2015年7月9日

[世界遺産]安倍政権はわざと失態を演じたのでは?

安倍政権が玉虫色(?)の解決を図ったことによる、今回の世界遺産登録をめぐる問題。

"foced to work"は「働くことを強いられる」の意味なので、これを「強制労働」と受け取るのは、韓国が約束を反故にしたとかではなく、当たり前のことだろう。
当初、韓国が主張していた文字通りの「強制労働」(forced labour)と日本側が主張したらしい「働かされた」(foced to work)に、一体どれ程の違いがあるのというのか。
「世界遺産で勝った」韓国が次に狙うのは……:日経ビジネスオンライン

官邸周辺やネトウヨ達は外務省をやり玉にあげているが、そんなもの政府(=安倍政権)に責任があるのは明らかなこと。
岸田外相および安倍ら官邸も十分承知の上での"foced to work"だ。
世界遺産 今夜の審議へぎりぎりの調整 NHKニュース
(NHKはすぐに記事を削除してしまうので、リンクはArchive.isの魚拓)

ご丁寧なオウンゴール。
安倍政権は、"foced to work"の解釈で韓国と揉めることを予見した上で、わざと失態を演じたのではないだろうか。
戦争法案やTPP交渉などから目をそらす為の、うってつけの材料として。

安倍という嘘つきは、これくらい平気でやる奴です。

ーー
(追記)
なにも考えてないただの馬鹿という可能性もあるか。
そこまでの馬鹿が総理大臣の座にあるとは、ちょっと信じがたいが。

(追記2)
後で気付いたが、『ポン吉のブログ2』さんもこの失態が「わざと」ではないかと既に指摘しておられた。
安倍首相「大変うれしい」 世界遺産登録決定 - ポン吉のブログ2ー反新自由主義宣言ー

タグ:歴史認識
posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック