2015年7月31日

東京五輪エンブレム〜 One World 〜心臓を捧げよのポーズ

2020年東京オリンピックのエンブレムが某劇場のロゴに似ていると言われているが、それよりもっと気になることがある。
大会組織委員会がエンブレムの紹介動画をアップしている。
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 エンブレム紹介 (2分20秒版)

宇宙からの地球の写真の後、
世界は、2020年に東京で
ひとつのTEAMになる歓びを経験する。

すべての人がお互いを認め合う
素晴らしい未来を知ることになる。

このエンブレムは、その和の力の象徴になる。

と"One World"の祭典を祝う文言が並ぶ。
そして問題のエンブレム

2020_olympic_emblem.png

こうなるともう、真ん中の縦棒「┃」がローマ数字の「T」(1)にしか見えない。

この後、五輪招致の際に滝川クリステル氏等がしていた、拳を胸に当てるポーズ、マンガ『進撃の巨人』の「心臓を捧げよ」のポーズに似たやつを、子供らが楽しそうにやっている写真。
TOKYOで
TOMORROWを作る
TEAMになろう。

そして、パラリンピックのエンブレムの紹介
同じ理念から生まれた
パラリンピックのエンブレムは、
「平等」「=」をイメージしています。

paralympic_emblem.png

こちらが「=」(イコール)だとすると、やはり数学繋がりで、縦棒はローマ数字の「T」(1)なのではないか?

TOKYO、TOMORROW、TEAMの頭文字「T」をあしらったものとのことだが、ぜんぜん「T」には見えない。
アルファベット「i」の大文字「I」というのならまだ分かるが、「T」をモチーフに考えてあのデザインになることは無いだろう。
それに、隅に金と銀があって銅が無いのも解せない。

ちなみに酷似しているとされる「Théâtre de Liège」のロゴは下記。

Théâtre de Liège logo

こちらの場合、「T」と「L」を足してこの形になるのは理解できる。

それにしても、一体どういう経緯であのデザインに決まったのか。
選考を経て決まったようだが、とても不可解。

日本の政治家が"One World Order"あるいは"New World Order"(新世界秩序)などと言い出すのも、時間の問題かもしれない。

ーー
(追記)
真ん中の縦棒、すべての色が集まって生まれる色の黒で「多様性」を表現ということだが、腑に落ちない。
東京五輪 エンブレムは「T」をイメージ NHKニュース(archive.isの魚拓)

普通に考えれば、黒は何ものにも染まらない色。絶対不変の「T」"One World"を意味しているのではないだろうか?

(関連記事)
田母神俊雄、心臓を捧げるポーズ、東京五輪、安倍晋三

posted by ぱじぇんと | コメント(2) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
五輪組織委員会と五輪ロゴデザイナー佐野氏で話が食い違う五輪ロゴ問題

これまで五輪組織委員会は既存のデザインを調べて問題無いようにしたと発表していました。
しかし、今日出された五輪ロゴデザイナーの佐野氏のコメントでは「海外作品まったく知らない」ということです。
つまり先行デザインの調査が全く行われていなかったことを本人が露呈しました。
これは組織委員会の言っていたことと反対です。
佐野氏および組織委員会は先行デザインの調査を全く行わず、今回の事態を招いたのであり、それにより混乱したことを率直に国民にお詫びし、ドビ氏にも調査不足を詫びるべきでしょう。
問題無いと突っぱねるのは誠意ある日本人の態度ではありません。
ドビ氏と国民に頭を下げ、その上でデザインをやり直すか、ドビ氏側とライセンス交渉するか、話し合いを持つべきです。
佐野氏は先行デザインを全く知らなかったと、自らの準備不足、知識不足、力量不足を述べているのですから、弁解の余地は有りません。
Posted by ななしさん at 2015年7月31日 16:19
確かに、問題のエンブレムは「たまたま」ではあり得ないほど、オリビエ・ドビさんのデザインに酷似していますね。

ですが私には単なる盗作ではなく、ローマ数字の「T」(1)をあしらったデザインにするよう、何処かからの要請があったのではないかと思えて仕方がありません。
あの真ん中の縦棒は「T」には見えないし、どう考えても変です。
Posted by ぱじぇんと at 2015年7月31日 17:43
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック