件で、裁判官は無罪判決を出したわけですが、そこには政治資金規正法の欠陥(犯罪だと知った上で具体的に指示しないと、政治家は共犯に問われない)が存在します。
 しかし「裁判官としては、法に基づく裁判ですから、法がおかしいとは口が裂けても言えない」(青山氏の発言)。
 ゆえに「判決理由」の中で、裁判官は小沢氏に対し相当に肉迫します。批判と言ってもいいほどです。
 肉迫はしますが、法の欠陥部分に位置する被告に有罪は下せず、欠陥を指摘しない形で無罪を言い渡すしかなかった、と。
 念のためですが、法の欠陥は司法の責任ではなく、立法の責任です。
 青山氏の発言でいうと、「裁判官の責任じゃなくて、やっぱり、その、法律の問題であり、その法律を作ってきた国会、もう一回言いますが、小沢さんももともと自民党の大政治家で、自民党時代に豪腕と言われた始めたわけですが。ずーっと自民党政権からの日本政治が、政治家の責任だけを曖昧にするようにやってきたんじゃないかと、いうことが、根幹ですよね」になります。


>@漁船員の話はバイアスがかかっている。
>A青山氏も自衛隊と関係が深いのでバイアスがかかっている。

 Aについて、バイアスがかかっているとまでは私は思いませんが(平成26年1月16日放送の「ザ・ボイス」において、おおすみの事故に対し自衛隊擁護の立場の産経新聞にも同様に異議を唱えています)、ただし青山氏が自衛隊と関係性があるのは事実なので、よよげんさんがそういう見方をされることは理解できます。
 ですが、
 
>自衛隊と関係が深く自衛隊寄りにバイアスがかかってしまう青山氏が漁船員の方の話に「バイアスがかかっている」と文句をつけることは、いけませんよ!と言いたいのです。

 ここももう、繰り返しであって、青山氏は釣り船の乗客の発言にバイアスがかかっているのは当然であるが致し方のないことである、と配慮の言葉を重ねながら言っているのであって、それは文句ではありません。
 青山氏が批判しているのは、釣り船の乗客でもなく、彼らの証言でもなく、一方の証言だけでそれが真実かのような報道を行うメディアに対してなのです。Ȁ
Posted by 通りすがりの仮面ライダー at 2014年2月28日 21:25


通りすがりの某さんってば、必死ですね。
貴殿が振りかざす理屈の破綻ぶりは、某すだちさんそっくり。
或いは倉山満氏あたりのそれに影響を受けたのか。
貴殿のような素人が真似をしても火傷するだけですよ。

論点をすり替え、当方の質問にロジカルに答えられないなら結構。
せいぜい誰かさん同様に恥を晒してください。

いるんですよねぇ、自己矛盾、論理破綻しているひとに限って信者信者って連呼する輩が(笑)。

>本当に国を想うのなら「もう決まった」事だと、だから「この増税は仕方ない」と諦めさせるような報道はせず最後の最後まで諦めない者こそが真に国を想う者だと僕は思います。

青山氏は「諦めさせるような報道」は一切してませんよ。
もっと事実を見ましょう。
青山氏は実務者として、対案を示した上で、建設的な提案をしているだけじゃないですか。
貴殿が愛国者?なら、蝶々トンボも鳥のうちってところです。

>その上、テレビでの報道内容と全く同じものを年会費数万のレポートが財務省の見解と全く同じw

ほう。貴殿はTCRの会員だったんですね。
その割には、何もご存知ないようですが。
で、レポート内容が財務省の見解と同じって(笑)。
貴殿の理解力もいよいよ末期的症状を呈してますね。

断末魔の叫びのようなレスしかできなのなら、くだらない書き込みはおやめください。


Posted by 隼脩二 at 2014年2月28日 21:48
消費増税政局時に青山氏が行っていたことは下記です。

・「消費税は予定通り上がります」と繰り返し断言。
・消費増税を阻止しようとする言説は一切行わず、それどころか「消費増税で株価は上がる」との妄言まで披露。
・「消費税の原点は所得税ゼロ」「働いたものが報われる社会」を主張していたが、増税後の景気対策に所得税減税が盛り込まれなかったことに憤りを表明。

上記から普通に判断すれば、青山氏のホンネは「消費税を上げて所得税を下げて欲しい」ということにあったのは明白で、「ボクは消費増税には反対です」は口先だけの嘘だったというのは火を見るより明らかなのです。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年3月2日 10:28

プラモデル工作員すだちさん

事ここに至っても、まだたわごとを書き連ねますか。
相変わらず逃げてばかりのくせに、どこまでいっても貴殿は卑怯な人間ですね。

>・「消費税は予定通り上がります」と繰り返し断言。
>・消費増税を阻止しようとする言説は一切行わず、それどころか「消費増税で株価は上がる」との妄言まで披露。

嘘を書くのはおやめなさい。
青山氏は、妄言と言われるようなことを繰り返し発言などしていません。
そこまで仰るなら、青山氏がいつどこで繰り返し発言したのか、具体的なソースを示しなさい。

青山氏が、日経平均株価に関して発言したケースではその前後に一貫した脈絡(例えば織込み済み等の事案についての解説)があります。
もしも貴殿が根拠(ソース)を示すことができたなら、それ見ながら、逐一、貴殿の嘘を解説してあげましょう。

>・増税後の景気対策に所得税減税が盛り込まれなかったことに憤りを表明。
>青山氏のホンネは「消費税を上げて所得税を下げて欲しい」ということにあったのは明白

これでは、まるで青山氏が自分の為に所得減税して欲しいような書きっぷりですね。
そんなわけないでしょうが。
もう一度、私が上に書いた青山氏の発言を確認してください。
貴殿の嘘がよく分かるはずです。

いい加減、悪質な印象操作はおやめなさい。

とにかく、まずは具体的な根拠(ソース)を示してから書き込みましょうね。
くれぐれも「繰り返し発言していた記憶がある」などと逃げないように。


Posted by 隼脩二 at 2014年3月3日 03:18
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21759460
9分20秒あたり
「予定通り(消費税増税)で株価が上がります」

デデーン 青山OUT(笑)


隼脩二さん、どうですか?
満足していただけますかwwwwwwwww

プラモデル工作員すだちさんへ
応援してます。
Posted by 通りすがりの愛国者(笑) at 2014年3月8日 18:06



■遺体じゃなかった、相変わらず痛いなぁ。通りすがりの愛国者さんもw

これはこれは、通りすがりの愛国者さん。
てっきりプラモデル工作員すだちさんが書き込んでこられたのかと思いましたよ。相変わらず痛〜い恥を晒しておられるものですからw

まるでプラモデル工作員すだちさんが「成りすました」ような通りすがりの愛国者さん。
何が「デデーン」ですか。ああ恥ずかしい恥ずかしいww
こんな幼稚な反論で、ドヤ顔なんてよくできますねぇww

え?プラモデル工作員すだちさんを応援してる?
恥ずかしいことは仰らない方が無難ですよ、通りすがりの愛国者さん。

にしても、なんで貴殿が今頃ノコノコと出てくるんでしょうか。
この件は、元々プラモデル工作員すだちさんに問い質したんですけどね。
いいですよねぇ。ブログ主は自由にハンドルを変えられますから。

いえいえ、どっかのスットコどっこいのように、何の証拠もないのに、ある書き込みを青山氏のものと断定するような愚かな真似はしませんけどね。
あくまで、そんな気がすると思っただけですから悪しからずw

で、待ってましたよ。
いったいどこのオッチョコチョイが「的外れな」指摘をしてくるかなってねw

そもそも貴殿は日経平均株価をちゃんとトレースしているんですかぁ?

悪いけど、そんな動画はとっくに知ってまんがな。
貴殿の場合はこの動画を探すのに時間がかかったんでしょうね。

でも、恥の上塗りをするだけに終わりましたね。
ハイご苦労さんでしたw

まずはじめに言っておきます。
貴殿が紹介した動画の翌週の「ザ・ボイスそこまで言うか!」で、
青山氏は財務省主導で、増税分3%のうち2%分だけ経済対策を行う(例えば法人減税を行う等)などというのは間違いであり、これ(財務省)に安倍政権が引っ張られるなら、それこそが問題だと指摘しているじゃないですか。

※青山氏は消費増税には一貫して反対の立場ですが、実務者としてやむを得ずリアルな提言をしているだけなのに、揚げ足を取るアホが絶えません。

貴殿も、いい加減、印象操作はおやめなさい。

ではまず、コレ↓でも見てくんなはれ。日経平均株価の推移ですわ。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=998407.O&ct=z&t=2y&q=c&l=off&z=n&p=m65,m130&a

安倍総理が今年4月から消費税率を今の5%から8%に予定通り引き上げる、と正式発表したのは去年の10月1日ですよ。
株価の推移をしっかり視てください。

んで、消費増税を正式発表してから、株価が下がり続けましたか?
逆でしょう?しっかり右肩上がりじゃないですか。
もう少し詳しく言えば、2013年10月には持ち合い状態の中で少し下げただけで、11月上旬からは上げているじゃないですか。そのまま年明けまでずっと右肩上がりなんですけど何か?

それに、2013年12月30日には安倍政権発足以来の最高値(16320円)をつけてますけどね?
あれあれ?知りませんでしたか?w

いるんですよねぇ、こういうことから目を逸らして印象操作する間抜けが。
もしかしたら、知らなかっただけとかw
それならもっと恥ずかしいですね。

グラフを見てもお分かりの通り、年が明けてからこの2月上旬までは(日経平均株価は)下げましたが、まさかこの原因が「消費増税」などとアホなことは言わないでくださいね。

で、倉山某氏をはじめ、消費増税したら国が滅びかねないようなことを曰っていたのは去年の9月頃です。そう言えば、安倍総理が10月1日に消費増税を明言するまでは、政府も上げる上げないですったもんだしてましたが、そのすったもんだの9月だけ見ても株価は上げ続けましたよねw

その9月頭に青山氏が上の動画(ザ・ボイスそこまで言うか!2013.9.5放送)で、発言したポイントは以下のことです。

※9月5日の日経平均株価(14064円82銭)を受けて。

・これだけ買いの材料がないのに、(株価は)底がたいと判断すべき。
・先の予想として絶望的な部分が払拭されつつあると言える。
・株価は上げ下げさせて儲けるものだが、13000円から14000円台をキープできるというのは底がたい状態。
・これは先行きに(市場が)期待を持っていると言ってもよい。
・アベノミクスに反対賛成があってもよいが、株価が下がったといえ14000円台に戻っている。

※ちなみに、貴殿が紹介した動画の1年前の2013年9月5日の終値は8783円89銭です。しっかりしてくださいよ、通りすがりの愛国者さん。

※消費増税の判断が株価に本当に深刻な影響を与えると言うのなら、なんで2013年12月30日に安倍政権発足以来の日経平均最高値(16320円)をつけるんでしょうねぇw

ポイントの続きです。

・好き嫌いで経済を論じるべきではない。
・これだけ買いの材料がないのに、1年前より大幅に株価が高くなっているのは珍しい現象。
・ただし、株価は水モノ。
・次の材料を待っている相場。
・予定通り(消費増税)する方が株価は上がる。

最後に、私は貴殿に対して「2014年02月28日 21:48」に質問済ですが、どうなりましたか?

自分の軽薄ぶりが晒されちゃっているから恥ずかしくて答えられないですかw
早く「愛国者」とやらの本領を発揮して見せてくださいな。

以下、再掲。
************************************
通りすがりの某さんってば、必死ですね。
貴殿が振りかざす理屈の破綻ぶりは、某すだちさんそっくり。
或いは倉山満氏あたりのそれに影響を受けたのか。
貴殿のような素人が真似をしても火傷するだけですよ。

論点をすり替え、当方の質問にロジカルに答えられないなら結構。
せいぜい誰かさん同様に恥を晒してください。

いるんですよねぇ、自己矛盾、論理破綻しているひとに限って信者信者って連呼する輩が(笑)。

>本当に国を想うのなら「もう決まった」事だと、だから「この増税は仕方ない」と諦めさせるような報道はせず最後の最後まで諦めない者こそが真に国を想う者だと僕は思います。

青山氏は「諦めさせるような報道」は一切してませんよ。
もっと事実を見ましょう。
青山氏は実務者として、対案を示した上で、建設的な提案をしているだけじゃないですか。
貴殿が愛国者?なら、蝶々トンボも鳥のうちってところです。

>その上、テレビでの報道内容と全く同じものを年会費数万のレポートが財務省の見解と全く同じw

ほう。貴殿はTCRの会員だったんですね。
その割には、何もご存知ないようですが。
で、レポート内容が財務省の見解と同じって(笑)。
貴殿の理解力もいよいよ末期的症状を呈してますね。

断末魔の叫びのようなレスしかできなのなら、くだらない書き込みはおやめください。
************************************

それでは上記すべての質問への反論、お待ちしております。
くれぐれもロジカルにお願いしますよ。

論点をすり替えて印象操作したり、自分に都合の良いだけの視野狭窄的回答はなさらないように。

>満足していただけますかwwwwwwwww

暢気にwをたくさんつけてる場合じゃないですよ。

まあ、誰かさんと貴殿が同一人物だとすると(あくまで仮定のお話ですよ)ロジカルにってのは到底無理でしょうがw




Posted by 隼脩二 at 2014年3月9日 03:33
通りすがりの愛国者さん

わざわざ不快極まりない青山氏の妄言の中から「予定通り(消費税増税)で株価が上がります」(H25.09.05【青山繁晴】ザ・ボイス)を探して頂いて有難うございます。

「増税で株価が上がる」
「麻生氏のナチス発言はマスコミが180度真逆に伝えてる」
「日本海側のメタンハイドレートは実用化し易い」

この三つをとっても、これだけ分かりやすい「ペテン」は無いはずなんですけどね。

信仰心の厚い人達には、「早く目を覚ましてくださいね。」としか言いようがないです。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年3月9日 19:06
いやあw
すっかり、満足頂けたようですね。隼脩二さんw
端々の関西弁から顔を真っ赤にしながら長文を書くあなたの様子がありありと思い浮かんでとても嬉しいw

さて、質問にお答えしましょうか(長文の質問多数で面倒だけど…)


>消費増税に関する青山氏の発言も上で細かくご説明した通り。
>「読む気すら失せます」と書いておきながら、そのことはスルーして「化けの皮は剥がれた>のだと僕も感じてる」と書く矛盾にも気づいていないご様子(笑)。

まず、最初にただの「通りすがり」からしたらやたら長い文章を見て「何事だ?」と思い、「これではすだち氏に対しても他の読者にも何も伝わりませんよ」という意を込めて「読む気すら失せます」と書いたのですが言葉足らずだったようで…
質問をするのならもっと簡潔にすべきだと付け加えさせて下さい。
で、そのこと(隼脩二さん、あなたの文章)と「青山繁晴氏の化けの皮は剥がれたのだと僕も感じてる」というのは「それはさておき」と前置いたとおりに何の関係もありません。
隼脩二氏=青山繁晴氏という図式の上でないと上記の事柄は・・・繰り返しですが何の関係もない。まさか!青山氏本人?www


>え?心底失望?
>元々は青山氏を愛国者だと思って支持していたような書きぶりですが、如何にして失望する
>に至ったのか、そのプロセスを誰にでも理解できるように書けますか。

私はザ・ボイスや水曜アンカーなどで青山氏を知った口です。
特にチャンネル桜での質問回答コーナーが好きで、ある時、仁徳天皇の「民の竃」を氏が話していた時に「なるほど、こういう話も出来る人だったのか」と思ったのと同時に不況下での増税は悪だとしっかり認識している人なのかとも思ったのです。
そんな、専門ではないとはいえ曲がりなりにも経済を語る場を持つ氏が「消費税増税で株価が上がる」と嘘八百を言ったばかりか「安倍総理は増税を早期に決めていた」や「あれは演技だった」と何の証拠もないのに「とある閣僚」とやらのそれこそ証拠もない情報を無責任にテレビやラジオで垂れ流す…
これで、失望するなって言う方がおかしな事では?


>で、通りすがり某氏は愛国者らしいが、消費増税と株価と愛国者がどこでどう繋がるのか、
>私の書き込みを引用して、具体的に説明してみてください。

何故、あなたの書き込みだけ引用して説明しなきゃならないのですか?
あなたの傲慢さが鼻につくのでこの質問は答える価値が無いと判断します。


>笑ってしまいますね。青山氏がどこがどう愛国者気取りなのか、貴殿の愛国者ぶりと比較しながら詳しく書いてください。
>また、青山氏は今はジャーナリストではありませんよ。そんな基本的なこともご存知ないのですか。

これは私の方に非があると認めます。
確かに青山氏はジャーナリストでないですね。いやあ、これは失礼しました。
改めて「出来の悪い観測気球」と呼ばせてもらいます。
もしくは「石破茂の犬」でしょうかw
重ねてお詫びいたします。
青山氏はジャーナリストでない!「石破茂の犬」だ!w


>根拠も書かずただの思い込みだけでペテン師呼ばわりするのは、名誉毀損であり単なる誹謗中傷に過ぎません。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm21759460
↑で充分説明がつきますね(笑)


>青山氏は青山氏は「諦めさせるような報道」は一切してませんよ。
>もっと事実を見ましょう。
>青山氏は実務者として、対案を示した上で、建設的な提案をしているだけじゃないですか。
>貴殿が愛国者?なら、蝶々トンボも鳥のうちってところです。

増税決定の発表前に「増税は決まった事だ」「消費税増税で株価が上がる」という発言。
これが「諦めさせるような報道」でなくて何だというのか?
実務者?
政治家でも官僚でもない法的責任を負わない人物が実務者?
は、笑えませんね。
建設的?
デフレ不況下においての増税は減収は火を見るより明らかでこの事実に対案なんて必要ありません。
間違っている事を間違っていると指摘する者が蝶々トンボと揶揄されるならば私は蝶々トンボでも一向に構いませんね。
正論を言ったり政府批判をすると「非国民!」と排斥して滅んだ国が70年程前にありましたね。
歴史は繰り返すのでしょうか。
ちなみに輜重兵=兵站を軽視した日本軍は大量の餓死者を出しましたね(笑)


>ほう。貴殿はTCRの会員だったんですね。
>その割には、何もご存知ないようですが。
>で、レポート内容が財務省の見解と同じって(笑)。

断っておくと私はあんな地上波TVで流すの同じ内容の紙切れを年12万も出して買うほど馬鹿ではありません。
とある筋(政府官僚…ではないw)からの情報です。
勝栄二郎から始まった増税政局を振り返れば諸悪の根源は明らかでその批判を安倍総理に向けさせるという文脈を読み取れないと判らないでしょうねぇ。


>貴殿の理解力もいよいよ末期的症状を呈してますね。
その言葉、そっくりそのままお返しさせていただきます(笑)

>■遺体じゃなかった、相変わらず痛いなぁ。通りすがりの愛国者さんもw
同上(笑)


>まるでプラモデル工作員すだちさんが「成りすました」ような通りすがりの愛国者さん。
>何が「デデーン」ですか。ああ恥ずかしい恥ずかしいww
>こんな幼稚な反論で、ドヤ顔なんてよくできますねぇww

デデーン 隼脩二OUT(笑) ドヤァwwwww


>え?プラモデル工作員すだちさんを応援してる?
>恥ずかしいことは仰らない方が無難ですよ、通りすがりの愛国者さん。


誰が誰を応援しようとあなたに何の関係もないでしょ。
何言ってんだかヤレヤレw


>にしても、なんで貴殿が今頃ノコノコと出てくるんでしょうか。
>この件は、元々プラモデル工作員すだちさんに問い質したんですけどね。
>いいですよねぇ。ブログ主は自由にハンドルを変えられますから。

これはブログ主のすだちさん宛てのほうが良いかな?
差し支えがなければ、すだちさんと私が別人であると証明…IP(ログ)さらしても私は構いません。

私はただの「通りすがり」でしかありませんでした。
が、軽く提言したら過剰に噛み付いてきたのでそれに応対しているだけの事。
気の毒な暇人の相手をしているただの暇人でしかありません。


>悪いけど、そんな動画はとっくに知ってまんがな。
>貴殿の場合はこの動画を探すのに時間がかかったんでしょうね。

へぇー
あんさん知ってはったんですかw
それは先に言わなあかんで(棒)
>>・「消費税は予定通り上がります」と繰り返し断言。
>>・消費増税を阻止しようとする言説は一切行わず、それどころか「消費増税で株価は上がる」との妄言まで披露。

>嘘を書くのはおやめなさい。
>青山氏は、妄言と言われるようなことを繰り返し発言などしていません。
>そこまで仰るなら、青山氏がいつどこで繰り返し発言したのか、具体的なソースを示しなさい。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm21759460
え?え?
(笑)


>でも、恥の上塗りをするだけに終わりましたね。
>ハイご苦労さんでしたw

もう、気の毒で気の毒で(笑)
ホント、ご苦労ですよw笑いが止まらなくてwww

ここで分割します。
Posted by 通りすがりの愛国者(笑) at 2014年3月9日 20:38
続き



>まずはじめに言っておきます。
>貴殿が紹介した動画の翌週の「ザ・ボイスそこまで言うか!」で、
>青山氏は財務省主導で、増税分3%のうち2%分だけ経済対策を行う(例えば法人減税を行う等)などというのは間違いであり、これ(財務省)に安倍政権が引っ張られるなら、それこそが問題だと指摘しているじゃないですか。

これには概ね同意。


>※青山氏は消費増税には一貫して反対の立場ですが、実務者としてやむを得ずリアルな提言をしているだけなのに、揚げ足を取るアホが絶えません。
>貴殿も、いい加減、印象操作はおやめなさい。

ここ、ここなんですよね。
私が指摘したいのは。
「私は増税に反対」と言いつつ「(増税は)決まったことです。諦めろ」
という、まさに利敵行為とも言える言論を地上波で垂れ流すから害悪だと断じているのですよ。
これは印象操作でもなんでもなく事実。
総理や官邸に近しく増税に反対なら、何故、最後まで反対の旨を具申しないのか?
それこそ、氏のよく言う「まっすぐ真ん中から」(もう、フォアボールで押し出しみたいなもんだけど)提言をしつづけていれば、たとえ負けたとしても誰も批判なんかしない。
政治に近しくない私でも地元の議員に電話やFAXしたり官邸にメールを最後まで諦めずに出したというのに…
ま、要は自殺者がいくら増えようが「俺(青山氏の商売)には関係ない」という事ですかね。


>ではまず、コレ↓でも見てくんなはれ。日経平均株価の推移ですわ。
>http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=998407.O&ct=z&t=2y&q=c&l=off&z=n&p=m65,m130&a
>安倍総理が今年4月から消費税率を今の5%から8%に予定通り引き上げる、と正式発表したのは去年の10月1日ですよ。
>株価の推移をしっかり視てください。
>んで、消費増税を正式発表してから、株価が下がり続けましたか?
>逆でしょう?しっかり右肩上がりじゃないですか。
>もう少し詳しく言えば、2013年10月には持ち合い状態の中で少し下げただけで、11月上旬からは上げているじゃないですか。そのまま年明けまでずっと右肩上がりなんですけど何か?
>それに、2013年12月30日には安倍政権発足以来の最高値(16320円)をつけてますけどね?
>あれあれ?知りませんでしたか?w
>いるんですよねぇ、こういうことから目を逸らして印象操作する間抜けが。
>もしかしたら、知らなかっただけとかw
>それならもっと恥ずかしいですね。
>グラフを見てもお分かりの通り、年が明けてからこの2月上旬までは(日経平均株価は)下げましたが、まさかこの原因が「消費増税」などとアホなことは言わないでくださいね。
>で、倉山某氏をはじめ、消費増税したら国が滅びかねないようなことを曰っていたのは去年の9月頃です。そう言えば、安倍総理が10月1日に消費増税を明言するまでは、政府も上げる上げないですったもんだしてましたが、そのすったもんだの9月だけ見ても株価は上げ続けましたよねw
>その9月頭に青山氏が上の動画(ザ・ボイスそこまで言うか!2013.9.5放送)で、発言したポイントは以下のことです。
>※9月5日の日経平均株価(14064円82銭)を受けて。
>・これだけ買いの材料がないのに、(株価は)底がたいと判断すべき。
>・先の予想として絶望的な部分が払拭されつつあると言える。
>・株価は上げ下げさせて儲けるものだが、13000円から14000円台をキープできるというのは底がたい状態。
>・これは先行きに(市場が)期待を持っていると言ってもよい。
>・アベノミクスに反対賛成があってもよいが、株価が下がったといえ14000円台に戻っている。
>※ちなみに、貴殿が紹介した動画の1年前の2013年9月5日の終値は8783円89銭です。しっかりしてくださいよ、通りすがりの愛国者さん。
>※消費増税の判断が株価に本当に深刻な影響を与えると言うのなら、なんで2013年12月30日に安倍政権発足以来の日経平均最高値(16320円)をつけるんでしょうねぇw


あのー、長々と書き起こしするのはあなたの勝手ですけど、「増税後」の景気や株価を主題にして論じているのに「増税前」の株価を論じるのに何の意味が?
そんな的外れな事を言われても…(笑)
しっかりすべきなのはあなたのほうなのでは…(呆)
過去の事案を取り上げるならば類似のケースを挙げるべきと考えますがね。

以下、データ
GDPデフレーター
http://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=NGDP_D&c1=JP
株価
http://ecodb.net/stock/nikkei.html
※下に年次推移があります。
消費税と税収の関係
http://www.garbagenews.net/archives/1778034.html
自殺者
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2011/html/gaiyou/s1_01.html

まとめて見ましょう。
97年 橋本消費増税 3%から5%へ 日銀法改悪

98年 前年の増税により減収4.5兆 自殺者3万人台突入

99年以降株価は下がり日銀がお札も刷らず円高株安の長期デフレ不況
97年の税収を越えたのは2回のみ。

縦軸…日本だけ見ても仕方ないので横軸…他国も参考してみましょう。
英国の増税後の推移
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130614/ecn1306140710000-n1.htm

上記の通り、財務省(旧大蔵)と日銀の両面でデフレ不況が進んだことは書きました。
では、何故に一昨年の終わりから円安株高傾向にあるのか。
それは頑なに増刷しなかった白川総裁に辞表を出させてデフレ退治に意欲がある黒田総裁に変えたという日銀人事を勝ったからなんですね。
それを無視して株価を語るのは極めて浅い考えかつ片手落ちだと私は思いますね。

経済はミクロで見ると大局を見誤ります。
マクロの視点で見るべきです。


>最後に、私は貴殿に対して「2014年02月28日 21:48」に質問済ですが、どうなりましたか?

まとめてお答えしました。
じっくりお楽しみください(笑)

>自分の軽薄ぶりが晒されちゃっているから恥ずかしくて答えられないですかw

つ鏡

これで満足していただけますかwwwwwwwww
Posted by 通りすがりの愛国者(笑) at 2014年3月9日 20:40


通りすがりの愛国者さん

>すっかり、満足頂けたようですね。

いえいえ、長いだけで内容のない(つまりは論点外しのスカスカ)コメントをいただいても、満足できるわけがありません。
長文だったので、少しだけ期待しましたが、読んでガッカリしました。
またこれかと(余談ですが、貴殿は倉山塾の会員ですか)。

>さて、質問にお答えしましょうか

だから、まともに答えてないじゃないですか。
面倒ですが、以下に簡単に示しておきますので、出直してください。

>質問をするのならもっと簡潔にすべきだと付け加えさせて下さい。

これは理解できなくもないですが、何しろイロジカルな書き込みしかできない(しかも、反論すらできないくせに自説をまき散らす)方ばかりですから、その方々に噛んで含めるように具体的な反証や根拠を挙げた上で反論すると、どうしても長くなるんですよ。
見てくだい、「2014年03月09日 19:06」に書き込まれた恥ずかしいコメントの晒されっぷりをw

で、
>「青山繁晴氏の化けの皮は剥がれたのだと僕も感じてる」

というその具体的根拠をお示しいただく件は、どうなりましたか?
ここまで第三者を誹謗中傷しているのです。
しっかりその根拠を示していただきましょう。

>>で、レポート内容が財務省の見解と同じって(笑)。
>とある筋(政府官僚…ではないw)からの情報です。

はい?
オープンになっている情報だけでも、財務省の見解云々が明らかに間違っているのが明白なのにw
つまり、とある筋ってのが、よほどのスットコどっこいということですね。
それをそのまま調べもせずに信じて、ここに書き込む貴殿の軽率さも救いがたい。偽計業務妨害罪に問われ兼ねないですよ。

>隼脩二氏=青山繁晴氏という図式の上でないと上記の事柄は・・・繰り返しですが何の関係もない。まさか!青山氏本人?www

はい?これは意味不明なばかりでなく、青山氏に対してもさすがに失礼でしょう。
そもそも青山氏に、プラモデル工作員すだちさんや、よよげんさん、そして貴殿のように根拠なくガーガー落書きにもならないようなことを垂れ流す御仁を相手にする時間などあるわけがないでしょう。
図式ってねぇ。いったいどんな図式ですかw
「答えて、答えて、答える!」をご覧になっていたとのことですから、それくらい分かりそうなものですが。

>青山氏はジャーナリストでない!「石破茂の犬」だ!w

またですかw
青山氏が石破氏の犬である具体的根拠は何でしょう?
そんなものがあるなら、私も是非知りたいです。

私は、既に、プラモデル工作員すだちさんの「的外れな石破氏の件の書き込み」に具体的に反論してますが、通りすがりの愛国者さんは、どういう理由で、青山氏が石破氏の犬だと断定しているのでしょうか。

>http://www.nicovideo.jp/watch/sm21759460
↑で充分説明がつきますね(笑)

だから貴殿も駄目なんですよ。
説明がつく??
では、この放送のどこのどういう発言が「青山氏がペテン師」であるという具体的根拠になるのか、正確に説明してください。
できれば、ポイント部分を文字起こししてくださいね。

>増税決定の発表前に「増税は決まった事だ」「消費税増税で株価が上がる」という発言。
これが「諦めさせるような報道」でなくて何だというのか?

何度説明してもこれですから、疲れますなぁ。
いいですか。
青山氏は、「増税は決まった事だ」とは言っていませんよ。
これについては、何度も書くのは面倒なので、上の書き込みをよーく読んでください。

消費増税と日経平均株価の件も、上でご説明した通り。
増税決定の発表前ってねぇ、まさか株式市場が2013年10月1日まで、一切何も「織り込み済み」にすることなく動くとでもお考えなんですか。

「諦めさせるような報道」見えたのは、単なるひとりよがり。思い込みです。
もう一度、当該発言前後の繋がりというものをよくご覧になってください。

「消費増税で株価が上がる」?
貴殿も、それから、プラモデル工作員すだちさんもそのように書いてますが、これはおかしいですね。

「消費増税で株価が上がる」と青山氏が言ったのなら、2014年4月以降に株価が上がることになります。
まあ、どちらもあなた方の思い込みによる間違いですけどね。

貴殿も最後の方に書いていますよね。
>「増税後」の景気や株価を主題にして論じているのに「増税前」の株価を論じるのに何の意味が?

では、消費増税前なのに、貴殿は「この4月以降、日経平均株価は確実に下げる!」と、絶対の自身をもってそう仰るわけですね?
貴殿がそう信じるのは勝手ですが、そもそもの論点はそこではありませんよ。

論点をゴチャゴチャにしないように。

読解力や聴く力がないのかどうかは知りませんが、青山氏の発言を曲解しないようにしましょう。

仕方ないですね。面倒ですが、再掲します。
**************************************
安倍総理が今年4月から消費税率を今の5%から8%に予定通り引き上げる、と正式発表したのは去年の10月1日ですよ。
株価の推移をしっかり視てください。

んで、消費増税を正式発表してから、株価が下がり続けましたか?
逆でしょう?しっかり右肩上がりじゃないですか。
もう少し詳しく言えば、2013年10月には持ち合い状態の中で少し下げただけで、11月上旬からは上げているじゃないですか。そのまま年明けまでずっと右肩上がりなんですけど何か?

それに、2013年12月30日には安倍政権発足以来の最高値(16320円)をつけてますけどね?
あれあれ?知りませんでしたか?w

いるんですよねぇ、こういうことから目を逸らして印象操作する間抜けが。
もしかしたら、知らなかっただけとかw
それならもっと恥ずかしいですね。

グラフを見てもお分かりの通り、年が明けてからこの2月上旬までは(日経平均株価は)下げましたが、まさかこの原因が「消費増税」などとアホなことは言わないでくださいね。

で、倉山某氏をはじめ、消費増税したら国が滅びかねないようなことを曰っていたのは去年の9月頃です。そう言えば、安倍総理が10月1日に消費増税を明言するまでは、政府も上げる上げないですったもんだしてましたが、そのすったもんだの9月だけ見ても株価は上げ続けましたよねw

その9月頭に青山氏が上の動画(ザ・ボイスそこまで言うか!2013.9.5放送)で、発言したポイントは以下のことです。

※9月5日の日経平均株価(14064円82銭)を受けて。

・これだけ買いの材料がないのに、(株価は)底がたいと判断すべき。
・先の予想として絶望的な部分が払拭されつつあると言える。
・株価は上げ下げさせて儲けるものだが、13000円から14000円台をキープできるというのは底がたい状態。
・これは先行きに(市場が)期待を持っていると言ってもよい。
・アベノミクスに反対賛成があってもよいが、株価が下がったといえ14000円台に戻っている。

※ちなみに、貴殿が紹介した動画の1年前の2013年9月5日の終値は8783円89銭です。しっかりしてくださいよ、通りすがりの愛国者さん。

※消費増税の判断が株価に本当に深刻な影響を与えると言うのなら、なんで2013年12月30日に安倍政権発足以来の日経平均最高値(16320円)をつけるんでしょうねぇw

ポイントの続きです。

・好き嫌いで経済を論じるべきではない。
・これだけ買いの材料がないのに、1年前より大幅に株価が高くなっているのは珍しい現象。
・ただし、株価は水モノ。
・次の材料を待っている相場。
・予定通り(消費増税)する方が株価は上がる。
********************************************
再掲ここまで。

いいですか、読めば(聴けば)お分かりの通り、青山氏はそれまでの「底がたい」市況等を受けて、2013年9月5日の段階で、「(消費増税するという決断を)予定通りやる方が株価は上がります」と発言しているのです。

つまり、2013年10月1日に政府が「消費増税をやる」と決めても株価は上がっていくという趣旨の発言であり、様々な国際情勢ほかの煽りを食いつつも現にその通りになりましたね(貴殿もご存知の通り、青山氏はアベノミクスの第三の矢がしっかり機能しないと根本的な景気回復は難しいという立場ですよね)。

よって、貴殿の言う、4月以降の議論はこれからであり、一方、貴殿らが非難する青山氏の発言は「増税決定後」からの話です。
事象というものはきちんと分けて正確に理解し合わないと、議論になりません。

>http://www.nicovideo.jp/watch/sm21759460
>え?え?
(笑)

だ・か・ら・あ。
通りすがりの愛国者さん、青山氏の発言を具体的に文字で書いてください。

>ちなみに輜重兵=兵站を軽視した日本軍は大量の餓死者を出しました

全く以って同感です。おお、初めて意見が一致しました。
仰る通り、これは先の大戦で日本軍が犯した大きな過ちの一つですね。
※但し、輜重兵は兵站(Logistics)とイコールではありません。
ちなみに、私が書いた蝶々トンボの一節は、兵站を軽視することと一切関係ありません。

貴殿が「愛国者(笑)」と自称しながら、どこか愛国者という言葉を揶揄するように感じたので、それに対する単なる皮肉です(飛翔昆虫と鳥類ほどに違うと言いたかっただけですので悪しからず)。

>経済はミクロで見ると大局を見誤ります。
マクロの視点で見るべきです。

時にミクロで見ることも必要ですが、大筋で同感です。

>これで満足していただけますかwwwwwwwww

というわけで、全く以って、満足できないので、またよろしくお願いいたします。



Posted by 隼脩二 at 2014年3月10日 02:40
青山繁晴は「青山千春ハカセ」が開発(?)した魚群探知機を使ったメタンハイドレートの調査方法を「無料で提供します。お金は一銭も取るつもりはありません。」と言いながら各国で特許を採っている始末。一番最初に思いついたという名誉が欲しいだけなら特許を採るよりしかるべき学会に論文を出す方が余程大事です。

私はアホですけど、あんたはそれを大きく上回るほどバカですね!
IPS細胞でノーベル賞を取った山中伸弥氏のことは当然ご存知ですよね?!
その方はIPS細胞研究を広めるために無償で情報提供していますよ。
しかし、その傍ら各国で特許を取っています。
何故だか分かりますか?

もちろん一番最初に発見したという名誉のためではありませんよ。

各国で特許をとらなければ、それを知った別の誰かが特許を申請します。
その誰かがお金のために特許をとったとすれば、誰もが簡単に研究することも無理になり、研究のために多額の費用を払う事になります。
それを避けるために各国で特許をとったうえで、無償提供しているのです。

人を批判するのは大いに結構。

しかしこういった基本的な考えが抜けているというか勉強しないのであれば、人を非難する資格すらないわ。
Posted by アホ at 2015年4月23日 14:59
ソナーを発明したというなら凄いと思いますが、魚群探知機を利用してメタンハイドレートうんぬんなどと同列に較べたらIPS細胞が気の毒というものです。

「アホ」などとふざけた名を名乗る方はお引き取り下さい。
Posted by プラモデル工作員 at 2015年4月30日 21:38
戯言でも言い続ければ真実味を帯びてくるものなのでしょう。
そんな現実が日本を悩ませています。
相手にしないことが最良ですが、あまり放置しすぎても黙認しているようで薄気味悪い。

取り敢えず、このブログの文章は心に嫌な感触しか残さない。
言葉に力がなく、読んでいて自身のレベルを下げるような苦々しい心地の悪さがある。
恨みか、妬みか、他人をこき下ろして満足を得ようとする人間のなんと醜いことか。
Posted by ※ at 2015年5月8日 11:19
前のコメント者の方へ

>戯言でも言い続ければ真実味を帯びてくるものなのでしょう。
てっきり青山氏のことだと思ったので正直ビックリしました。

私個人の評価にはあまり興味はありませんし、この手の人格批判には飽き飽きしているので、もう少しましな(論理的な)批判を聞かせてもらえると助かります。

それから、「匿名」「通りすがり」等と名乗ることすら厭われるようでしたら、次回から禁止IPとさせて頂きます。
Posted by プラモデル工作員 at 2015年5月8日 19:27
TPPに反対していながら、妥結もしていないのに「条約が締結された」と
日本のデタラメなマスコミより酷い発言を、さも事実であるかのように言ってのけ、
最後には「批准されたら地獄が始まります」と、恐怖を煽り、視聴者に誤解と混乱を与える
CFR・CSIS(ジャパンハンドラーズ)の飼い犬、それが青山繁晴。

それから約半年、TPPの発案者アメリカ国内(戦争屋・金融マフィアと懇ろの議員や、企業以外)の
ほぼ全ての国民が反対している状況で、批准にまで漕ぎ着けるのは、もはや夢物語だろう。

なぜこのような状況に陥っているのかと言えば、米が「金融破綻」を誤魔化すための
「粉飾決算」をしていることが既知の事実となり、参加国『日本国以外』はドル決済を避け、
米国やくざの脅しから逃れようと次々に足抜けをしており、彼らの軸足は中ロとの関係強化、
「元での決済」を基軸とする貿易に移行しているのである。
(TPPに前のめりなのは、むしろ国内の”天皇財閥系”の企業なのであって、99%の大衆は、
金融奴隷制と階層社会をさらに拡大させる、この、馬鹿バカしい条約に反対しているのです!)

これに逆行して、アメリカの泥船(八百長株式市場)から降りずに、日銀券(利子付き紙くず)を、
せっせとつぎ込んでいるのが、今の黒田日銀(BISの子飼い)であり、
GPIFの運用では、7ー9月期だけで約10兆円もの損失が確定している。
(株価は、景気上昇基調を演出するための「官製相場」であり、従業員の手取り額は下がり、
 金融緩和をしてアメの国債を買い銀行家を儲けさせ、海外へ行く度、企業体に血税を差し出し、
いまや国内はデフレに逆戻り…「無能パペット安倍」のお陰で、我が国は経済破綻へまっしぐらですw)

青山先生を慕う方々は、諸外国から日本《安倍晋三とその取り巻き》に軽蔑と
疑いの眼差しが、向けられている事を知らないのだろうか?

貴方たちは何故、西側メディアの他に「海外独立系放送局』が発信する、
中立公正な「報道、見解」を参考にしないのですか?
今の世界情勢(特にシリア)を見るにつけ、彼の言動や本の内容に違和感や疑念を
抱くことが増えていませんか?


氏は、博士号も資格も、実際の事故現場での経験も、何一つないはずなのに、
原子力危機管理のスペシャリストを自称し、原発事故の過小評価と事故原因の真実を隠ぺい、
放射能による被曝障害(北日本〜関東圏)の発症増加が顕著になっているにも関わらず、
原油調達費の事や、有用な代替エネルギーが無いとウソをつき、
加圧水型(PWR)の再稼働には目を瞑れ!ですか...

(米とイスラエルは、地震と津波及び原発事故を「人工的・意図的」に起こしたことを
認めているのに、9.11自作自演テロ同様、国家ぐるみの”ヤラセ”を声高に否定するのは、
彼がネオコン『アシュケナジーユダヤ人』のエイジェントだからである。)

そうですよね、あなたは核(原爆)開発利権者ともズブズブですものね。。。
口が裂けても、原子炉再起動の理由が
「炉心燃焼によるプルトニウム239の生成と、核弾頭の入れ替え及び製造」の為である、
 なんて言えませんよね^^;
(3.11当時、4号機では低出力による核濃縮が行われていた
  ことをご存じない方がほとんどでしょう…)
しかも、その特許を持っていたのが天皇裕仁で、その特許更新と、
大都市に於ける人体被曝のデータの収集をする為に、「日米英独」で共同開発した原爆の投下を承認した。
(当時、昭和天皇は英国陸軍元帥の称号を与えられており、『ガーター勲章』を
 授与されている。今上天皇も恐らくは、その開発特許を継承しているものと思われる。)

なんて口走ったら、貴方が敬愛する天皇陛下の偽善、さらには、2065年を誇る皇国史観が
【支配層に都合が良いように改ざん】され、それらが国民を欺き、ミスリードする為の
道具であることがバレてしまい、飼い主に自身の命か、その地位を差し出す事態に
陥ってしまいますからね〜(^_^;)

時間の制約上、詳細を割愛している部分はあれど、
上記のことは、わたしが調べた限りでは事実であり、言い方は悪いですが、
青山氏を盲信している方は、右も左も関係なく、公正中立の見地に立って、
我が祖国の真の歴史を、再考していただきたいのです、、。

たぶん本人は、引き返せない所まで歩を進めてしまったことを分かっている。
だから自身の都合が悪くなると、脈絡のない話をはじめ、語気を強め、相手をねじ伏せるのだ。。














Posted by 大和魂 at 2015年10月28日 18:04
大和魂さん

米国とイスラエルが東日本大震災を人工的・意図的に起こしたと認めているというのは初耳です。
震災が起こる2日前から、三陸沖では前兆現象と見られる地震の増加が観測されていたようです。これらも「人工地震」なんでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=B4D-6MJ17no
Posted by ぱじぇんと at 2015年10月29日 17:29
私も青山氏は随分前からうさん臭いと思っています。

知識も薄いし、通り一遍のことしか述べていない。
内容は保身の為の発言や政権寄りで国民を誘導するかの様な傾向もあり、
中にはまともな話しもあるかも知れませんが全般的に信用していませんし、聞きたいとも思いませんね。

評論家?コメンテーター?として、少なからず発言力がある人なのだから
もっとお勉強して、思慮深い発言と真に日本社会のことを考える人になってもらいたいです。

恐ろしいことにこの青山氏を信頼している日本人がたくさんいることが本当に残念。
Posted by 通りがかりのおばさん at 2015年11月3日 06:06
彼の話は事実と違う点が多いが言葉巧みに信じ込ませる。名前を使われる警察や自衛隊の上級幹部は驚き距離を置く。何も知らない国民は信者にもされて行く。
Posted by 妄想右翼 at 2016年1月7日 09:21
上からざーっと見たけど
長文で視るのも嫌になるほど多くの質問し
答えなければ論破とかいうのは笑わしてくれました。
普通質問は1つだろ?答える身にもなれよ・・・
と思うのは私だけじゃないようで安心したwww

あと専門家が一番笑えましたね。
青山さんが理系出た人やより詳しいわけがないでしょ。
「文系出のただの新聞記者くずれ」
が、原子力について深い知識があるわけがない。
小出さんと一緒にされても困るでしょ、これ一般常識。

まあ、青山さんがペテンなのは言うまでもないですよね。
いつまでたっても実用化しそうにないメタハイがそれを表してるようなもんでしょう。

そういえば、愛国からくる不眠症芸人といえば青山さんですが
たしか、死ぬ死ぬ詐欺も働いてましたよね。
今も動画で、ボクはいつ死ぬかわからない身です。
なんてことのたまってるのでしょうか?
最近は、あの顔みたら110番。。。でなく、だるいので
その番組見ないことがほとんどなので
なつかしく感じてます。
Posted by だるいぬ at 2016年1月25日 02:33
落合信彦と同じ匂いがする青山。信者が多いのも似ている。危険である。
Posted by michi at 2016年2月23日 11:46
青山はペテン師なのは間違いないですね。

私も上からザーッと読みました。
青山ファンなのでしょうけど、必死過ぎです。

一言言うならば、「バカの話が長い」ですね。
Posted by Tomohiro at 2016年2月29日 06:33
記事読んだ後にコメを最初から順に読もうと思ったんですが、とにかく長いw
というわけで、私事を書かせて頂こうと思います。
自分も日本社会では所謂「保守」と定義される側の人間だと思いますが、嘗ては青山氏の番組(例えば以前の水曜アンカーからザボイスからインサイトコラムから、最近では虎ノ門ニュースまで)を色々とチェックしてた身です。
まあ、ここでは自分も青山信者だったということになるんだと思います。
で、今はどうか。
サヨナラしましたよ。
何故か。
ずばり申し上げましょう。
サンノゼの日本人が中韓との歴史問題に絡んで、いじめや嫌がらせに遭ってるという話があったでしょ。
あの時からです。
自分も名前の通りサンノゼ在住ですが、こちらでは割と同業者は勿論他業種の方々とも交流があるんですが、そんな話は一切聞かない。
勿論自分の周りでも皆無。
一部の市民団体や工作員のような連中はともかく、一般のコリアンやチャイニーズはそんなこと関心ないですし、それよりも自分の身の周りにある日常が自分達の現実なんです。
自分も親しいコリアンもいるし、日本人だからといって良い思いはあっても嫌な目にあったことなどないんですが、ああいう発信をされるとそれによって要らぬ諍いの原因にもなる。
イジメが皆無だとは勿論言いません。
こちらでイジメに遭ってる人或いは子供も、いるかもしれない。
でも、まるでサンノゼの日本人全体がイジメを受けてるかのような、それも政治や歴史に端を発するというのは、現実を知る者として正直どうかと思う。
先の日韓合意に関するこちらの報道の話一つとっても(これは青山氏に限りませんが)、性奴隷という表現が目立ったものの、日韓基本条約やアジア女性基金の経緯及び市民団体がどういう連中かもきちんと報道してるメディアが大半だったにもかかわらず、全ての報道が日本を貶める内容だっただの(cnnはそうでしたが)、あまりにも扇動的で正直辟易すると同時に気味が悪い。
挙句青山氏が「例えば日本の農家がトマトを卸してるイタリアのレストランが『性奴隷の国が作った物は買えない』と言ってきたらどうするんだ」とのたまったのを見た日は、あまりにも馬鹿馬鹿しくなりそれ以来彼の番組等完全にどうでもよくなりました。
正直、彼等の意図がわからない。
とまあ、長くなりましたがそんなところです。
他にも色々言いたい事あるんですが、この辺にしておきます。
Posted by サンノゼ在住元信者w at 2016年2月29日 15:12
yahooニュースのコメントがネトウヨに占領されている、ネトウヨを排除するためにみんなでネトウヨ批判&リベラル書き込み&違反通知をしましょう!
Posted by ネトウヨ退治 at 2016年3月10日 18:43
ブログオーナー様、以下のブログに激しく同意いたしします。

「愛国を芸風として利用するペテン師・青山繁晴
『表明しない振りをして、実際はある方向に視聴者や国民を誘導しようとすることが、いちばん悪質です。』
お前だよ、青山繁晴!」

 毎回胸糞悪くなる八百長ゴミ番組(クズ司会者辛坊筆頭にゲストの7割は売国クズ)「そこまで言っていいんかい!」(俺は見たくなかったが認知症の家族が熱心に見ていて消せなかった)で、本日もこの売国奴が最後まで醜態をさらしておった(辛坊と結託し統一狂会CIA安倍の三本の毒矢、兵器輸出を徹底肯定)。

ジャパンハンドラー(CIA統一狂会)から幾ら貰ってんだ、繁晴。
放送局、司会者、出演者、いつも声色キモイ声の出演者も同罪。


Posted by ブログオーナーに賛成 at 2016年4月10日 17:54
なんと、ひねくれたものの見方しかできないのだろう。これ書いた人は間違いなく幸せになれない。同時に青山さんがかわいそうだ。ほとんど無償といっていいほどのギャラで日本のためにがんばっておられるのに。人の足引っ張ってないでにほんのために青山さんよりもいい仕事してみろ
Posted by あ at 2016年4月10日 19:07
青山さんもこんなバカ共から誹謗中傷受けてご苦労なすっていることでしょう
青山さんはこんなバカ共に負けずがんばってほしい

上の人もおっしゃっているが、青山さん以上のことができるならしてみてから批判なりなんなりすればいい。それができないなら黙っていろと言いたい
Posted by エテポンゲ at 2016年6月5日 10:05
エテポンゲさん
青山信者という「病い」からのご快癒をお祈り致します。
Posted by ぱじぇんと at 2016年6月9日 18:31
僕もこいつは信用できません。TPPでどう思っているかはわかりましたが、青山批判の動画等が上がっていて事実として安部さんとも関係がありそうで、そして昨今、政治と金、癒着等がシビアに取り上げてる中、僕は無所属で出馬したかったのに、安部さんからの推薦で嫌々出馬したとか言い訳がましいこと言いながら、しっかり自民党で出馬してるあたりが胡散臭いと思いました。そして何より平気でうそをつく安部と繋がりがあってさらに推薦ってだけで絶対安部の回し者じゃん、人として問題がありそうだと僕は思いました
Posted by ぽにょ at 2016年6月29日 04:49
本当にいつも思う疑問
何故左翼は卑怯なのか
嘘ばっか、本当の日本人がいるなら
こんなデマは信じづ、自分でインターネットを駆使して
検索してみてください
すぐわかります。ここにかいてあることが嘘ばっかりってことが。
Posted by 左翼は何故卑怯 at 2016年6月29日 17:19
1、青山さんは無所属で出馬したかったなどとは言っていない。 

2、安部ではなく安倍総理  日本人ですか?

3、推薦ではなく、頼まれた。

4、100歩ゆずって、”まわしもの” だとしたら、あんなに自民党の悪いことを普通に言わないし、安倍さんと意見の違うことをわざわざ選挙演説で言わないでしょ。普通に考えて



Posted by ポニョへ at 2016年6月29日 17:27
今話題の人なのでネットを漁っていてこの記事に辿り着きました。
古い記事ではありましたが過去のコメントを含めざっと拝見いたしました。

私は青山氏の支持者でも不支持者でもありませんので客観的な視点で記事、コメントでの議論の私見を述べさせていただきます。

支持者、不支持者どちらの意見が正しいかは置いておくとして、他者が信頼できる議論を展開しているのは「よよげん」さんと「通りすがりの仮面ライダー」さんだけのように思います。
「隼脩二」さんも持論の展開や反論についてソースを基に話しておいでですが、所謂熱心な人という印象を受ける論調ですので、せっかくの内容も他者の信頼を得るのが難しいかと思われます。
しかし、その「隼脩二」さんよりも信頼を得ることができないであろう人が申し訳ありませんがブログオーナー様かと思われます。
どのような論調であろうとも、相手が具体的なソースを示して意見しているにもかかわらず、それに対して具体的な反論ができない、しないというのであれば、第三者からは根拠のない只の私見と捉えられて仕方がないかと思います。
また、他者の意見に対して論説ではなく皮肉をもって返す辺りも印象がよろしくないかと思います。
Posted by 通りすがりの一般人 at 2016年7月1日 04:23
すごいわ、これはすごい
完全に病んでるねw
でも戦後ずっと日本が病んできた象徴としてこれは記憶にとどめつつ、これからの我が国ニッポンをより良くするために青山繁晴さんと一緒に考えましょー
Posted by 名無しさん at 2016年7月2日 00:00
「中国に行けば二日目の夜から中国語話せる」なんて小学生でも言わないようなこという人間は信用できんな。
噂では金粉も出すらしいからねwww
Posted by むむむ at 2016年7月2日 13:32
通りすがりの一般人さん
"「隼脩二」さんも持論の展開や反論についてソースを基に話しておいで"というのは、ずっと前の方の、■質問1〜■質問16に答えろ、というやつですか?
勘弁してくださいまし。

"ポニョへ"さん
当ブログではコメント者間では「さん」付けを推奨しておりますので、よろしくお願いします。
人として最低の嘘吐き「アベ」に対しては、呼び捨てにするのが順当と思っております。
昔は「安倍総理」、「総理」と呼ぶのが嫌になってからは「安倍首相」、その後は「安倍氏」でしたが、今では「アベ」と呼び捨てにする以外に呼び様がありません。

左翼は何故卑怯さん
"ここにかいてあることが嘘ばっかり"とは具体的に、どの記事のどの記述のことでしょうか?
Posted by ぱじぇんと(ブログ管理者) at 2016年7月4日 20:10
ここ数年、関西ローカルのワイドショーにやたら出てたと思ったら、今度は出馬ですか。
この方の、熱弁ふるったコメントに、一時は、『そうそう、ごもっとも』と思った時期も有ったが、冷静に見てみると
どうも、胡散臭い気がしてならない。

危機管理のスペシャリスト(自分で言っている)らしいですが、各々の専門分野にどれだけ精通してるか疑問。
それは、この方の言ったことを一言一句精査すれば、わかりそう。

右であれ左であれ、どれだけ真の愛国者がいるのだろう。

今日は、これくらいにしておこう。
Posted by 大友勝利 at 2016年7月8日 11:21
メタンハイドレートで特許を取っているのは、取らないと中国に特許を取られてしまい、逆に開発者であっても中国に高い特許料を払う羽目になるからでしょう。
みんなに対して安い資源を提供するには、青山千春さんが特許を取っておく必要があるのです。
Posted by mystic feline at 2016年7月8日 22:14
「魚群探知機を応用してメタンハイドレートの塊を…」などより、消しゴム付き鉛筆の方が余程画期的です。
Posted by ぱじぇんと at 2016年7月8日 22:25
結局、青山当選で喜んでいる人たちは、石原の尖閣詐欺に懲りていない愚か者なのでしょう。
Posted by Sura at 2016年7月11日 21:52
青山繁晴の怪しさが当選直後から目立ってきたように感汁
東京都知事立候補者の小池百合子の人格否定
https://youtu.be/UwJCO6-aqxc
政治家なら政策と実績をもとに評価するべきところを
青山は小池を知ったかぶりをしたとしていきなり人格否定している
話の流れで知らなくても話を合わせるぐらいのことは普通によくあるし
どういう意図でそのように振る舞ったのかは小池に聞かなければワカラナイ
もしかしたら小池なりの考えがあっての事なのかも知れない
しかし根拠はお得意の独自ソースで真贋の確かめようがない
更に増田を好評化しその根拠は増田の地方消滅論でこれが出来るかどうか見てみたい
としている
え?
岩手県知事の実績があるのに何故それを元に評価しない?
しかも同動画で増田の地方消滅論を上念司がフルボコに反論している
青山が増田を押すのならこの上念司の反論を打ち砕くほどの論理が必要だが
何も語っていない
さらに冒頭にこの選挙を危惧していると言いながら
自民の出した『党紀について』の締め付けがまるで語られていない
内田批判はまるでなし
えぇぇぇぇぇ!!!!
愛国保守の青山がなにも語らないことに違和感を持たない人は
頭がおかしいかまさに信者としかいいようがないでしょぅ
また青山は選挙中に『女を黙って守るのが日本男児』とか言っていたようなキガス
(動画が見つからなかった;;)
が、当の本人がやってることは人格否定までして寄ってたかって袋叩き
青山の人格を疑う
また 天皇陛下生前退位についても退位側で情報操作しているように伺える
https://youtu.be/rgQ91VGH-aI
しかもこの情報の裏とりもお得意の青山独自ソース
しかしこの情報発信の方法を危惧する声がある
https://youtu.be/eLAf0hj3ZIM
https://youtu.be/577ovecSxME?t=1m
青山の退位に対する言動は真贋の確かめようがなく、先導者のように思える
青山は拉致被害者の救出を訴えたり韓国中国批判をしたり
一見すると愛国保守のように伺える
しかし選挙後の行動を見ると選挙前とは違和感を感じる
この現状をプログ主さんが指摘しているように
青山は『愛国風芸人』と見れば分かりやすい
青山にとって主義主張はどうでもいい
愛国風に見えさえすればいいのである
選挙後の言動の変異は当選できて嬉しくてたまらまい高揚感で
つい本正が表に出てしまったというところではないだろうか
だから小池批判も慌てて自身のブログで言い訳し
今までの青山からすると少々みっともない
有権者を騙して当選した高揚感が続き、
なんでもてきてしまうと思えるほど有頂天になってしまったんだろぅ
青山のお得意の独自ソースでなんでもできちゃう不思議な青山
政治家になったことでこれから先は青山の言動の不一致は顕著になるだろう
ハッタリだけでここまできたオッサンが何処まで登るのかお手並みが楽しみである
あと青山信者の発狂ぶりもオモシロソウ
プログ主さんは左派系のようなので
今回の都知事選で追い風となるかもしれない青山の言動批判はしないかな?w
左派の大同団結のために宇都宮が主義を曲げて辞退し、ボケ老人の担ぎだしたり
自公が押す増田が韓国に寛容だったり、もう頭割れそうかもしれませんがw
全て同じだな、みんな自分の損得のためにやってる
誰が好き好んで何の得にもならないことするだろうか
政治の世界は理念や主義が重要だが、それでは食べていけない
食べてくためにそれ風なことを装ってるだけだ
そしてそれ風を装うだけな連中がでてくる
有権者はその中で自分の好みに合わせて利用できそうな政治屋を選ぶしかない
それが現実
Posted by 貧乏父さん at 2016年7月19日 18:22
貧乏父さん・さん
私は左派ではないと思いますよ。憲法破棄(明治憲法復活という訳ではなく憲法不要という立場です)や日本の核武装を主張しているくらいですから。
ただ、過去に原爆を落とし、今だに占領軍を駐留させ、今度はTPPを押し付ける「アメリカ」およびその「アメリカ」に隷従する安倍自民党に反対なだけです。

鳥越俊太郎氏は海のものとも山のものともよく分からず、またマスコミで食べて来た人物という不安材料もあり、本当は都知事には宇都宮健児氏が良かったのにとは思いますが、反安倍の票を割らないようにと宇都宮氏が立候補を辞退した以上は、いちおうは鳥越氏(ボケ老人?)押しです。

青山氏に関しては、せっかく色々と動画のURLを貼って頂きましたが、私の中では既にまぎれもない「詐欺師」と結論が出ていることでもありますし、信者の方々には何を言っても信仰を捨てものではないようですし、今更あれこれ書く気にはなれず、動画もみていません。申し訳ありません。

自民党衆議院議員山田賢司の元秘書野田哲範氏の怪死事件以降、心底書きたいと思う事柄がありませんので、残念ながら現在ブログの更新は途絶えています。
Posted by ぱじぇんと at 2016年7月23日 21:04
おい、お前朝鮮人だろ
Posted by hirakata at 2016年8月4日 02:10
青山批判と取られてむ仕方ないが、悪ふざけと季節もコントロールしようとしているのは、国会議員としてだいじょうぶか?

https://www.youtube.com/watch?v=b20WpUOS9L8&list=PLdoANlSaeHve-kT14L4OaVhBd8m4KVMYt
Posted by 通りすがりのものです at 2016年12月5日 10:57
相手が誰だろうと批判をする人は若干必要。なのです!日本を日本人にとって誇らしく逞しい国にするために皆で協力皆でぶつかる!!青山氏は最近見習う場所も少しあります。それは、ただ周りを批判し敵を作るんじゃなく(略)と発言してらして、一般的に言う右翼やネトウヨとは少し違うんだなと思いました。残念ながら、私は愛国者と右翼は似てるようで違うけどどちらも国を思う気持ちはあるのだと信じたい。けど、ネトウヨや右翼の中にはただ批判する人が多過ぎます。朝日だって毎日だってNHKだって少ないですがちゃんとしてる方はいる訳です。青山氏は批判する時はちゃんと考えてるが他の右翼系コメンテーターはパフォーマンスが強過ぎます。お互い煽りあっている。日本を良くしたいだけで右左の煽りあいなんていらない面白くない。
この記事も特定の人物を批判するのは良いけどそれで国が変わりもしないのは知ってますよね。私が民進党の○○がダメだと言ってるのと同じ。民進党も自民党も無知な国民からしたら目糞鼻くそ。協力をしなさいよ。
Posted by 名無し at 2017年1月13日 23:29
名前も出てこんが、批判してるあんたは、その胡散臭さを払拭出来る策があるんかな?
それと、拉致被害者の件で命晴れるんかな?答えろ。
Posted by 名無しさん at 2017年1月18日 19:50
ポニョへさんという方が「青山さんは無所属で出馬したかったなどとは言っていない。」と書かれていますが、無所属で出馬することも考えたと青山さんが発言していますよ。
https://www.youtube.com/watch?v=St75tqv1ahE 青山繁晴vs学生と言う動画です。
それから、拉致事件の件で命張れるのか?と言う方、青山さん自身は命を張れるんですか。
ブルーリボンバッジを現代アートと称して16万円で販売していますが、これはどういう事でしょう。これが拉致事件に命を張る男の姿なんですかね。
Posted by 名無しさん at 2017年1月21日 11:10
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377780562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック