2015年7月6日

安倍氏「保守とは何か」を語る(深見東州と)

安倍氏が「保守とは何か」について語った動画の文字起こし。
エー、保守勢力をまとめて行く上においてですね、エー様々な考えを、「保守」と言っても幅が広いですから、エー、っぱ「保守とは何か」、ということ、なんですがね。言わば、今生きている私達がですね、神の如くすべてを決めていいと、いう、エーことではないし、理性万能主義、ではないんですね。ま保守という、のは、ある種、姿勢でもあるんですが、今まで先祖以来積み上げてきたもの、をですね、エー、コ、変えよう、という時にはですね、なぜ積み上がって来たんだ、ということを常に、念頭に置くんですね。エー、私達は過去に対しても責任を持ってるしもちろん未来に対しても責任を持っている、という謙虚な、エー姿勢が、アーこれを保守、の、オー私は姿勢、エーだろうと、エー思いますけども。まそこで、基本的にはですね、エーま額に、汗して毎日、働き、そこで、エー家族を愛し、エー地域を良くしたいと願っている、日本の未来を信じる、そういう人達の、期待に応えていく事こそ、がですね、保守政治家に求められているんだろうと、エ思うんですね。
安倍晋三 半田晴久(深見東州) サクセス登龍門 1-2 - YouTube(9分20秒頃から)

前記事で触れた「日本国際フォーラム」および「パシフィックフォーラム CSIS」の理事、宗教家の深見東州こと半田晴久氏の名前を動画検索して見つけたもの。
2012年5月29日に放送されており、この年の9月26日、安倍氏は再び自民党総裁となり、12月、内閣総理大臣に返り咲く。

  • 今生きている私達が神の如くすべてを決めていいということではない

  • 今まで先祖以来積み上げてきたものを変えようという時には、なぜ積み上がって来たんだ、ということを常に念頭に置く

  • 私達は過去に対しても責任を持ってるし、もちろん未来に対しても責任を持っている。そういう謙虚な姿勢が保守の姿勢


これらの言葉を素直に聞いてしまえば、誰が今の安倍政権による壊国ぶりを予想出来ただろう。

アメリカの歴史家ハワード・ジンの言葉。
「ひとつだけ覚えておくように。政府は嘘をつくものです。」
ハワード・ジン「歴史の効用とテロリズムに対する戦争」を語る: マスコミに載らない海外記事

「政府」に加え、「政治家は嘘をつくもの」ということも常に念頭に置くようにしたい。


ーー
(補記)
上記で引用した記事には下記の記述がある。(これはナチスのヘルマン・ゲーリングによる言葉)
もちろん国民は戦争を望んではいない。なぜ畑にいる貧しいまぬけが、自分の命を戦争にさらそうなどと望むだろう?だが、結局、政策を決定するのは国家指導者だ。国民はいつでも指導者達の命令に従わせることができる。連中に、我々は攻撃されているのだと言って、平和主義者は愛国心に欠けると非難するだけで良いのだ。

「我々は攻撃されている」、「平和主義者は愛国心に欠ける(反日)」というプロパガンダは、今現在、自称保守の連中が盛んに言い立てていることと瓜二つ。

posted by ぱじぇんと | コメント(3) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
こんばんは
安倍氏は昔から嘘つきだったと、言う話をどこかで読みました。
夏休みの終わりに宿題をやり終えてないのに、
親に聞かれて済んだと答えてへっちゃらだったと。
当然提出できなくて先生に叱られても平気で、
誰か大人にやってもらったというような・・・

彼の12年の選挙演説を聞いていて、当時支持していた私は、
ええ?こんなことまで言っちゃっていいの?無理じゃないの?
と何回も思った記憶があります。
そして数か月後にはTPPで言を翻し・・

そういうやつなんですよ。ああ気持ち悪い。

“代理人は仰々しい言い回し、大衆受けのするスローガンを生み出せるよう訓練されなければならない。 大衆には惜しみなく約束しなければならないからである。
約束された事と反対の事は、のちになれば常に行える。” マイヤー・ロス茶
Posted by JSKN at 2015年7月8日 19:59
JSKNさん
安倍氏が平然と嘘を付ける理由ですが、彼の性格というより、それが彼の「役割」だからかもしれませんね。本来の彼の性格は、顔や話し方から判断すると、生真面目なもので決して図太い神経の持ち主には見えません。
マイヤー・ロスチャイルドの言葉は意味深ですね。

「ロスチャイルド」「ユダヤ」などの単語を出しただけで陰謀脳あつかいされがちなのは困ったものです。
なんでもかんでも「ユダヤの陰謀」に結びつけることには、もちろん反対ですが。
Posted by ぱじぇんと at 2015年7月14日 05:56
つい「意味深」と表現してしまいましたが、マイヤー・ロスチャイルドの言葉はアメリカでの権力の状況をそのまま正直に述べただけのものかもしれませんね。
Posted by ぱじぇんと at 2015年7月14日 14:16
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック