2016年5月16日

山田賢司への告発状が削除された野田哲範さんのブログ記事を引用(by市民オンブズマン兵庫)

市民オンブズマン兵庫が5月9日に再提出した山田賢司への告発状が、市民オンブズマン兵庫のサイトに掲載された。神戸地方検察庁からの補正要請に従ったもの。
やまだ賢司衆議院議員を、「政治資金規正法違反」で告発しました! | 政治指揮規制法違反 | 市民オンブズマン兵庫

告白状には、政治資金収支報告書に、元秘書野田哲範さんの名前が本人の承諾無し使われていたこと(私文書偽造罪及び同行使罪)や、山田賢司への寄付1000万円と選管への収支報告905万円とに95万円の差額があったこと(収支報告書の虚偽記載)について詳細に記載されている。
さらに告発状には、野田哲範さんの死後不可解に削除されたブログ記事の一つが全文まるまる引用されている。そして週刊文春記事への言及も。
「私はやまだ賢司衆議院議員の公設秘書をしておりました。
収支報告書の会計責任者でもありました。
収支報告書は1月1日から12月31日までの収支を選挙管理委員会へ届け出るのですが私は9月末日をもってその国会議員の秘書を辞めました。当然ながら会計責任者の変更をお願いしていたのですが、会計責任者の変更もされず、私の名前で収支報告書を提出されて、選挙管理委員会から間違いを指摘された部分については訂正をして、私の印鑑で訂正印を押印しています。
訂正文字からして間違いなく現公設第一秘書の佐々木氏の文字です。
これは立派な公文書偽造及び同行使だと思いますが。
一度たりとも私の名前で提出してもいいなんて行った(ママ)こともありませんし、私が退職してからのお金のやりとりなんてわかるはずもないじゃないですかね。」さらに、そのブログには、平成26年度「自由民
主党兵庫県第七選挙区支部』の収支報告書の表紙部分と、訂正箇所のコピーが添付されている。
また、同様の内容が週刊文春の記事で報道されている。

kokuhatujou-yamadakenji.png

やまだ賢司公設第一秘書佐々木氏 公文書偽造・同行使容疑!?|ファイナンシャルプランナー「のだてつのりFP事務所」です。(引用元ブログ記事のアーカイブ)

告発状を元に捜査するなら、引用されているブログ記事が何故か管理者死亡後に削除されているという不可解な事実に直面せざるを得ないはず。もちろんそれを狙っての引用だろう。
よくぞやってくれました!市民オンブズマン兵庫のみなさん。

神戸地方検察庁は逃げるなよ。

posted by ぱじぇんと | コメント(1) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
やまだ事務所の秘書が怪死した時に検察庁は直ぐに捜査すれば証拠は多々発見されたはず。
告発した時に警察を含め何を迷って捜査しなかったか?
当事務所の初代秘書に文春は竹園ホテルにて事情を聞いていたが、初代は詳しいことは知らない。二代目野田氏、三代目佐々木氏すべてを存じているが、殺されかねない現状では危険すぎる。
警察は保護はしないし、守ってはくれない。
遅い捜査で証拠を処分されていると推測されます。
Posted by 8823海底人 at 2016年9月7日 12:37
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437939005
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック