2014年2月14日

「移民受入れ検討」の国会審議を見て

「くりあん茶房」さんの記事を見て、昨日13日の衆議院予算委員会で安倍氏が移民受け入れについて「多様な角度から検討していく必要がある」と表明したことを知った。

移民を検討するって本当ですか?−くりあん茶房
http://ameblo.jp/kuri-annko/entry-11771538660.html

古川元久委員(民主党)の質問に答えたものだが、どのような内容だったのか気になり衆議院のビデオライブラリを見てみた。
(衆議院インターネット審議中継 http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=43510&media_type=

「(人口減少、高齢化に伴う労働力人口の減少に対して)、外国人の活用をどう考えるのか?」との古川委員の質問に答えて、確かに安倍氏は「(専門技術者、実習生の受け入れを進めるのと並んで、)移民についても多角的に検討する必要がある。」と語っていた。特に「移民」についてのくだりでは言いにくそうに下を向いて机の上の原稿を読む姿が印象的だった。

そのあとすぐ古川委員が「かなり先走って答弁を読んで頂いているようなんですけど、」と笑いながら言っていたが、事実、国会の質問ではあらかじめ「質問通告」ということが行われるのが通例らしい。
突然の質問に「今すぐには答えられない」と答弁を拒否されてしまっては元も子もないので仕方がないのかも知れないが、ついさっきまで後ろの方で新藤総務大臣らと楽しそうに雑談していた田村憲久厚労大臣が自分の答弁の番になるとすらすらとよどみなく答える様を見ていて、なんとかならないものかと思ってしまった。

話を戻すと、安倍氏は移民政策を進めるつもりなのだろう。
そんな気がさらさら無いのであれば、あれほど言い辛そうに原稿を読んだりはしない。
「くりあん茶房」さんの指摘通り、まずは「国家戦略特区」を足がかりにして済し崩し的に進めてくるに違いない。

今でも外国人を目にする機会が以前より随分増えたと実感するが、今後はさらに増えていくのかも知れない。
安倍氏は鳩山由紀夫元首相が言った「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」を実際に政策として推し進めようとようとしている。そういう思想の持ち主と言わざるを得ない。

(参考動画)
日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=hWWmG77iBsE

(追記)
上記鳩山氏の動画「日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから」をもう一度終わりまで見て、鳩山氏の次の発言に衝撃を覚えた。
もっと多くの方々に参加をしてもらえるような、喜んでもらえるような、そんな土壌にしなきゃダメです。

これは移民のことも含めて安倍氏のいう「世界で一番 企業が活躍しやすい国」(バイ・マイ・アベノミクス)そのものではないか!


【関連記事】
移民に反対したのは「共産党だけ」という惨状

posted by ぱじぇんと | コメント(2) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
ブログの記事の紹介ありがとうございます。

今の政権になってからグローバル化に向けて進んでますね。
バックに竹中平蔵もいるし、あとは経団連からの要望でこういう話が出てくるのかもしれないですね。
「瑞穂の国の資本主義の形」という言葉を信じて安倍さんを応援してたけど、完全に騙されたなとつくづく思います。
保守だしと思っていたらなんと実はグローバリスト。
でもこのあたりは第一次安倍政権での政策を見たらわかることでもあったんですけどね。
でも少しは考えが変わったのかと思ったのが甘かったです。

それからルーピーに負けない言葉は他にもありますよ。

「もはや、国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました。」

この発言に自民党支持者がまったく反応しなかったのが笑えます。

Posted by 栗 at 2014年2月14日 21:09
栗さん、コメント有難うございます。

ほんとまずいですね。なんとかしないと。
Posted by プラモデル工作員すだち at 2014年2月14日 22:43
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック