2015年7月16日

【安保法案】すでに米国はそのつもり。忠犬安倍は何もためらわない

今日午後、国民の半数以上が反対している中、安保関連法案が衆議院で可決された。これにより今国会での成立がほぼ確実となった。

4月に訪米した際、今夏までに成立させると、アメリカ議会で勝手に約束してきた安倍だが、アメリカもすでにそのつもりである。アメリカは陸軍の兵士4万人の削減を計画している。
白砂青松のブログ 自衛隊がいるから大丈夫 ー 米陸軍4万人削減

ギリギリのところまで兵士を削減するようだが、陸軍というからには中東などでの地上戦を戦う部隊だろう。自衛隊が中東に派遣されるのを当然あてにしている。

「今後も国民に丁寧に説明していきたい」と空々しく述べる安倍。「丁寧に」などという考えは微塵も持ち合わせていないくせに。
アメリカの忠実な犬・安倍晋三は、国民に背を向け、アメリカ様に尻尾を振る。

いよいよ自衛隊員が戦死する時代が近づいて来た。
日本の存立とは関係のない、アメリカの身勝手な戦争で。

posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック