2013年12月1日

青山繁晴氏の主張「日本海側のメタンハイドレートは実用化し易い」の嘘

以前からしきりに日本海側のメタンハイドレート開発を主張している青山繁晴氏。
東京オリンピック開催が決定した後のラジオ番組でも、かねてからの主張通り「日本海側のメタンハイドレートは実用化し易い」と語っていた。(ザ・ボイス9月12日放送分、26分50秒ころから)

だが以前も「愛国を芸風として利用するペテン師・青山繁晴」に書いた通り、日本海側の表層型メタンハイドレートは一見採掘しやすそうに見えて実は技術的にぜんぜんメドが立っていないのである。深海で削ってどうやって海上まで運ぶというのか。

一方、太平洋側の砂層型メタンハイドレートは減圧法の工夫により原油のように自噴させられる可能性があり、どう考えてもこちらの方が実用化に近そうである。(「メタンハイドレート「2万m3」採掘の衝撃! メタンハイドレートの夢を力に「資源大国日本」へ」 第2回:PRESIDENT Online - プレジデント)

ところで上のラジオ番組でも少し触れられていた「海洋エネルギー資源開発促進日本海連合(通称、日本海連合)」。青山繁晴氏の呼びかけで昨年9月に日本海側10府県が参加して発足したらしいのだが、この「日本海連合」のホームページを見て驚いた。ほぼすっからかんの開店休業状態なのだ。

リンクをクリックしてもほとんど 「ただ今工事中です。しばらくお待ちください。」というアナウンスばかり。
「海洋エネルギー資源とは」
「組織概要」
「活動状況」
「関連リンク」
(上記はいずれも2013年12月1日時点でのウェブ魚拓。
その後がんばって作った様子だが、見るに値する内容は無い。)

HOME画面右側のメタンハイドレートらしきものがカッコよく燃えてるバナー「海洋エネルギー資源とは」のリンク先も「ただいま工事中」なのは意図的なギャグですか?

かろうじて内容があったのがホームページ開設のお知らせと「メタンハイドレート採掘技術アイデアコンテスト」の告知のみ。
この「採掘技術アイデアコンテスト」というのがお粗末というか人を馬鹿にしてるというか、対象が中学生と高校生なのだそうだ。

−−引用開始−−
1 趣旨 
次代を担う中学生・高校生から、表層型メタンハイドレートの採掘につながる技術アイデアを募集し、柔軟な発想による優れた作品を顕彰することにより、国民のエネルギー問題への関心と、表層型メタンハイドレートの開発気運を高めることを目的とします。
(中略)
※入選作品の著作権は海洋エネルギー資源開発促進日本海連合に帰属します。
−−引用終了−−

「国民の関心と開発機運を高めるため」とか言ってるが、子供に採掘方法のアイデアを教えてもらうんだって。そしてその著作権は日本海連合にあるんだって。
だいたい表層型メタンハイドレートの採掘が技術的に困難だと自ら認めているではないか。

青山繁晴氏は以前からマスコミで語って来た「日本海側のメタンハイドレートは実用化し易い」という嘘をどう説明するつもりなのだ?

青山繁晴氏は自身が日本海側のメタンハイドレート開発を主張していることと「青山千春ハカセ」がその研究をしてることは無関係だと繰り返し述べているが、そんなはずがないのは小学生でも分かる。
全部利権。「おれの嫁さんにもっと研究費よこせや」ということだ。

おそらくこの組織には政府の資金の他、参加自治体の税金も投入されているんだろうね。
まんまと詐欺師青山繁晴に乗せられた都道府県も情けないが、府民県民の皆さんも、それから全国民も怒りましょう。
青山繁晴の嘘に対して。


(この記事に関してのツイートでのやりとりのまとめ)
「日本海側のメタンハイドレート開発を主張する青山繁晴氏についてのやりとり」

−−
(2013年12月2日追記)
検索したところ、白砂青松さんがメタンハイドレートにまつわる青山繁晴氏の嘘を分析しておられたので紹介させて頂きます。
青山繁晴氏の虚言を詳細に分析しておられますので、こちらも是非ご一読下さい。(その3、その4は関西テレビの情報番組アンカー内での虚言についてです。)

「メタンハイドレートで一儲けしようとする人達(青山繁春氏・青山千春氏)(その1)」
「メタンハイドレートで一儲けしようとする人達(青山繁晴氏・青山千春氏)(その2) 」
「メタンハイドレートで一儲けしようとする人達(青山繁晴氏・青山千春氏)(その3)」
「メタンハイドレートで一儲けしようとする人達(青山繁晴氏・青山千春氏)(その4終) 」


【関連記事】
逃走準備に入ったメタンハイドレート詐欺師・青山繁晴

posted by ぱじぇんと | コメント(28) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
バカオくんこの意味わかる?

低之外

Posted by 頭おかしいの? at 2013年12月1日 17:32
矢川幸一さん

「低之外」、検索してみましたが中国語のページしか表示されないようです。

どういう意味か教えていただけますか?
Posted by プラモデル工作員すだち at 2013年12月1日 18:11
ブログ主さん

トラックバックありがとうございました。
こちらからもお返しさせていただきます。

彼自身を評するつもりもないのですが、技術的、論理的に明らかに嘘がある言説を振りまかれては、世の皆さんが迷惑しますので、彼の発言ばかりを見ることはできませんが、これからも、そういうことがあれば指摘して行きたいと思っております。


Posted by 白砂青松0715 at 2013年12月2日 13:56
白砂青松0715さん

そちらからのトラックバック、届いていないようです。
以前自分の別のブログからも上手く送れなかったのでこちら側の不備によるものと思われます。申し訳ありません。リンクを貼らせて頂いたことでその代わりとさせて下さい。

「彼自身を評するつもりはないがおかしな言説は指摘して行く」というのは立派な態度だと思います。自分の場合はつい感情が出てしまい勝ちですが、なるべく見習うようにしたいと思います。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2013年12月2日 18:13
頭おかしいの?(他コメントでの矢川幸一)さん

「低之外」、分かりました。それは貴方の造語ですね。

貴方が勝手に考えた言葉なので意味は想像になりますが、おそらくは「低」とは次元の違う低レベルさとでもいいたいのでしょうね。

それにしても貴方は熟語を造語するのがお好きのようですね。
「脱私即的」といい、あまり才能に恵まれていないようにお見受けしますが。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2013年12月2日 19:53
お前は支那や韓国の工作員か!

日本国民の敵は日本から出て行け!
Posted by 真実の目 at 2014年3月12日 08:55
真実の目さん。慌てない慌てない。
海洋エネルギー資源開発促進日本海連合。

青山氏は第一回会合に呼ばれませんでした。
その代わりに官僚側が出席しています。

海洋エネルギー資源開発促進日本海連合は資源エネルギー庁に要望書を出しました。
一応、現安部政権のエネルギー政策の中に日本海側のメタンハイドレートも入ってはいます。

しかし、日本国内の当該研究あるいは技術者にはすでに米系の民間企業から研究費が出されています。
その経過も成果も、米系民間企業に吸い取られる可能性が大きいです。
GEでしたか。

確か、韓国が手を出している島近辺のメタンハイドレート開発のパートナーもGEでしたね。
偶然でしょうか?

日本を占領して、その体制で儲けが出る仕組みで生き抜いてきた日本の企業。ともに歩んだ官僚組織。悪い言い方で敗戦利得者。
まだまだ、日本の独立は遠い。
Posted by 年中お花畑 at 2014年3月15日 14:47



プラモデル工作員すだちさん

こんなエントリーもあったんですねぇ。
青山氏をなんとしてでも不当に貶めたいんですね。
これは貴殿の生き甲斐か何かでしょうかw

以下のエントリーで散々デタラメを書き、貴殿の書き込みが如何に不当であるかが白日のもとに晒されて尚、こんな印象操作まで行っていましたか。知らなかったなぁ。

■『ぼくらの祖国』一人称混在の不可解
※元タイトル:『ぼくらの祖国』にはゴーストライターが関わっている。反論があればどうぞ、青山繁晴さん
http://pagent.seesaa.net/article/381051067.html?reload=2014-02-13T05:54:06

■愛国を芸風として利用するペテン師・青山繁晴
http://pagent.seesaa.net/article/377780562.html#comment

上記エントリーで、私は貴殿の主張が如何に間違っているかを徹底的に検証しましたが、貴殿がしたことと言えばセコい論点外しか、話のすり替え程度。
ろくな反論もできず、だんまりを決め込んだままですね。

さて、少なくとも貴殿は太平洋側のメタンハイドレートには期待しているようなので、せめて、ここではエネルギー問題について徹底的且つ建設的に議論したいところです。

>日本海側の表層型メタンハイドレートは一見採掘しやすそうに見えて実は技術的にぜんぜんメドが立っていないのである。深海で削ってどうやって海上まで運ぶというのか。

質問22
まず、なぜそのように言い切れるのか、科学的根拠を示した上でご説明ください。
もちろん、海洋土木工学を応用しても「表層型メタンハイドレート」はこれこれこういう理由で資源たり得ないと証明してくださいね。
まさか石井吉徳氏(元国立環境研究所長)のように的外れなことは仰らないとは思いますが。

質問23
貴殿は、日本海側のメタンハイドレートは開発すべきではないという立場ですか?

ちなみに青山氏は太平洋側の(分子レベルで砂や泥と混じり合った状態で賦存する)メタンハイドレートも日本海側の表層型メタンハイドレートも、何れも日本が自前の資源を持つために開発すべきであると指摘しているのはご存知ですよね。

>リンクをクリックしてもほとんど 「ただ今工事中です。しばらくお待ちください。」というアナウンスばかり。
>「海洋エネルギー資源とは」
>「組織概要」
>「活動状況」
>「関連リンク」

質問24
魚拓も結構ですが、現在すべてのページに飛べるので、現在はリンクが張られていることを公正に示すべきではないですか?

>全部利権。「おれの嫁さんにもっと研究費よこせや」ということだ。

質問25
当然、青山氏の著作やメディア等での発信を調べた上での書き込みだと思いますが、青山氏が持ち出しでメタンハイドレート探査の研究開発や「海洋エネルギー資源開発促進日本海連合」立ち上げに関わってきたことを否定できる具体的証拠、利権の為にやっている証拠をご提示ください。

質問26
もちろん、青山氏や独立総合研究所は、日本海側メタンハイドレートの開発が実用化されても利権を得ることはないと明言していますが、それを否定できる根拠を示してください(何度も書きますが、上記も偽計業務妨害罪等に抵触する行為ですよ)。

くれぐれも、日本海連合がアイデアコンテストを実施したからなどという貴殿のくだらない思い込みで書かないでくださいね。
貴殿の印象操作や思い込みの激しさは筋金入りですし、貴殿は(少なくとも今までは)ロジカルに議論することが全くできない方なので、念の為書いておきます。

それでは、祖国のエネルギー問題について、貴殿と建設的なやり取りができることを願っています。







Posted by 隼脩二 at 2014年3月16日 04:35
プラモデル工作員すだちさんのコメントに非常に賛同します。

プラモデル工作員すだちさんからの質問に対して、しっかりと回答してみてください。

無理でしょうね!
Posted by 青山繁晴のファン at 2014年5月11日 14:09
間違えて、書き込んでしまいました。
申し訳ありません。


隼脩二さんのコメントに凄く賛同します。

この中の質問に対して、しっかり回答してみて下さい。

無理でしょうけどね!

Posted by 青山繁晴のファン at 2014年5月11日 14:15
>>おそらくこの組織には政府の資金の他、参加自治体の税金も投入されているんだろうね。
上記の内容などのようになんの検証もしてないのに、推測で人を貶めるのはやめた方がいいですよ。
率直に言って滑稽に見えます。
こういう妄想でものを語ってるのに信じてしまう人がいるから、余計にタチが悪い
Posted by 名無しさん at 2014年6月2日 01:12
私も青山氏を見習って自分の主張と異なる意見をされているネット、紙媒介を読み勉強しようと思います。貴方もお幾つかは存じ上げませんがあまり偏った意見ばかり発信していますと良識がなくなり正しく生きるとは何かわからなくなってしまいますよ? では更新頑張ってください。
Posted by 滋 26歳 at 2014年6月21日 20:58
失せろゴミ共
Posted by プラモデル工作員 at 2014年8月31日 22:14
太平洋でもっといいの見つかったんでしょ?
Posted by fd at 2015年1月13日 03:54
>日本海側の表層型メタンハイドレート
 ・一見採掘しやすそうに見えて
 ・実は技術的にぜんぜんメドが立っていないのである。
 ・深海で削ってどうやって海上まで運ぶというのか。

>太平洋側の砂層型メタンハイドレート
 ・減圧法の工夫により原油のように自噴させられる可能性
 ・どう考えてもこちらの方が実用化に近そうである。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
どう考えても「減圧法を工夫する」技術より、
「露天掘り状態」の表層型のほうが実用化に近そうに思えるが。。。

それに表層型の特徴であるプリュームを無視してる。
これは、天然の自噴現象なのだが。。。

俺は馬鹿だから良くわからないが。。。
Posted by ななし at 2015年4月20日 04:42
たまたま目に留まったのでコメントします。
政府が太平洋側メタンハイドレートに毎年500億円もの予算を使い、
調査という名目でいろんな人達の生活を支えてきた訳ですよね。
大学、官僚の天下り、民間企業や外国の企業も入ってるのでは?
そんな既得権というか、がっちり固まっているところに太平洋側にしろ
メタンハイドレートの商業化なんて、考えてみると無理に思えます。
だって、学者や調査に携わっている人たちの生活はどうなるんですか?
そんなものは、決着がつかないように、ちょろちょろと出し惜しみするでしょうね〜
個人的には、青山繁晴さんを信頼できる数少ない本物だと思いますが、
私利私欲に早い現代の日本人にそのことが見分けられるかは疑問です。
私など、こうやってコメントするのが精一杯!
Posted by メタンプルーム at 2015年6月25日 21:25
メタンプルームさん
病気を治さず治療し続けた方が医者も儲かるのと同じようにということですか?
メタンハイドレートの場合、それは違うんじゃないでしょうか。
商業化出来た方が、既得権益者も儲けや出世に結びつくはずです。
Posted by ぱじぇんと at 2015年6月26日 18:23
ついに自治体が日本海メタンハイドレートの生産に踏み切りました!
今後が楽しみです!
Posted by 嬉しくて at 2016年1月31日 19:21
メタンハイドレートの生産?
デマを書き込むのはやめて下さい。
Posted by ぱじぇんと at 2016年2月1日 19:43
@ 日本海側〜海底数十メートルから数百メートルの表層部に混入物のない純度の高い状態で塊になって存在している。
A 太平洋側〜海底数千メートルから更に数百メートル掘り進んだ位置に砂と混じった状態で存在している。
@とA どっちが取り出しやすいか誰が考えても簡単に想像できると思うが。
Posted by okada at 2016年2月10日 17:29
日本海側〜海底数十メートルから数百メートルの表層部に混入物のない純度の高い状態で塊になって存在なんかしてねーよ池沼
Posted by あ at 2016年2月18日 11:35
主張も一方的ですが、それよりも何もこのブログ主の文章下品過ぎます。
Posted by Gtaro at 2016年2月20日 22:36
>主張も一方的
でしたらあなたが反証を挙げてはみてはどうですか?Gtaroさん
Posted by ぱじぇんと at 2016年2月21日 00:09
これは素人のブログでしょうか?であればなんの問題もありませんご。
プロの物書きであれば、恥ずかしい内容ですね。
@青山博士は特許を無償で公開
A青山繁晴は私財を投じて調査している。「調査」から利益を得る方法は?
B日本海連合には今のところ政府から資金提供はないはず。
他人をウソつき、ぺてん師扱いするなら、これら3点について、憶測や願望ではなく、分析や取材が必要です。
Posted by たんたんめん at 2016年3月18日 13:23
あなただれ?
ただの素人さんなら自由ですが
Posted by かわ at 2016年3月18日 15:08
たまたま通ったら、こんなとこだったん
まともに話が通じる管理者じゃなさそう

青山繁晴さん 頑張れ!
Posted by ひまひま at 2016年4月20日 10:32
悪意に基づいて書いた記事です。HPコンテンツも現在では整備されてます。そもそも、HPが整備されてないから、詐欺だ捏造だというのには、無理ありすぎ。論文こそが青山らの主戦場だろう。また、他の主張も憶測と歪曲。

1点だけ指摘してみよう。プルームは自噴しているのだよ。なぜ自噴が起きてるのか?可能性は2つあるが、主はひとつだけを指摘、他方を無視あるいは、考慮していない。

もっとも、減ってる可能性!というのも、地質学的なスケールを踏まえて、普通は言わないよな。きっちり調査された上で、現象が確認されてたら、逆に地質学的には驚嘆すべき事実だ。漏れてるから減ってるとか、幼児か。

ブログ閉鎖しないんなら、自噴の起きるメカニズムについて、あと1個書きなさい。
Posted by 名無しさん at 2016年7月13日 08:49
名無しさん
ご自慢のメタンプルームとやらを、どう回収して実用可能な資源とするのだ?と問うているのだが。日本海連合の答えが「アイデアコンテスト」なのだろ?
馬鹿め。
Posted by ぱじぇんと at 2016年7月16日 14:37
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381640259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック