2017年3月15日

安倍政権の終焉

連日テレビを賑わわせている森友学園問題。
今日、外国特派員協会での記者会見をドタキャンした籠池氏が向かったのは、『日本会議の研究』著者、菅野完氏の自宅マンションだった。

日本テレビのミヤネ屋で、マンション前での菅野完氏の囲み取材を生中継していたので、興味深く観た。
・籠池氏の顧問弁護士に財務省理財局長 佐川宣寿氏から、「10日間ほど身を隠すように」と電話があったこと
・この問題の核心が明らかになれば、政権を2つ3つ吹っ飛ばすほどの疑獄事件だろうということ
等、とても興味深い内容だった。

不思議だったのは、どうやらこの囲み取材を生中継したのは、日本テレビだけのようだったこと。日本テレビと言えば、最も安倍政権寄りの放送局と思っていたのだが、なぜ日本テレビだけが?

噂では日本テレビはその設立時からアメリカ中央情報局CIAと深い関係にあると聞く。だとすると、アメリカ政府はすでに安倍政権を見限っており、その意向を受けた日本テレビだけが生中継。いまだに安倍政権を恐れる他の放送局は政権に遠慮して中継しなかった、というのは有り得るように思う。
(参考記事:「安倍の次は2018年の春まで麻生で」の米情報部のシナリオ | カレイドスコープ
もしそうなら、宗主国に見放された傀儡 安倍政権は近々終焉を迎えることになるのだろう。

それにしても、昵懇だったはずの安倍晋三、稲田朋美らに見放され、のっぴきならない状況に追い込まれた籠池氏が信頼を寄せたのが日本会議の面々ではなく、『日本会議の研究』の菅野氏だったということに人生の悲哀を思った。
『日本会議の研究』では森友学園が運営する塚本幼稚園についても言及されているそうだ。
https://twitter.com/noiehoie/status/838379914633961472

posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック