2017年4月5日

我々はすでに小説『1984年』の世界に住んでいる

森友問題に関する予算委員会での議事録が、1ヶ月以上経った現在も衆議院、参議院のサイトにアップされていないことが話題になっている。

今日、あるツイートを見て驚いた。

「三権分立を理解しようとしない人々」と題された白井聡氏による記事(Yahoo!ニュース)がツイートされていたのだが、Twitterカードの
「京都新聞」に書いた記事をアップします。安倍首相の「立法府の長」発言とその隠蔽が話題になっていますが、三権分立を理解しようとしないのは、彼だけで…

という記述が、元記事のどこにも見当たらないのだ。

試しに、私もツイこの記事をツイートしてみたところ、Twitterカードには今も上記の記述がある。

1984.png

「立法府の長」発言については、国会議事録ですでに「行政府の長」に改竄されているが、敵はこれだけでは飽き足らないようだ。ニュース記事からも消去させ、完全に無かったことにするつもりなのだろう。

小説『1984年』では、真理省の役人である主人公ウィンストン・スミスが日々、改竄作業を行っていた。
こんなことはあくまで空想の世界の話と思っていたのだが、どうやら、我々はすでに『1984年』の世界に住んでいるらしい。

(追記)
同じYahoo!ニュースでも下記記事など、「立法府の長」発言についての記事が無事に残っているものもあるたりもする。
安倍首相の「立法府の長」発言が国会議事録から消される

マスコミへの圧力がまだ完全ではないということかもしれないが、油断は禁物。

タグ:『1984年』
posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448756097
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック