2017年4月19日

安倍晋三は「私人」安倍昭恵に特定秘密(伊勢志摩サミット情報)を漏洩した

唐突感のある下記ニュース。

特定秘密文書の廃棄協議 保護法施行後で初、対象は不明:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H4B_X10C17A4PP8000/

http://web.archive.org/web/20170419032503/http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H4B_X10C17A4PP8000/ (webアーカイブ)

なぜ今なのか。理由は下記ではないだろうか。

伊勢志摩サミットについての情報は特定秘密に指定されていた。

森友学園に寄付した男性の当初の証言や、三重県建設会社社長のブログから、安倍昭恵が事前にサミット情報を知っていたのは間違いない。
誰が安倍昭恵に漏らしたかと言えば、それは夫である安倍晋三以外には無い。

安倍晋三は強行採決で成立させた特定秘密保護法に自ら違反していた。
そこで、あわててこの事実の廃棄に動いた。

姑息な小悪人安倍晋三のいかにもやりそうなこと。

posted by ぱじぇんと | コメント(0) | トラックバック(0) | 本編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449148311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック