2015年8月1日

日本が独立するために必要なこと

戦後70年を経て、なお米国占領軍の居座る日本は、まごうことなき「属国」である。
戦争に負けたのだから属国の民として生きるのが定め、それももっともな話かもしれない。

属国ながらこれまで幸せにやって来れた。
経済的に繁栄もした。
文化的な生活も送っている。
今は景気は悪いが、食べる物に困るほどでもない。
テレビもエアコンもある。
属国としてのささやかな幸せがある。

だが、宗主国たるアメリカは、もはや属国としてのささやかな幸せすら放棄せよと迫っている。
TPPで 
戦争法案で 
日本が日本であることすら放棄せよと迫っている。

事ここに至っては、日本であることを諦めるか、あるいは「否」を突きつけるか、二つに一つしかない。
名前だけ「日本」の別の国になるか、それとも独立するか。

独立するためにはまず、日本が属国であることを知らなければならない。
日本が属国であることを端的に現しているのは「第3次アーミテージ・ナイ報告書」。

随分と人口に膾炙するようにはなって来たが、まだ十分ではない。
国会議員達はなぜか国会でこの奇怪なレポートについて触れようとしない。
何故か?

安保 隆さんがツイートしておられた。
答:八百長だから寸止めです。バレバレ。
https://twitter.com/AmboTakashi/status/621605330259030016

あるいはそうなのかもしれない。
だが、日本がアメリカの属国であることをしっかり確認し、本当の意味での独立を果たすためには、やはり国会でこれについて議論されなければならない。

7月29日の記事で、与党議員に「戦争法案」への抗議FAXを送ることをお勧めしたが、野党議員には「第3次アーミテージ・ナイ報告書」を国会で取り上げるよう、FAXしてみてはどうだろう。
もちろんSNSででも構わない。
スルーされるかも知れないが、数が多ければそれだけプレッシャーを与えることが出来る。

2年前、山本太郎氏の事務所宛てにツイートしたことがあった。
@taro_koho こんにちは。突然ですが安倍政権を追求して頂きたいことがあります。

安倍政権は「第3次アーミテージ・ナイレポート」の提言通りに政策を進めているようです。
「TPP」「特定秘密保全法」「原発再稼働」「集団的自衛権行使と積極的平和主義」「河野談話の踏襲と靖国不参拝」「核兵器不使用署名」と寸分違わずに。

2013/02/03 【IWJブログ】「第3次アーミテージレポート」全文翻訳掲載
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/56226


第3次アーミテージ・ナイレポートの序文では日本に対して脅しともとれるような下記の問いを投げ掛けています。

「日本が今後世界の中で「一流国」(tier-one nation)であり続けたいのか、あるいは「二流国」(tier-two nation)に甘んじることを許容するのか」

これに対して安倍首相は平成25年2月22日レポートを発行したCSISでの演説で下記のように答えています。

「昨年、リチャード・アーミテージ、ジョゼフ・ナイ、マイケル・グリーンやほかのいろんな人たちが、日本についての報告を出しました。そこで彼らが問うたのは、日本はもしかして、二級国家になってしまうのだろうかということでした。

アーミテージさん、わたしからお答えします。日本は今も、これからも、二級国家にはなりません。それが、ここでわたしがいちばん言いたかったことであります。繰り返して申します。わたくしは、カムバックをいたしました。日本も、そうでなくてはなりません。」
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0223speech.html

このような対米隷属の政策を続ける日本は到底独立国とは言えません。この先イラク戦争のようなことがあった場合自衛隊を米国の手足として紛争に駆り出すことになるのは火を見るより明らかです。

なぜ安倍政権がこれほどまでに「第3次アーミテージ・ナイレポート」に忠実な政策を行うのか、山本太郎さんのお力で追求して頂けないでしょうか。

よろしくお願い致します。
http://www.twitlonger.com/show/n_1rqgqp5

TwitLongerという連携アプリを用いて長文にしたが、短いものでも構わない。「第3次アーミテージ・ナイ報告書について追求して下さい」のような簡単なもので良い。

この時は特になんの反応も無かった。
だがこのレポートが俎上に載る機運は高まっている。
数こそ大事。

日本が属国であることをしっかり見据え、本当の意味で独立するために、やれることはやった方が良い。

ーー
東亜戦争は形を変えて今も続いている。

posted by ぱじぇんと | コメント(5) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
日本から芯のある傲骨(ごうこつ)な人が消えた。。。
傲骨な人が居なくなったというよりも、居るけど日本社会の中枢から、そういう人が全て排除されている感じ。
金や権力に、ひょろひょろと踊らされているような人しか、リーダーとして社会の上層部や、要部に行けないような、変な日本になってしまった。
「傲骨」という字だって、わたしのパソコンでは何故か簡単に出て来ません。。。。
そういう感じで、最初から意図しない人や意見が入り込めないようにパージされる仕組みになっている。
日本が骨抜きにされているのです。
五輪ロゴのデザイナーにしても、何であんなに胡散臭そうな人がやっているのか?
昔の日本なら、もう少し人を良く見て、誰もが納得するような人物に、国の重要な仕事を任せたものです。
それが今や、少数の利益集団の中で、お仲間同士でパイを分け合っている。
しっかりした人は居るのです・・・隅の方に。。だが変人として追いやられた。
だから奇妙なことになる。
おかしなこと、理不尽なことに対し、真っ当な意見をぶつける芯のある人を、邪魔者として排除するような規範・価値観が作られてしまった。
そうやって、自分たち少数者の権益には害が及ばないように防衛している。
長い間、日本の意思決定プロセスを支配していたルールが、いつの間にか別のものに、ゆっくり時間をかけて書き換えられたのです。
ガバナンスとかコンプライアンスとかナントカカントカ、良く分からない概念をばら撒き煙幕を張りつつ。。。
そして宦官のような人達を周りに増やして、操りやすい女性たちも増やし、権限を持った強欲な少数者によって独占され牛耳られてしまったのが今の日本国です。
与党も野党もお仲間ファミリー。
今の日本は、昔の満州国の様なものです。
アメリカから内面指導を受けている。
自発的意思を持つ事を許されていない。
訳のわからない特区が作られ、国内各地に外国人のための租界が作られようとしている、もう作られている。
それは、かつての支那の上海や香港のような、外国人に売り飛ばされた都市。
日本の主人公は、最早日本人ではない。
ごく一部の富裕な、必ずしも日本人ではない人達が主人公で、その人たちが一番すごしやすいように作りかえられている。
それも日本人の税金によってです。
ゆっくりと着実に換骨奪胎して、日本が日本でないものに作りかえられてしまった。
欧米的なルールや習慣が(言葉までも)取り入れられ、日本人には、とても住みにくい国になりつつある。
しかし一般の日本人は、何が起きているのか、良く分かっていない。
Posted by ルーク at 2015年8月1日 19:17
ルークさん
日本が属国であるという事実、日本人がそれに気づくことが出来るか出来ないか。
すべてがその一点にかかっているように思います。
Posted by ぱじぇんと at 2015年8月1日 20:27
(国際法を無視していい)というのが、世界の本音。

●国連憲章に基づき設置されているオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は、中国の南シナ海領有権主張、法的根拠なし・・・と全面否定しましたが、中国は(そんなものは 紙くずだ)と言って無視しています。
●バイデン米国副大統領の発言 「 日本の憲法は我々が作った 」 で 真実が白日のもとに晒されました。 これは明らかなる国際法違反です。
●ソ連(現ロシア)は、日ソ中立条約を破って千島列島沿いに侵略をし日本領土である(千島全島と南樺太)を奪い占領しています。
●韓国は、敗戦で弱体している日本の隙を突いて(竹島)を奪い占領しています。
※ アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国の常任理事国は勿論、スペイン、ポルトガル、オランダなども植民地を、いまだに所有しています。 常任理事国の5カ国は世界中が何と言おうとも、自国だけの拒否権で安保理決議案を否決してしまいます。

つまり、アメリカ主導で交わされた(サンフランシスコ講和条約)を、日本も無視していいいということです。
占領憲法とサンフランシスコ講和条約を無視してこそ、日本は敗戦後の独立を果たせます。
Posted by 名無しさん at 2016年9月10日 19:16
タイトル : 日章旗を揚げると 気分爽快

戦後の日本でも、多くの家庭では日の丸を掲げていました。
ところが、学校では教師が日教組に所属しているため 子供達は日章旗を軽視させられ、職場でも労働組合による政治活動の影響が大きくなり (社会党・共産党)による国旗(日の丸)・国歌(君が代)に反旗を翻す活動が勢力をを増していったのです。 その結果、都市部では一般家庭での国旗掲揚が徐々に減っていきました。 今では祝祭日に一般家庭で日の丸を揚げると(軍国主義)だ、 と 無知から発するというか、間違った謂われのない根拠無きレッテルを貼られます。
しかし、このままでいいのでしょうか?

旗日(はたび)に国旗を掲げるのは世界中で当たり前のことで、街中が国旗だらけす。 海外旅行をすると、国旗を掲げない日本社会の方が異常なんだ ということに日本人は、やっと気づくわけです。
祝祭日には 一般家庭も 街中の商店街でも 堂々と日の丸を揚げていくべきです。 日の丸を揚げないことの方が、かえって恥ずかしいと思います。

日の丸の旗をお持ちでないご家庭が多いと思いますが、国旗セットを購入して 日本人であることに誇りを持ち、祝祭日には 必ず玄関先に日の丸を揚げましょう。 
※ 5月3日は アメリカが国際法に反した占領憲法で、日本を隷従させた最悪の日・・・絶対に揚げてはいけません。 
Posted by 名無しさん at 2016年9月11日 03:39
( 日本の国旗は 世界一 美しい )

先日、国旗セットを買いました。
90cm×105cm の一般家庭用です。
旗の生地はテトロンですが、高級感のあるアクリルも一緒に買いました。 
万が一の準備として国旗用の喪章セットも。
旗竿の材質はスチールで、50cm×6段組み立て式の3m を選びました。  
玄関先の門柱(外から見て左側)に取り付けます。
特に大切な祝日は、高級感のあるアクリル生地の旗を掲げようと思います・・・白地部分が生成り色なので重厚感、高級感があります。
(2月11日…建国記念の日・・・紀元節) ※西暦に660年を足すと神武天皇即位紀元(皇紀)になります。
(4月29日…昭和の日・・・昭和天皇の誕生日)
(11月3日…文化の日・・・(明治節)明治天皇の誕生日)
(12月23日…天皇誕生日・・・天長節(てんちょうせつ)今上陛下の誕生日)

● 今から 祝日が来るのを 楽しみにしています。

祝祭日には 必ず玄関先に日の丸を揚げましょう。 
● 但し、5月3日は 日本にとって屈辱の日(占領憲法の施行日)であり、祝えませんので この日だけは 日の丸を揚げてはいけません。  
9条死守を連呼する護憲派は、(現憲法は日本人が自らの意思で制定したのだ)と国民を騙してきましたが、 バイデン米国副大統領の発言 「 日本の憲法は我々が作った 」 で 真実が白日のもとに晒されました。 これは明らかなる国際法違反です。
※ 国旗掲揚すべきところの 本来の日本の憲法記念日は、明治憲法が施行された11月29日です。

日本が まともな独立国に回復するよう、自主憲法の制定が急がれます。 
Posted by 名無しさん at 2016年9月11日 03:41
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック