2015年8月12日

日本の官僚はいったい誰のために働いているのか?

オバマの広島訪問と原爆投下への謝罪を藪中三十二外務次官が断ったというウィキリークス公開の米国公電(邦訳)。表題が"PART 2"となっていたので、PART 1も探してみた。
以下ウィキリークスより転載。
-------
SUMMARY
-------

1. (C) The Ambassador stressed in an August 28 meeting with Vice Foreign Minister Mitoji Yabunaka that continuity in Japan's foreign policy and the U.S.-Japan Alliance following the August 30 Lower House elections are critical. VFM Yabunaka concurred fully on the need for continuity in Japan's policies and that the new government ought not to risk Japan's national security for political gains. In a recent meeting with Democratic Party of Japan (DPJ) leader Yukio Hatoyama, the VFM said he had made three recommendations: 1) to maintain continuity in Japan's foreign policy; 2) to pursue "symbolic" policy change on issues that have little effect on overall substantive policy; and 3) to refrain from speaking publicly about Alliance issues, such as revising the U.S.-Japan Status of Forces Agreement. He urged the Ambassador not to take Hatoyama's August 26 New York Times op-ed at face value, as it presents a distorted image of Hatoyama's views on foreign and security policies. He underscored that Hatoyama recognizes fully the importance of the U.S.-Japan Alliance. End Summary.

2. (C) On August 28, the Ambassador met with Vice Foreign Minister Mitoji Yabunaka. The DCM also participated in the meeting. VFM Yabunaka was accompanied by Ministry of Foreign Affairs (MOFA) North America Bureau Director General Kazuyoshi Umemoto. (Note: This cable highlights VFM Yabunaka's views on foreign policy implications of possible changes in the Japanese government following the August 30 Lower House elections. Other aspects of the meeting will be reported septel. End Note.)

3. (C) Yabunaka concurred fully with the Ambassador's assessment that the Democratic Party of Japan (DPJ)'s election-period rhetoric ought not to be taken at face value, but that continuity in Japan's foreign policy and continued close cooperation between the United States and Japan remain critical as Japan transitions to a new government after the August 30 Lower House elections. He stated that he had recently met twice with DPJ leader Yukio Hatoyama, one session for three hours one-on-one to discuss foreign policy issues> He had made three recommendations to Hatoyama if he were to become Prime Minister. First, he urged Hatoyama to to maintain continuity in Japan's foreign policy. While it remains unclear who would become the new Foreign Minister or Defense Minister, each new minister will inevitably face immediate pressure to articulate their new policies and changes.

4. (C) Yabunaka stated that his second recommendation is that any policy change based on political needs ought to be symbolic and not have significant impact on substantive issues. He had reviewed the entire foreign policy agenda with Hatoyama and, as an example, had urged him to manage the way in which the DPJ leader intended to follow through on his campaign pledge to end the Indian Ocean refueling mission in support of Operation Enduring Freedom (OEF). Rather than focusing simplistically on terminating the mission, the Japanese government could emphasize all the civilian contributions to Afghanistan and Pakistan, including Japan's monetary support for Afghan police. Termination of the OEF refueling mission would not take place immediately, as the current Special Measures Law authorizing the mission lapses in January. At that time, however, the Japanese government would need to have in hand a bigger package of civilian support to Afghanistan and Pakistan, Yabunaka asserted to Hatoyama.

TOKYO 00001987 002.2 OF 002



5. (C) Regarding his third recommendation, Yabunaka said he told Hatoyama to keep a low profile on U.S.-Japan Alliance issues, such as those relating to U.S. bases and cautioned him against using Alliance issues for political gains. He pointed out to Hatoyama that speaking openly about issues such as the Status of Forces Agreement, Host Nation Support, and Futenma Replacement Facility (FRF) might be politically expedient, but doing so also risks affecting the U.S.-Japan Alliance in a negative way. He told Hatoyama that no political gain is worth risking Japan's national security. He added that Hatoyama understood his recommendations fully, pointing out that the DPJ leader has been refraining from making any public remarks on Alliance issues since their meeting.

6. (C) Yabunaka expressed shock at the tone of Hatoyama's August 26 New York Times op-ed, noting that the op-ed is a closely-cropped, English-language version of a longer essay published earlier in a monthly Japanese periodical and thus presents a distorted view on Hatoyama's overall political philosophy. The essay, he stressed, touched on issues relevant to foreign policy only in passing. The op-ed only comprises about a third of the full essay, with the remaining two-thirds of the original essay's content largely directed at the domestic Japanese audience. Yabunaka underscored that Hatoyama's writing criticizes the Koizumi-brand of globalization, not the United States, pointing out that the op-ed mentions specifically that the U.S.-Japan alliance will continue to be the cornerstone of Japan's foreign policy as Japan builds relationships with its regional neighbors. Hatoyama had intended to convey a compassionate image to voters who had been adversely affected or disillusioned by the Koizumi-era government reforms for globalization, Yabunaka said. (Note: DPJ sources informed Embassy Tokyo that the op-ed was the brainchild of Hatoyama's foreign policy advisor Jitsuro Terashima, head of the Japan Research Institute. They also informed us that the op-ed was not fully vetted within the party and that Hatoyama's staff "had no idea a NYT op-ed was such as big deal." End Note.)
ROOS
AMBASSADOR'S AUG 28 MEETING WITH VFM YABUNAKA PART 1: FOREIGN POLICY IMPLICATIONS OF A DPJ GOVERNMENT
https://wikileaks.org/plusd/cables/09TOKYO1987_a.html
---
概要
---

1.(C)8月30日の衆議院選挙後の日本の外交政策の継続性と日米同盟が危ういと、ルース大使は8月28日の会談で藪中三十二外務次官に強調しました。藪中外務次官は、日本がこれまでの政策を継続することが重要で、新政府が政治的利益のために日本の国家安全保障を危険にさらすべきではないことに、全面的に同意しました。日本の民主党代表の鳩山由紀夫との最近の会議で、外務次官は3つの勧告をしたと言いました。1)日本の外交政策の継続性を維持すること; 2)全体としての実質的な政策にほとんど影響を与えない諸問題についての「象徴的な」政策変更を追求すること; そして 3)日米地位協定の見直しなど、同盟問題について公に発言するのを控えること。彼は、8月26日ニューヨーク・タイムズ紙の鳩山の論説(注1)を額面通りに受け取らないよう、大使に促しました。それは外交・安全保障上の鳩山の見解を歪んだイメージで提示していると。彼は鳩山が日米同盟の重要性を完全に認識していると強調しました。要約終了。

2.(C) 8月28日、大使が藪中三十二外務次官に会いました。首席公使も会談に参加しました。藪中外務次官は外務省北米局長の梅本和義を伴っていました。(注:このcableは、8月30日の衆院選後に日本政府に起こり得る変化の外交政策上の意味合いについての藪中外務次官の見解を強調表示しています。会談の別の側面については別途報告します。注記終了。)

3.(C)民主党の選挙期間中の言葉のあやを額面通りに受け取るべきではないが、8月30日衆議院選挙後に日本が新政府に移行するなら、日本の外交政策の継続性とアメリカと日本の親密な協力関係の継続が危ういことに変わりはないという大使の評価に、薮中は全面的に同意しました。彼は民主党代表の鳩山由紀夫に最近2度会ったと述べました。1回のセッションが3時間、外交政策問題についてマンツーマンで議論し、もし鳩山が総理大臣になるつもりなら彼に3つの勧告をしたと。第一に、日本の外交政策の継続性を維持するよう彼は鳩山に勧めた。新しい外務大臣と防衛大臣が誰になるかまだはっきりしないが、彼らが新しい政策や変更を明瞭に表現することは不可避的に即座の圧力に直面するだろう。

4.(C)第二の勧告は、政治的必要に基づくすべての政策変更は象徴的であるべきで、実質的な問題について重要な影響力を持ってはいけない。彼はすべての外交政策アジェンダを鳩山と吟味した。そして、例えば、不朽の自由作戦(OEF)への支援としてのインド洋での給油活動を終了するという公約は民主党代表としてやり遂げたいだろうから、これについてはなんとかして道をつけるよう勧めた。単にミッションを終了することに焦点をあてるのではなく、日本政府は、アフガニスタン警察への金銭的支援を含め、アフガニスタンやパキスタンへの民間の貢献を強調することが出来る。OEFの給油活動の終了はすぐには実現しないが、ミッションの根拠となっている特別措置法は1月に失効する。しかしその際には、日本政府は、アフガニスタンとパキスタンへの民間支援のより大きなパッケージを用意している必要がある、と薮中は鳩山に断言した。

TOKYO 00001987 002.2 OF 002

5.(C)第三の勧告について、薮中は、日米同盟の問題、米軍基地に関連するもののような問題で低姿勢を保つよう鳩山に述べ、また同盟の問題を政治的利益のために使用しないよう彼に警告したと言った。地位協定、思いやり予算、そして普天間代替施設(FRF)などの問題について率直に語るのは政治的に好都合かもしれないが、それらは日米同盟に好ましくない影響を与える危険もあると鳩山に指摘したと。彼は、政治的利益には日本の国家安全保障を危険にさらす価値など無いと鳩山に語った。鳩山は彼の勧告を完全に理解し、彼らの会談以降、民主党代表は同盟問題についていかなる公式の発言も控えていると付け加えた。

6.(C)薮中は鳩山の8月26日のニューヨーク・タイムズの論説にショックを表したが、それが短く刈り込まれていること、英語版のより長いエッセイが先に日本の月刊誌で出版されていること、鳩山の政治哲学全体に歪んだ観点を提供していることを指摘した。エッセイは外交政策に関連する問題についてはついでに触れているだけだと強調した。論説はエッセイ全体の3分の1を載せているだけで、オリジナルのエッセイの内容の残り3分の2はほとんど日本国内の読者に向けたものと。鳩山の文章は小泉ブランドのグローバル化を批判したもので、アメリカを批判したものではないと薮中は強調し、論説が、日本が近隣諸国との関係を構築するのと同時に日米同盟が日本外交の礎石であり続けることに具体的に言及していることを指摘した。鳩山は選挙民に思いやりのイメージを伝えることを意図していた、選挙民は小泉政権時代のグローバル化改革に悪影響を受け幻滅していたと藪中は言った。(注:民主党の情報提供者達が東京大使館に知らせたところによると、論説は鳩山の外交政策アドバイザーであり日本総合研究所の理事長の寺島実郎が発案した。また彼らによると、論説は党内で十分に吟味されておらず、鳩山のスタッフもニューヨーク・タイムズの論説がこれ程の大事になるとは思っていなかった。注記終了。)
ルース

政権交代がほぼ確実だったとは言え、事務方トップの事務次官が早々に鳩山氏とセッションを持ち、あれこれ勧告をしていたというのは驚きだった。「不可避的に即座の圧力に直面するだろう」と脅しともとれる表現すら用いる始末。さらに、その内容を米国大使に報告していたことに唖然とさせられる。
外務省はいったいどこの国の役所なのか?(新首相になるであろう鳩山氏の擁護に汲々とする様子も見て取れるが。)

民主党を除名された元農林水産大臣の山田正彦氏の著書に下記の記述があるそうだ。
各省は戦後60年間、有能な若手官僚を米国に留学させて、いつの間にか霞が関の官僚は米国と密接な関係になっている。霞が関は今や米国政府の出先機関になってしまったのではないかと思われるほどである。
イギリスのSAS特殊部隊、シリアで“ISIS叛徒の様な服装で”アサドと戦闘 - マスコミに載らない海外記事

オバマの広島訪問と原爆投下への謝罪を断ったところを見ても、藪中氏はアメリカ政府そのものではなく、アメリカ内のある勢力の意向を受けていたのだろう。
いずれにせよ、少なからぬ官僚が日本のためには働いていないことは確かのようだ。

(注1)
2009年8月26日、ニューヨークタイムズ・オンラインに“A New Path for Japan”(日本の新しい道)と題する鳩山由紀夫氏の論説が掲載されたそうだ。下記に邦訳あり。
鳩山由紀夫氏の論文「日本の新しい道」〜翻訳全文紹介@ - るいネット
鳩山由紀夫氏の論文「日本の新しい道」〜翻訳全文紹介A - るいネット
鳩山由紀夫氏の論文「日本の新しい道」〜翻訳全文紹介B - るいネット

EUが決して成功しているとは言えない現在、「東アジアの統合」という理念には素直に共鳴出来ないが、「アメリカ式」を世界標準とするグローバリズムに対する批判は、今でも傾聴に値する。
意に沿わない鳩山氏は潰されたのだろう。

ーー
(関連記事)
オバマ大統領の広島訪問と原爆投下への謝罪を断った外務省 - ウィキリークスより

posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック