2014年2月18日

【TPP交渉】チリ政権交代の朗報と日経新聞の嘘

チリでの政権交代について、アジア太平洋資料センター(PARC)事務局長の内田聖子の下記記事で知った。

Acts for Democracy: チリの政権交代はTPP交渉に何をもたらすか
http://uchidashoko.blogspot.jp/2014/02/tpp.html

TPP交渉参加国のチリ大統領選で「TPP見直し」を選挙公約にしたミチェル・バチェレ氏が当選したことはTPPに反対するものとして朗報といえる。

それにしても日本経済新聞がバチェレ氏の当選を評して「環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の参加国であり、引き続き自由貿易を重視する経済政策を続けるとみられる。」とあからさまな嘘を伝えていることになんとも驚いた。
TPPありきという姿勢なのだろうけどあまりに酷い。

−−
(追記)
昨年12月のずいぶん古いニュースだったんですね。

タグ:TPP 日経新聞
posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック