2014年12月15日

日本人は劣化したのだろうか

自民党圧勝という衆院選の結果は本当に残念だった。
小選挙区制の弊害というだけではなく、比例区での当選を見ても自民党が一番多いのだから、日本国民が安倍政権を信任したことには違いない。
だめだな。

安倍政権が現在進めていることは第一次安倍政権の時よりもはるかに酷いと思うのに、いったいなにが違うのだろう?

北海道では比例区で立候補した「支持政党なし」党が10万票も集めたらしい。
Yahoo!ニュース - 「支持政党なし」党、10万票獲得 比例区北海道 (朝日新聞デジタル)(魚拓)

ふざけた名前を付けた政党に投票する人間もまたふざけている。
北海道だけの問題ではなく、おそらく日本全国こうなのだろう。
日本人自体が劣化しているのだろうか?

将来の世代には申し訳ないことだと思う。

タグ:選挙
posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410702727
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック