2015年7月24日

日本に本当の保守政党が存在しない理由 #安倍を倒せ

日本には保守政党が存在しない。
安倍は駄目だが他に支持できる政党が無いと嘆く人もいると聞く。
日本売り渡し真っしぐらの安倍政権を止めるためには、移民・TPP・戦争法案に一貫して反対している日本共産党に議席を増やしてもらった方が良いと思うが、共産党アレルギーの人も多いようだ。そんなこと言ってる場合ではないはずなんだが。
(ちなみに民主党には一部の例外を除いて、基本TPP賛成という有力議員が多い。また民主党は移民推進法「出入国管理法改悪」に党を挙げて賛成票を投じている。)

日本には本当の保守政党が存在しない。
これは決して偶然ではなく、何か理由があるはずだ。

有志がいれば政党を立ち上げることも出来るはず。
(橋下なんぞが政党を作ったくらいだ。)
投票権も日本国民にある。
結局はアメリカ様の支配を甘んじて受けるという属国根性・奴隷根性が一人ひとりの日本人の心に染み付いてしまっているのが原因に違いない。
それ程までに敗戦のトラウマは大きく、アメリカによる占領政策も巧みだった。

日本が本当の意味での独立を果たすためには、一人ひとりの日本人が奴隷根性を打ち払い、アメリカに「否」を突きつける以外にはない。

東亜戦争はまだ終わっていないのだ。
形を変えて今も続いている。

自衛隊献上法案が成立しようとしている中、いみじくも元特攻隊予科練のご老人が新聞に寄せた投稿
特攻で死んでいった先輩、同輩たち。...若かった我々が、生まれ変わってデモ隊となって、立ち並んでいるように感じた。
https://twitter.com/akeo_takahashi/status/622538138934575104

そう。
若くして散っていった先人たちは靖国に眠ってなどいないのだ。
彼らは私たち日本人の心の中に生きている。

「安倍を倒せ」と叫んでいる。
「"米国軍日本司令官"安倍晋三を倒せ」と心の中で叫んでいるのだ。
その声を聞け

タグ:属国 保守
posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422936666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック