2014年12月27日

言葉を大切にしない民族は滅びる

言葉こそが民族の魂なのだから、言葉をないがしろにする民族は必ず滅びる。

決して国自体を支持するわけではないが、イスラエルが母語としては一度死んだ言語のヘブライ語を復活させ公用語にしているのは、慧眼と言える。
現在のいわゆる「ユダヤ人」の多くは古代イスラエル人の血を引いていないようだが、日常的にヘブライ語を話す彼らはユダヤの魂を受け継いでいるのかもしれない。

東京都が、小中高生を対象に英語だけの生活させる「英語村」を設置するようだ。
日本人滅亡計画進行中|ポン吉のブログー反TPP宣言ー

東京五輪・パラリンピックを口実にしているが、英語特区などという話もあるし、TPPが妥結されようものなら入札文書英語化の圧力と相まって、日本の植民地化が加速しそうだ。

商人に鈴を付けられた安倍や自民党議員達は日本を解体することをなんとも思わない人種のようだ。

タグ:ことば
posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411329796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック