2015年6月1日

Maria Höhn著 Seungsook Moon編集『OVER THERE』の邦訳(韓国の米軍基地慰安婦とE-6ビザに関する部分)

『慰安婦神話の脱神話化』第3部に挿入されているMaria Höhn著 Seungsook Moon編集『OVER THERE』( Living With the U.S. Military Empire from World War Two to the Present)の邦訳。韓国の米軍基地慰安婦とE-6ビザに関する部分。
Camptown business owners in Korea discovered that foreign migrant women were amply available as they faced a mounting shortage of labor in the 1980s. These businessmen had experienced a decline in the camptown economy during the 1970s, when the number of U.S. troops in Korea was reduced by 20,000 and the value of the U.S. dollar depreciated significantly. Yet the supply of young and undereducated Korean women desperate enough to work in camptown clubs remained steady. In the process of rapid industrialization and urbanization, however, native Korean women found better employment opportunities elsewhere, and the business owners asked the Korean government to allow them to import foreign workers. In 1996, the Korean Ministry of Culture and Sports granted the Korea Special Tourism Association (KSTA), an organization of camptown club owners, the privilege to invite foreign entertainers to work in the clubs (Ko et al. 2006, 40-41). Initially, the business owners imported foreign entertainers from several countries, from Nepal to Peru, but found Filipinas and Russian women most suitable for their business.
The key component of this mechanism of supplying transnational entertainers has been the E-6 visa, which was created in 1993 (Sŏl et al. 2003b, 44). While the visa has admitted both male and female entertainers, women have represented a majority of such entertainers since 1996...
韓国キャンプ村のビジネスオーナーたちは、1980年代に労働者となる女性不足に直面した際、外国人移民女性が豊富に入手可能なことを発見した。1970年代の間に、多数いた在韓の米軍兵士数が2万人にまで減少、また米国ドルの価値が大幅に低下し、これらの商売人らはキャンプ村経済の衰退に見舞われるようになった。だがこの頃はまだ、キャンプ村のクラブで働こうというくらい自暴自棄な、若くて教養の低い韓国人女性の供給は堅調な状態にあった。しかし、急速な工業化と都市化の中、母国人である韓国人女性はより良い仕事の機会を至るところで見つけるようになり、ビジネスオーナーらは、外国人労働者の受け入れを許可してくれるよう、韓国政府に頼み込んだ。1996年、韓国文化体育部は、キャンプ村のクラブオーナー達の組織である韓国特別観光協会(한국특수관광협회、KSTA)に、外国人エンターテナーを招いてクラブで働かせる特権を与えた(コら 2006年 40-41)。当初、ビジネスオーナー達はネパールからペルーまで、さまざまな国から外国人エンターテナーを連れてきたが、フィリピン人とロシア人の女性が彼らの商売に最もうってつけなことに気がついた。
外国からのエンターテナー供給の鍵となる構成要素は、1993年に創設されたE-6ビザだった(ソル等 2003年b,44)。E-6ビザは男女共に認められていたが、1996年以降このようなエンターテナーの大部分を占めていたのは女性だった...
(邦訳:ブログ筆者)

ーー
(補記)
当初第3部の書き写し中に記載していたが、別稿とした。

タグ:慰安婦問題
posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 資料
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419935568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック