2016年2月26日

【元秘書不審死】ブログ記事は野田さんの携帯で削除か?

謎の多い事故状況の説明。
捜査関係者によると、車内に残っていた免許証や、免許証の名義人が知人に送信したメールなどから、兵庫7区(西宮、芦屋市)選出の山田賢司衆議院議員の元秘書の男性(49)と見られるという。
神戸新聞NEXT|事件・事故|衆院議員の元男性秘書 練炭自殺か 西宮の路上
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201602/0008799258.shtml

なんとも迂遠で分かりづらい。

「車内に残っていた免許証」

車が野田哲範さん本人の所有なら「免許証」を持ち出す必要はないだろう。わざわざ「免許証」を持ち出したということは、当該の車は野田さん所有のものではなかったのではないか。

「免許証の名義人が知人に送信したメール」

通常なら「携帯電話に残されたメール内容などから...」と書きそうなもの。おそらく携帯電話(あるいはスマートフォン)は発見出来なかったのだろう。
そこで『知人が受け取った「遺書メール」の送信者が、免許証の名義人と同一』ということを身元推測の根拠の一つにした。
野田さんがどこかへ携帯を捨てて来るとは考えにくい。身元を隠す必要はないし、免許証は持っていた。
野田さんの携帯を使って「遺書メール」を送信した何者かが持ち去ったと考えるのが自然だろう。

当初、告発ブログ記事の削除は、何者かがアメーバブログ運営会社に削除させたか、あるいはパスワード破りをしたのだろうと思っていた。だが、もし野田さんが普段から携帯でもブログにログインしていたのなら、話は変わってくる。
アメーバブログには携帯用に「かんたんログイン」という機能がありパスワード入力を省略出来るようだし、またスマホならブラウザにIDとパスワードを記憶させることが出来る。

野田さんの携帯を持ち去った「何者か」は、その携帯を使ってやすやすとログインし、記事を削除したのではないだろうか?

ーー
(関連記事)
【元秘書不審死】 山田賢司議員が選管に収支報告書の訂正を届け出(週刊文春)
〈真相を究明せよ〉山田賢司議員を告発した野田哲範氏「不審死」

posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック