2015年7月22日

詭弁の手法「わら人形論法」に気をつけよう

あるブログのコメント欄で「藁人形論法」(ダミー論証)というのを見掛けた。
詭弁の一種で、相手が言ってないことまで言ったと拡大解釈し、それを論破して相手を言い負かす方法らしい。
詭弁-相手の主張を歪める(ダミー論証,わら人形論法,ストローマン)

上記サイトに上げられている「一日中家に閉じ込めておけというが、」や「共産主義を支持しているが、」の例も分かりやすいが、現在問題となっている安保法案をめぐっては下記のような展開があり得るだろうか。
A氏:安保法案には反対だ。
B氏:Aさんは日本の安全を高めることに反対だと言うが、それはAさんが反日左翼だからだ。

Aさんは「日本の安全を高めることに反対」とは一言も言っていないが、Bさんは勝手にそう拡大解釈してしまっている。
通常なら「そんなことは言ってない」で済みそうなものだが、Bさんの押しが強かったり、多勢に無勢の状況ではAさんが言い込められてしまうこともあるかもしれない。

Bさん側の注意点として上記サイトに「存在しない情報を想像して補完してはならない。」ことが上げられている。
Aさん側の対処法としては、言ってないことに対して「そうは言ってない。勝手に拡大解釈するのはやめましょう。」と根気よく主張することだろう。

「言った、言わない」の論争になるとまたやっかいだが、ネット上での議論なら、ログさえ残っていればこれは防げる。

好ましくないこの「わら人形論法」、使う側にも、使われる側にもならないよう、注意したいものだ。

ーー
(余談)
自民党が作った安保法案PR動画「教えて!ヒゲの隊長」のパロディ動画が話題になっているそうだ。
ヒゲの隊長パロディー動画で安保法批判 本家上回る再生:朝日新聞デジタル

あかりちゃんの批判が冴える秀逸な一品。戦争法案のいい加減さをめった斬り。
出だしからグイグイ引き込まれる。
是非ご覧あれ。
【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた

posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422794539
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック