2015年7月29日

「戦争法案」反対 - 与党議員の事務所を抗議FAXで埋め尽くせ!

退陣と引き替えの戦争法案成立を許すな


前記事にも書いたように、安倍は退陣覚悟で安保法案の成立を目指すだろう。
だが安倍が辞めても次の傀儡が売国を引き継ぐだけ。
退陣と引き替えの法案成立を許してはならない。

デモ、あるいは国会議員の事務所への訪問や電話は効果的な抗議方法だと思うが、事情により難しい人もいるだろう。
SNSでの抗議は全く効果が無いわけではないと思うが、スルーされがち。

そういう人でもせめて抗議のファックスを送ろう。(無料・匿名でもFAX可能。後述。)

FAXの場合は紙が出るし、重要な連絡が入ることもあるだろうから、内容を全く見ずに捨てることは出来ないはず。
議員本人は見ないかもしれないが、FAXが山と来れば、どれほど国民が怒っているか、事務所関係者は肌で感じる。その空気は議員本人にも伝わる。
それは与党を浮足立たせ、官邸を揺さぶることに繋がる。

送る先は審議に入った参議院の議員はもちろんのこと、衆議院議員もターゲットになる。
地元や遠方、選挙区を問わない。
支持母体の創価学会から批判が上がり始めた公明党の議員に送るのも効果的だろう。
もちろん安倍事務所でも良いし、「ほとんど抗議の電話が来ない」とふざけたことを言っていた麻生太郎事務所でも良い。
とにかく与党議員の事務所へFAXを送ろう。

無料でFAX


「MyFax」というウェブFAXサービスがある。
http://www.myfax.com/free/

登録不要で、1メールアドレス当たり、1日に2件まで無料でFAXを送れる。
名前、こちらのFAX番号、利用時のメールアドレスも知られず、匿名での送信が可能。
(自分は過去ネトウヨ時代に民主党議員へのFAXに利用した。)

使い方はいたって簡単。下記に詳しい。
無料のファックス「myfax」の使い方!メールアドレス確認が面倒だが便利です | Webと人のアマモ場

宛先のFAX番号、自分のメールアドレスなどの項目を入力し、送信するファイルを選択して「SEND FAX」ボタン。
(赤いマークの付いた必須項目以外は省略も可能)

送られて来た確認用メールのURLにアクセスすると再度メールが送られて来る。
"MyFax Notification - Fax Sent Successfully"というメールが来たらFAX送信成功。失敗の場合は"... - Fax Not Delivered"というメール。

試しに自分へ送ってみたところ、送信するファイルはPDFファイルの他、Word形式でも文字化けせずに送れた。

FAX参考例


手始めに西田昌司の東京事務所(議員会館)宛に送ってみた。(FAX:03-3502-8897)
内容は下記。

自由民主党 参議院議員

西田昌司殿
平成27年7月29日
波治円都

「戦争法案」反対

前略
この法案が成立したら、米国が引き起こす戦争に自衛隊が駆り出される。
少なからぬ隊員が命を落とす。
命を落とさずとも、多くの者が心を病む。
それもイラク戦争のような、日本と関わりのない、大義の無い戦争でだ。

それを理解しているからこそ、多くの国民が反対している。
貴殿の選挙区でも「アベ辞めろ!」デモが起きている。

国民はこの件を決して忘れないだろう。
必ず自衛隊員に死者が出る。

「時間が経てば忘れる」
などといった甘い考えは通用しない。
早々


今後もあちこちにFAXする予定。

ーー
(追記)
明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)共同代表の黒沢いつき氏が参議院安保特別委員会メンバーへのファックスを呼びかけているそうだ。
東京新聞:「安保法案」参院審議 「反対」広がり多彩:社会(TOKYO Web)

委員会メンバーのリストは下記ページに。
明日の自由を守る若手弁護士の会: 参議院の議員さんへ、あなたの声をしっかり届けましょう!

(追記2)
自由民主党国会議員一覧 - Wikipedia
公明党国会議員一覧 - Wikipedia

タグ:安保法案
posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423214680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック